年金受給者(高齢者)がクレジットカード審査を受ける際の注意点

クレジットカード審査基準ガイドTOP > 属性別クレジットカードの取得方法 > クレジットカードの審査にパスするために年金受給者が行うべきこと

属性別クレジットカードの取得方法

    【目 次】
  1. 生活保護受給者でもクレジットカードを持てる?
  2. 年金受給者がクレジットカードを利用できない理由は年齢にある?
  3. 年金受給者がカードを作るにはココをチェック

「年金受給者はクレジットカードを作れない」という方もいるが、これは半分本当で半分嘘である。本来、「年金生活者は安定収入がある」とみなされるべきである。継続的に年金収入を得られるため、無職の人よりも評価が高いのは間違いない。

しかし、年金の場合は金額が小さく、それ以外に収入源がないことが多く、収入は収入でも「安定収入」とはみなしてくれない業者も多い。つまり、審査に通過できるかどうかは、業者側が年金を安定収入とみなすかどうかで決まるのである。

年金生活者でクレジットカードを作りたいなら、まずは業者側に聞いてみることである。審査を受けるのではなく、質問として聞いてみるとよい。氏名や住所は言わなくても問題ない。また、仮審査が行えるクレジットカードに申し込んでみるのもよい。

ACマスターカード仮審査を24時間365日、いつでも受けることができる。ネットの簡易審査なので、1分もあれば審査が終わり、即座に結果がわかる。年金受給者の場合、いきなり本審査を受けるのは避けたほうがよい。

働いていたころよりも、審査では不利になるし、高齢者というだけで敬遠されることも多い。さらに個人信用情報機関に登録されるので、次回の審査からはますます不利になる。まずは仮審査のある業者に挑戦してみるといい。

あわせて読みたい

クレカ審査に落ちた人は必見

  • 選ぶべきカードはこの2枚

生活保護受給者でもクレジットカードを持てる?

生活保護受給者がクレジットカードを持つことは非常に難しい。障害年金受給者、年金生活者などと比較しても相当にハードルが高い。業者側の心理としては、生活保護者と聞くと生活に逼迫していると考えるため、審査には通すことはしない。

そもそも、生活保護は最低限の生活しか保証してくれないため、このような状況でカードを作れば支払いができなくなる。当然、「クレジットカードの支払いができないので、生活保護を増やしてほしい」などという話は通らない。

生活保護者の場合は、クレジットやローンの利用は控えること。どうしても利用したい場合は、生活保護の受給を受けないことである。収入が安定すれば、カード会社では審査対象として見てくれる。ただし、働いた翌日に審査を受けてもまず通らない。

勤続年数は最低でも1年はないと厳しいので、1年間はカードの利用を我慢したい。なお、仕事を辞めることが決まってから、カードの審査を受けるのは絶対にいけない。在籍確認を取られると、事情がすべてわかってしまう。「次の仕事が見つかるまで、カードで生活をしよう」という考えは捨てるべきである。

年金受給者がクレジットカードを利用できない理由は年齢にある?

年金受給者にとってクレジットカード契約の障害となるのは、年金の金額よりも年齢と考えたほうがよい。クレジットカードには、年収200万円未満でも利用可という商品がある。

審査に通過するための最低年収額を明記している業者は少ないが、年収150万円未満でクレジットカードを持っている人はいるのである。つまり、通常の年金受給額ならば、金額上の問題はクリアしていると考えてよい。それよりも問題となるのは年齢である。

70歳で契約したとしても、カードの支払いを終えるまでに本人が生きていない可能性もある。そうなれば業者側としては回収できないため、なるべく高齢者にはカードを発行したくないのが本音である。

ほとんどのクレジットカードは20歳から利用可能となっているが、年齢の上限については各社によって異なっている。年齢が67歳の方ならば、「67歳以上でも可」とするカードでなくてはいけない。こうした理由から、クレジットカードはなるべく若いころから利用していたほうがいいのである。

すでに契約している業者なら、業者の設定する年齢上限までカード機能が自動継続される。年金を受給するようになってから、初クレジットカード契約をしようとしても現実的には非常に難しい。

年金受給者がカードを作るにはココをチェック

年金受給者がクレジットカードを作るには、「年金受給者に対応した会社であること」「年齢条件をクリアしていること」「仮審査を実施している業者であること」などがポイントとなる。年金受給者への対応の有無については、クレジットカード会社のホームページを見ればわかる。

パート、アルバイト、自営業、派遣社員などと比べても不利になるため、審査ハードルの低い業者でないと利用は難しい。年齢上限は65歳~69歳くらいに設定しているのが一般的である。仮審査を実施している業者は、個人信用情報機関への登録を回避するために役立つ。

いわゆる申し込みブラックの人は、本審査に落ちてしまうことで登録される。ひと月に3社で審査を受けて、すべて落ちると登録されるという説が有力である。仮審査に関しては、何十回受けても個人信用情報にはいっさい影響しない。

氏名、住所、電話番号などを明記する必要がないので、業者側は誰の審査情報なのか判断することはできない。仮審査を受けられるクレジットカード会社には、ACマスターカードを提供するアコムがある。

4項目に入力すれば、その場で審査結果を教えてくれる。借入可能という結果が出たら、そのまま本審査に挑戦してみよう。実は、先程紹介したアコムACマスターカードは元ブラックリストや年金受給、生活保護は勿論のこと、個人信用情報に不安のある人が、多く利用しているカードとしても有名だ。審査は柔軟・年会費無料・最短即日発行というメリットがある。

20代、30代に人気のおすすめクレジットカードはこちら

楽天カード

楽天カード

キャンペーン満載でポイント貯まる、年会費無料の人気カード。

リクルートカード

リクルートカード

圧倒的なポイント高還元率クレジットカードがここに誕生!

三井住友カード

三井住友カード

圧倒的知名度と充実機能で、ぜひ持っておきたいクレジットカード。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

永久不滅ポイントの、クレディセゾン発行カード。

アコムマスターカード

アコムマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこのカードからスタートしては?

ライフカード

ライフカード

誕生月はポイント3倍という爆発的ボーナスポイントで人気。

MUFGカードゴールド

MUFGカード ゴールド

低年会費でゴールドカードを手にするならおススメの一枚!

JCB Extage

JCB Extage

29歳以下限定カード。20代のうちに手にしておきたいならコレ!

シティエリート

シティ エリート

22歳から手にできるゴールドカード。海外にも強い!

VIASOカード

VIASOカード

業界トップクラスの高還元率の注目の一枚。ポイント重視はこれ!

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集