高還元のショッピング系クレジットカードで得をする方法

クレジットカード審査基準ガイドTOP > ショッピングで割引になるカードを使いこなそう > 高還元のショッピング系クレジットカードで得をする方法
個人信用情報の確認方法

クレジットカードでポイントを貯めるためには、食料品、衣料品、公共料金をカードで支払うことだ。

すべてにおいてカード払いにするのが理想だが、意識しすぎると疲れるものである。

カードはすべての店舗で利用できるわけではないので、カード払いにこだわりすぎると買い物の選択肢を狭めることになる。

日常のショッピングでは、食料品と衣料品をカード払いするように意識すれば、自然にポイントが貯まるものだ。

ショッピングモールを利用すればポイントが倍増するので、うまく活用するのがコツだ。 高還元カードは年会費有料カードが多いが、年間の利用額によって無料になるカードもある。

自身のカード利用額をシミュレーションしておき、年会費分を相殺できるか確かめておこう。 カードの利用額が少ない方は、年会費無料カードのほうがお得になることもある。

支払い方法の基本は、1回払い・2回払い・ボーナス一括払いである。 リボ払いを推奨するカードが多く、ポイント還元率アップなどの特典を用意しているが、リボ手数料が発生する点には注意しよう。

還元率アップによる還元分よりも、リボの手数料のほうが大きくなるのが普通だ。 クレジットカードは支払い回数が増えるほど、利用状況の把握が難しくなるのだ。

分割・リボ払いは実質的にローンと変わらないので、本来は高額な買い物ほど1回払いにするべきなのだ。 分割3回払いを考えている方は、工夫して手数料無料の2回払いを選びたい。

ポイントが効率よく貯まる高還元クレジットカードはこれ

REXカード

REXカード申し込みはこちら

還元率1.75%の高還元カードである。 カードブランドはVisaのみであり、他ブランドよりも提携店舗が多い。 年会費は2,500円+税(初年度は無料)だが、カード利用50万円以上で翌年も無料となる。

日々の買い物、公共料金の支払いなどで月に42,000円の利用があればクリアできる。 貯めたポイントはJデポに交換し、キャッシュバックに利用できるのだ。

付帯保険にはネットあんしんサービス、カード盗難保険、ショッピングプロテクションなどがあり、現金払いよりも安全に支払いできる。

お支払い日は末日締めの翌月27日払いなので、支払いを約1ヵ月先延ばしできるのもメリットだ。 1回払い、2回払い、ボーナス1回払いは手数料0円である。

3回払いになると12.25%の実質年率が発生するので、分割にする場合は2回払いまでにしよう。 還元率は「価格.com安心支払い」を設定すると、1.75%→2.00%にアップする。

リボ払いなら1.75%→2.25%の最高水準の還元率となるが、実質年率15.00%(月1.25%)の金利が発生する。

ショッピング系のカードは、手数料無料の支払い方法を選ぶのが基本である。 支払い手数料を気にすることなく、お得だけを実感できるからだ。

REXカード・ライトは、還元率は1.25%とやや下がるが年会費は永年無料だ。 付帯保険としてショッピングプロテクションを選べないのは欠点だが、ネットあんしんサービスとカード盗難保険は自動付帯される。

還元率は「価格.com安心支払い」の利用により、1.25%→1.50%にアップする。 リボ払いなら1.25%→1.75%にアップするが、リボ手数料(月1.25%)が発生するので注意しよう。 REXカードのスペック

ポイント制度 REX POINT
年会費 2,500円+税(初年度無料)
発行日数 2週間程度
  年間50万円以上のカード利用がある方なら、所有しておいて絶対に損はないカードだ。還元率は一般カードの3倍以上の1.75%だ。リボ払いを選べば2.25%まで還元率が上がるが、月1.25%のリボ手数料が発生するので、1回払い・2回払い・ボーナス1回払いがおすすめだ。

リクルートカード・プラス

リクルートカード 申し込みはこちら

ポイント還元率2.0%は、一般カードとしては最高水準だ。 年会費は2,000円+税となるが、毎月23,000円以上のカード利用があれば年会費無料のリクルートカードよりもお得になる。

リクルートのネットサービスを利用すると、ポイント還元がさらにお得となる。 通常のポイント2.0%と合せて、ポンパレモール5.0%、じゃらん4.0%になるのだ。

ポンパレモールで10,000円の買い物をすれば、500円分が還元されるわけだ。 ショッピング保険は年間200万円まで保障されるので、カード利用額が大きい方におすすめだ。

ポイント制度 リクルートポイント
年会費 2,000円+税
発行日数 1週間程度
  クレジットカード最高水準の2.0%の高還元を受けられる。リクルートサービスを使えばさらにお得になり、ポンパレモールで5.0%、じゃらんで4.0%になる。 電子マネー(nanaco、モバイルSuicaなど)のチャージでもポイントがもらえる。

リクルートカード

リクルートカード 申し込みはこちら

ポイント還元率は1.2%と低めだが、年会費は永年無料である。 リクルートサービスのポンパレモールで4.2%、じゃらんで3.2%になる。

ショッピング保険は、カード・プラスと同様に年間200万円まで保障される。 月20,000円程度の利用ならリクルートカードでもよいが、23,000円以上の利用があるならリクルートカード・プラスのほうがお得だ。

旅行傷害保険の補償額を見ても、リクルートカードは海外2,000万円(利用付帯)、国内1,000万円(利用付帯)だが、カード・プラスは海外・国内3,000万円(自動付帯)と優遇されている。

ポイント制度 リクルートポイント
年会費 年会費無料
発行日数 1週間程度
  年会費無料カードで、カードの利用額が少ない方におすすめだ。年間23,000円以上の利用がある方は、カード・プラスのほうがお得だ。旅行傷害保険の補償額も大きいのだ。

VIASO(ビアソ)カード

VIASO(ビアソ)カード申し込みはこちら

1,000円の利用につき還元率は0.5%と普通だが、VIASO eショップを経由すると最高10.0%の還元となるのだ。 1ポイントは1円に相当し、自動的にキャッシュバックされる。

特定加盟店を利用した場合は、ポイント2倍(1.0%還元)となる。 登録型リボの楽Pay(らくペイ)に登録すると、ショッピング保険(年間100万円まで)が付帯されるが、リボ手数料が発生するのでよく考えよう。

1回払い・2回払い・ボーナス一括払いに関しては手数料が不要である。 カード利用枠は10万円~100万円まで。 うちキャッシング機能を0円~50万円の範囲で付帯できる。

キャッシングの支払いの場合は、ショッピングとは異なり1回払いでも金利が発生する。 実質年率は14.94%~17.94%の範囲内となる。 用途は事業資金以外であれば自由である。

ポイント制度 VIASOポイントプログラム
年会費 無料
発行日数 最短翌営業日
  通常の還元率は0.5%と普通だが、特定加盟店の利用で2倍、VIASO eショップ経由で最大10%など、ポイントがお得に貯まる特典が多い。事業資金以外なら何にでも利用できるキャッシング機能も付帯できる。

MUFGカード・イニシャル(18~29歳限定)

VIASO(ビアソ)カード申し込みはこちら

社会人は年会費1,250円+税が発生するが、学生の場合は在学中無料である。 ポイントは1,000円の利用につき1ポイントが基本だが、入会3ヵ月は3倍となる。

さらにPOINT名人.comを経由すると、最大25倍のポイントがもらえる。 カード利用額に応じた加算サービスもあり、月間の利用額に応じて20%~50%がプラスされる。

社会人の場合、カードの年会費は翌年から1,250円+税となるが、前年度のカード利用額が20万円以上であり、さらにWEB明細チェックの利用により無料となる。

WEB明細チェックは自宅に郵送明細が送付されず、WEB明細で確認できるサービスだ。 明細の確認・管理が容易であり、紙明細を処分する手間も省ける。

支払い方法は手数料無料の1回払い・2回払い・ボーナス一括払いがおすすめだ。 カード利用枠は、学生は10万円、社会人は10万円~100万円となる。

ポイント制度 グローバルポイント
年会費 学生:在学中無料
社会人:1,250円+税(初年度無料)
条件つきで翌年の年会費も無料
発行日数 最短翌営業日(JCBは最短2営業日)
  入会3ヵ月はポイントが3倍になる。さらにPOINT名人.com経由によりポイント最大25倍、月間利用額により20%~50%の加算など、ポイントを効率よく貯められるカードである。
  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集