コンビニ系カードを選ぶときのポイント

クレジットカード審査基準ガイドTOP > ショッピングで割引になるカードを使いこなそう > コンビニ系カードを選ぶときのポイント
個人信用情報の確認方法

コンビニをよく利用する方は、コンビニでポイントが貯まるカードを作っておこう。 少額の利用でポイントが貯まりやすく、現金払いよりお得である。

カード払いにすることで小銭を出す面倒がなく、支払いもスピーディーになる。 支払い方法は手数料のかからない1回払いがおすすめだ。

2回払い、ボーナス1回払いなども手数料無料だが、支払いを先延ばしすると総利用額の把握が難しくなるのだ。

1回で支払うクセをつけておけば、カードの使いすぎにもすぐ気づけるというものだ。 カードは便利ゆえに、使いすぎて出費が増えがちである。

カード利用状況を把握しておき、現金のときと同程度に抑えておく必要がある。 ポイントを貯められるのは便利だが、それ以上に浪費が増えては意味がないのだ。

現金払い時代の消費感覚を持ちながらカードを利用するべきである。 ポイントを貯めるために無理な買い物をするのではなく、普段の買い物で無理なく貯められるのが理想である。

カードの利用額は、月2万円までというように自分で決めておくのが好ましい。 分割払いやリボ払いは極力選ばないのが基本である。

15.0%程度の年率が発生し、これは銀行カードローンと同程度である。 支払いシミュレーションをすれば、ポイント還元分よりも利息のほうが大きくなることに気づくはずだ。

支払い回数を多くすると、カードの利用総額の把握が難しくなるため、1回払いを基本として利用しよう。 コンビニ向けカードの年会費は無料、または少額に抑えられている。

年会費有料の場合は、年会費以上の還元を受けられるかどうかシミュレーションしておこう。 過去のコンビニ利用のレシートを見て、月にどのくらい利用しているのか確認しよう。

コンビニでお得になるカード3枚はこれ

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス申し込みはこちら

カードを使えばnanacoポイントがもらえる。 visa、JCB加盟店の利用では200円につき1nanacoポイントだが、セブンイレブンやイトーヨーカドーなら2nanacoポイントになるのだ。

nanacoにチャージした場合も200円につき1nanacoポイントが付与される。 カードにはnanaco一体型とnanaco紐付型がある。

前者はカード枚数を少なくしたい方、後者はクレジット機能とnanacoを使い分けたい方におすすめだ。 年会費はともに2020年1月10日(金)支払い分から無料となる(2019年7月1日(月)以降にご入会される方は「初年度無料」が適用されるため、入会後すぐ年会費が無料)。

セブンカード・プラスのメリットは、海外の加盟店で利用した場合もポイントが貯まることだ。

海外出張・旅行をよくされる方、公共料金をカード払いしたい方にもおすすめだ。 セブンネットショッピングのセブンネットを利用した場合も、200円につき2nanacoポイントがもらえる。

1nanacoポイントは1円に相当するため、セブンイレブンやイトーヨーカドーでカード決済すれば還元率は1.0%である。

消費税が8%→10%になっても、ポイント還元分で1.0%はカバーできる感覚である。 毎月8のつく日(8日・18日・28日)はハッピーデーで、イトーヨーカドー、イトーヨーカドーネットスーパーの食料品や衣料品などが5%割引となる。

ポイント還元1.0%よりもずっとお得であり、ハッピーデーを利用するためにカード入会する方も多いのだ。

クレジットカード払いは面倒だという方も多いが、セブンイレブンなら1万円以下はサインなしで買い物できるのだ。

イトーヨーカドーなら3万円未満までサインなしであり、高額な現金を持ち歩かなくていいメリットもある。

ポイント制度 nanacoポイント
年会費 無料(詳細
発行日数 2週間~1ヶ月程度
  セブンイレブンとイトーヨーカドーでカードを使えば200円につき2nanacoポイントがもらえる。還元率1.0%に相当し、一般的なクレジットカード還元率0.5%の2倍である。毎月8のつく日に5%割引となるハッピーデーも見逃せない。

ファミマTカード

REXカード・ライト 申し込みはこちら

ファミリーマートをよく利用する方に最適なカードだ。 カード提示・使用でそれぞれTポイント1ポイント(1円相当)がもらえるのだ。

カードの日(毎週火曜・土曜)は特にお得で、ショッピング3倍、クレジットポイント2倍となる。 まとめ買いをするなら、絶対に火曜と土曜がおすすめだ。

現金払いだとカードの日は対象外となるので、ファミマを利用する方ならぜひカードを作っておきたい。 ファミマTカードにはお得な特典も用意されている。

カードに入会すると、TSUTAYAレンタル入会金の無料クーポンがもらえるのだ。 ポイント倍増特典も充実しており、25歳以下の若者はクレジットポイント2倍、毎週水曜日のレディースデーは女性会員を対象としてショッピングポイント2倍となる。

カードブランドはJCBなので、世界中のJCB加盟店で利用できる。 カード利用200円につき1ポイントがもらえる。

ファミマカードは、通常の支払い方法としてリボルビング払いが設定されている。 手数料を無料にしたい方は、全額支払いに変更しよう。

年会費無料カードなので、支払い手数料をゼロにすれば絶対にお得となる。

ファミランク

1ヶ月のカード利用額に応じたランキング制度が用意されている。

・ブロンズ

1ヶ月のファミマ利用4,999円まで→200円につき1ポイント。
還元率は0.5%であり、一般的なクレジットカードと同程度だ。 100円の利用につき0.5円お得になる。

・シルバー

1ヶ月のファミマ利用5,000円~14,999円まで→200円につき2ポイント。
還元率は1.0%となり、100円の利用につき1円お得になる。

・ゴールド

1ヶ月のファミマ利用15,000円以上→200円につき3ポイント。
還元率は1.5%となり、普通カードとしてはトップクラスの還元率だ。 100円の利用につき1.5円お得になる。

ポイント制度 Tポイント
年会費 年会費無料
発行日数 2~3週間程度
  ファミマで買い物する方なら絶対に持っておきたいカードだ。火曜・土曜はポイントが最大5倍になるチャンスだ。カードの特典も多く、若者・女性を対象としたポイント倍増特典もある。支払い方法はリボに設定されているが、全額払いに変更することも可能だ。

JCB一般カード

JCB一般カード 申し込みはこちら

JCB ORIGINAL SERIESパートナーの利用により、Oki Doki ボーナスポイントがお得に貯まる。 Oki Doki ボーナスポイントは通常1,000円の利用につき1ポイント貯まるが、セブンイレブンの利用だと3倍となるのだ。

Oki Dokiポイント1ポイントは、セブンイレブンで使えるnanacoポイント5ポイントに交換できる。

年会費は初年度無料、翌年から1,250円+税となるが、MyJチェック登録+年間50万円のカード利用で翌年も無料となる。

MyJチェックとは、カードご利用代金明細書送付停止のことである。 紙明細の代わりにWEB明細を利用するので、自宅に書類が送付されてこない。

家族にカード使用を知られたくない方はWEB明細にしよう。 ショッピングガード保険は海外の買い物で適用となり、最高100万円まで補償される。

海外出張・旅行をする方なら、現金払いよりカード払いのほうが安全である。 海外・国内対応の旅行傷害保険は最高3,000万円までの補償だ。

一般カードの補償としては非常に充実しており、クラシックカードとゴールドカードの中間ランクのカードに相当する。

支払い方法は1回払い、2回払い、ボーナス1回払いにすれば手数料無料だ。 年会費を無料にするためには、年間50万円のカード利用が必要となる。

まとまった利用額になるため、支払い回数を増やすと利息も大きくなってしまう。 高額利用が前提のカードだからこそ、1回払いで支払う必要性が大きいのだ。

2回払い、ボーナス1回払いと比べて、カードの利用状況の把握がしやすい。

ポイント制度 Oki Doki ボーナスポイント
年会費 年会費1,250円+税(初年度無料)
発行日数 最短3営業日(ネットの場合)
  JCB一般カードをセブンイレブンで利用すると、Oki Doki ボーナスポイントが3倍となる。1ポイント5円に相当するため、還元率は1.5%と非常に高いのだ。年会費は条件を満たせば翌年も無料となる。
  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集