カードで損をしないために知っておきたいこと

クレジットカード審査基準ガイドTOP > ショッピングで割引になるカードを使いこなそう > カードで損をしないために知っておきたいこと
個人信用情報の確認方法

カード払いはショッピングをお得にしてくれるが、上手に使わないと浪費が増えるので注意しよう。

節約のためにカードを使うのは正しいが、買わなくていいものまで購入するのは浪費である。

ネットショップの普及により、欲しいものが自宅にいながら入手できるようになったが、その手軽さゆえに浪費も増えやすいのだ。

ネットのショッピングモールを活用すればポイントが数倍になるのでお得だが、不必要なものまで購入していると結局は浪費の道具になってしまうのだ。

送料無料という言葉は魅力的に感じるが、商品価格が高めに設定されている場合は、商品に送料価格も含まれている可能性がある。

価格が安くて送料無料ならば、本当に無料の可能性が高い。 そもそも明確な価格設定がない商品の場合、送料込みだと言われても消費者にはわからないのだ。

お得だと思って購入していても、まったくお得になっていないケースは多いのだ。 クレジットカードで失敗しないコツは、月に1回は利用明細をチェックすることだ。

今はWEB明細が主流となっているので、気軽に自宅のパソコンや携帯電話でチェックできる。 現金払い時代のお金の使い方と比べて、ほぼ同額に収まっているなら問題ないが、何割か増えているなら注意しよう。

ムダ使いを防ぐためのコツは、お金を使う前に本当に必要かどうか考えることだ。 冷静に考えてみると、やっぱり不要というものは意外と多いのだ。

3日冷静に考えてみると、その商品を購入しようとしていた自分が不思議に思えることすらある。 なぜカードを持つと消費が増えるかというと、高額の現金を持ち歩いているような状況になるからだ。

利用枠50万円のカードを財布に入れていれば、50万円まで買い物できるのだ。 これは現金50万円を財布に入れているのと同じである。

クレジットカードをムダなく使うためには、支払い方法を1回払いにすることだ。 最もカードの利用状況の把握・管理が楽であり、浪費を防ぎやすいのだ。

月のカードの利用枠は平均5~6万円であり、10万円も使えばかなり多いほうだ。 支払いを1回払いに設定しておけば、カードの利用枠はそれほど大きくする必要がない。

月10万円ペースで利用する方なら、20万円も枠があれば大丈夫である。 カードの利用枠が大きいと、ついつい分割やリボを選んでしまうものである。

そして、カードが使えなくなるまで使って限度枠がなくなると、あとは支払いだけが待っているのだ。 枠が満額になるとカードの機能は果たさず、支払いだけ待っているというローンのような状態になる。

リボ払いに設定すると、月々の支払い額が少なくなるので完済まで長期を要する。 カードの利用残高が減らないという方は、月の支払い額を増やしていくのが好ましい。

カードの利用明細の元金充当額をチェックして、月にどのくらい元金が減っているのか確認することだ。 月に2万円ずつ元金を減らしたいのであれば、元金充当額を2万円以上にする必要がある。

リボ払いや分割払いには利息が発生するので、支払った分だけ残高が減るわけではないのだ。 ムダな支払いをしないためには、ムダな買い物をしないことが一番大切なのである。

クレジットカードには、消費を促進するというカード会社の意図もあるのだ。 現金払いと比べると、人にもよるが1~3割くらいは消費が増えるのである。

これらは現金払いをしていれば増えなかった消費である。 特にネットショッピングを利用するときは、節約を意識する必要がある。

初心者向けのショッピングカードとして最適なライフカード

ライフカード

ライフカード 申し込みはこちら

カード機能のバランスが非常によく、初心者向けのショッピングカードとして最適である。 カード利用1,000円につき1.0ポイントの付与が基本だが、ムダがないように100円単位で0.1ポイント貯まる仕組みである。

ポイントは誕生月5倍、入会1年間は1.5倍、ポイントプログラムにより1倍・1.5倍・2倍貯まる。 会員限定のL-Mallでカードを使えば、最大25倍のポイント還元となる。

ポイントの有効期限は最大5年間であり、通常の有効期限2年間+繰越手続きをすることで5年間まで延ばせるのだ。 年会費は永年無料、カード発行は最短3営業日と非常に早い。

支払い方法は1回払い、ボーナス一括払いを選べば手数料無料だ。

ポイント制度 LIFEサンクスプレゼント
年会費 無料
発行日数 最短3営業日
  100円の利用からムダなくポイントを貯められる。ポイント倍増特典が多く、普通に使用しているだけで大量のポイントが貯まってくれる。ポイントの有効期限は最長で5年間まで繰り越しできる。

ライフカード「Stylish」

ライフカード「Stylish」申し込みはこちら

リボ払い専用のライフカードである。 カード利用時に1回払いを選んでも、自動リボ払いとなるのだ。 利用額・件数が増えても月の返済額はほぼ同額になるが、リボ手数料(年率15.0%)が発生する。

ライフカードとほぼ同様の機能なので、リボを避けたい方は通常のライフカードがおすすめだ。 1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボ払いから選択できるからだ。

リボ払いを止めたい場合は、他の支払い方法に変更できるのがよい。 ポイント還元がお得なカードだからこそ、手数料には敏感になっておこう。

リボ払いを利用している場合は、リボ手数料とポイント還元分を比較して、どちらがお得になっているか確認する必要がある。

ポイント制度 LIFEサンクスプレゼント
年会費 無料
発行日数 最短3営業日
  ライフカードのリボ払い専用カードである。1回払いを選択しても自動リボとなる。実質年率15.0%(月利1.25%)の利息が発生するので、手数料を支払いたくない方は通常のライフカードを選ぼう。

学生専用 ライフカード

学生専用 ライフカード 申し込みはこちら

年会費無料の学生専用ライフカードだ。 誕生月ポイント5倍、L-Mall経由で最大25倍などのお得なポイント制度を残しながら、学生専用の機能を付帯している。

海外でのカード利用により5%のキャッシュバック、最高2,000万円の海外旅行傷害保険、海外での日本語サポートであるライフデスク、Amazonギフト券500円分が当たるケータイ利用料決済deプレゼント(当選確率10%)などの特典が用意される。

海外旅行をお得に楽しみたい学生におすすめのカードだ。

ポイント制度 LIFEサンクスプレゼント
年会費 無料
発行日数 最短3営業日
  通常のライフカードの機能に学生専用の特典を付帯した。海外利用での5%キャッシュバック、海外旅行傷害保険(最高2,000万円)、日本語サポートなど、旅行を楽しむための機能が満載だ。

ライフカード「旅行傷害保険付き」

ライフカード「旅行傷害保険付き」申し込みはこちら

通常のライフカードに旅行傷害保険が付帯したカードだ。 海外旅行(最高2,000万円)、国内旅行(最高1,000万円)、シートベルト傷害保険(最高200万円)が付帯される。

さらに海外旅行での日本語サービスであるアシスタンスサービス「LIFE DESK」、カード会員保障制度もついてくる。

ポイント制度 LIFEサンクスプレゼント
年会費 1,350円(初年度無料)
発行日数 最短3営業日
  ライフカードに旅行で役立つ機能を付帯したカードだ。年会費は1,350円発生するが、旅行傷害保険、シートベルト傷害保険、日本語サービス、カード会員保障制度などが付帯される。

ライフカード「Barbie」

ライフカード「Barbie」申し込みはこちら

女性におすすめのBarbieは、100円のカード利用でポイントが貯まるのでムダがない。

誕生月のポイント5倍、最長5年間のカード有効期限など、ライフカードの高機能はそのまま引き継ぎながら、お得な商品が当選する特典を用意した。

毎月、バービーグッズを抽選で10名にプレゼントしてくれるのだ。 入会特典としては、50名(抽選)を対象としたプレゼント、2,000円分のバービープリカを用意している。

メールマガジンによるバービー情報の提供など、バービーファンには欠かせないカードとなっている。

ポイント制度 LIFEサンクスプレゼント
年会費 無料
発行日数 最短3営業日
  通常のライフカードにバービーグッズ当選キャンペーン、バービー情報の提供などのサービスを付帯したバービーファンのためのカードだ。年会費は永年無料なので、使った分だけお得を実感できるカードである。
  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集