カード会社は審査に落ちた理由は教えてくれません。

クレジットカード審査基準ガイドTOP > カードの豆知識&ニュース > 審査に全く通らない。カード会社は教えてくれないのですが…

クレジットカード一覧

    【目 次】
  1. これをやった人は審査に通らない可能性大
  2. 審査の厳しい会社に申し込んでいるのでは?
  3. 属性の高さは審査に比例しない

クレジットカード会社は、審査に通らない理由を教えてくれることはない。
何を改善すれば、審査に通るのかわからないため、同じ会社で2回審査を受けることは通常はしない。 審査に落ちたら、別の会社を探すのが普通である。

カードの審査基準は一般公開されることはないが、高機能なカードほど通りにくい傾向はある。ゴールドカードの審査が厳しいのは当然だが、一般カードでも機能が充実したものはカンタンには審査に通らない。

審査に通らなくて困っている人は、付帯サービスが少ないカードを選んでみるとよい。
また、クレジット枠とキャッシング枠は、なるべく少額にしたほうがよい。
キャッシング枠はカードローンと同じ機能を持っているため、これはなるべくゼロにしたほうがよい。

契約時はなるべく利用枠を小さくして、契約してから必要に応じて枠を増やしていくといい。
カード契約時というのは、信用が最も低い状態である。

カード会社側から見て、申込者がきちんと支払ってくれるかどうかもわからない。
これは公務員、会社員、派遣、アルバイトなどに関係なく言えること。
だからこそ、審査では高望みしないことが大切である。

これをやった人は審査に通らない可能性大

過去に公共料金、ローンの延滞をした人は審査に通らない可能性が大きい。いちど延滞問題を起こすだけで、クレジットカード会社は警戒してしまうもの。

大手企業勤務、年収800万円、勤続年数10年という方ですら、審査に通らなくなってしまう。

支払いの延滞は非常に危険で、現在すでにカードを利用している方すら、契約停止手続きを取られる場合がある。もしくは、利用枠を減額されてしまい、現時点で1円も追加利用できなくなることもある。

カード会社からの信用が高い方ならば、勤続年数1年、居住年数1年といった不利な要素でも審査に通っていることが多い。こうした方は、借りたものはしっかりと返すという基本的なことをコツコツと継続している。
信用は現時点で低くとも、高めていくことが可能なのである。

勤続年数が6ヶ月といった状態では、さすがに契約するのは難しいので、とりあえず時間を置いてみるのがいい。 6ヶ月待てば勤続年数は1年になり、初回審査のときよりも高評価となる。

また、6ヶ月待つことで申し込みブラックを消すことができる。

もし多くの会社で審査を受けてダメであったなら、それ以上審査を受けても無意味なので、まずは審査履歴を真っ白にしないといけない。
そのためには6ヶ月かかるため、焦らずに6ヶ月は待つこと。

なぜ落ちた?もっと詳しく審査通らない理由を知りたい!

クレジット会社(カード発行会社)に、クレジットカードを発行してもらうと、ショッピング枠を利用してポイントを貯めながら、計画的な支払いが可能となる。

また、キャッシング枠を利用して、気軽な借金もできるだろう。

しかし、せっかく申込書をカード会社に提出し、申し込みをしたとしても、クレカの審査通らない場合がある。

このような場合には、審査通らない理由を知りたいものだろう。

ここでは、クレジットカードの審査通らない理由としてありがちな、「申し込み情報の記載ミス」「他社クレジットカードの残債が多い」「クレジットカードの審査基準を満たしていない」「債務整理をした」「クレヒス(クレジットカードヒストリー)がない」「支払い能力がない」「勤続年数が短い」「同時に複数のクレジットカードに申し込んでいる」の8点について解説する。

申し込み情報の記載ミス

通常、クレジットカードの申込者は、申込書に個人情報を記載して、申し込みを行う。

個人情報は、住所氏名年齢のほか、職業や勤務先の詳細、固定電話番号や携帯電話番号、収入(年収)、銀行や消費者金融系カードローン利用の有無などを記載する。

これらは属性情報と呼ばれ、カード会社内情報として点数化され、審査の参考とされているのだ。 特にキャッシングの与信枠(限度額)を付ける場合には、利用者の信用性が重要となり、属性内容からも返済能力がチェックされる。

しかし、申し込み情報の記載ミスをしてしまうと、あとから個人信用情報機関の記録を確認した場合に、申込者の情報に整合性が取れなくなってしまう。

このような場合には、審査落ちという状況に陥る可能性はあるため、申し込み情報はミスなくきっちりと書く必要がある。

他社クレジットカードの残債が多い

クレジットカードの審査では、属性のスコアリング以外にも、信用情報の照会という方法によって、申込者の信用力の担保としているわけだが、信用情報に遅延や滞納などの金融事故情報(異動情報)が記録されていると、マイナス情報として扱われる。

この場合には、クレジットカードの審査で不利となるのは明白だ。しかし、利用履歴が健全だったとしても、他社クレジットカードの残債が多いということもネガティブ情報となる。

複数枚のクレジットカードでリボ払いをしていたり、利用限度額近くまでキャッシングをしているカードが多い場合には、カード審査で不利となることを知っておいた方が良い。

クレジットカードの審査基準を満たしていない

そもそも、クレジットカードの審査基準を満たしていない場合には、確実に審査落ちとなるだろう。目に見える内容としては年齢や安定収入などがあげられる。

クレジットカードは、申し込み条件というのが必ず記載されており、年齢条件が書かれていたり、継続的な安定収入があることなどとされている。

親権者の同意を前提に、学生でも作れるカードはあるが、高校生は不可としているカードも多い。

年会費無料のクレジットカードの中には、申し込み条件が緩い物も多いので、自分がその条件を満たしているかは、カード会社のサイトで確認してから申し込むと良いだろう。

債務整理をした

延滞でもクレジットカード審査は不利だが、債務整理をしている場合には、一定期間、クレジットカードを作ることは諦めなければならない。

債務整理とは、借金が返せなくなった場合に法的に整理する方法で、借金の負担を軽減してくれる任意整理や、大幅に借金を減額する個人再生、財産がなくなる代わりに借金も帳消しとなる自己破産などがある。

債務整理をすると、クレジットカード審査だけでなく、住宅ローンや自動車ローン、カードローンのほか、携帯電話本体の分割払いなどもできなくなり、ETCカードも作れない。

つまり、全てのローン取引を諦めなければならず、最も重いブラック情報なのだ。

クレジットカードヒストリーがない

信用情報に記録がない場合もクレジットカード審査では不利となる。

信用情報に記録がない状態とは、スーパーホワイトのことを指し、これまでクレジットカードを利用したことがない人や、ローンを組んだことがない人が、スーパーホワイト状態となるのだ。

また、債務整理をした場合には、一定期間、ローンの取引ができなくなるため、債務整理が終わって信用情報から履歴が消える時には、全ての情報がない真っ白な状態となる。

そのため、スーパーホワイト状態の人は、信販会社敬遠されてしまうのだ。ただし、現金主義者もスーパーホワイトであるため、ずっと現金主義だったと主張すると良いだろう。

支払い能力がないと通らない

クレジットカードは、ショッピング利用とキャッシング利用の2つの利用方法があり、ショッピング利用した場合には、翌月以降の立て替え払いをしてもらうことになる。

もしも分割払いやリボ払いをすると、全ての支払いが終わるまで、借金をしていることと同じ意味となるだろう。

また、キャッシング利用をする場合は、キャッシング枠の範囲で自由にお金借りることになるため、資金繰りがしやすいというメリットがある。

いずれの場合も、支払い能力がないと、延滞のリスクとなってしまうため、必ず支払い能力に関しては審査でチェックされる。支払い能力が低いと判断されれば、審査落ちの要因となるだろう。

勤続年数が短い

支払い能力といえば、その裏付けのために、勤続年数も参考とされる。

クレジットカードの申込条件には「継続した安定収入」と盛り込まれていることも多く、収入の継続性が重視されるのだ。

これはクレジットカードに限ったことではなく、住宅ローンやカードローンなど、各種ローンでも同じことがいえる。

一時的な高収入よりも、たとえ収入が低くても継続性がある方が有利となることもあるため、勤続年数は長ければ長いほど有利だ。

パートやアルバイトでも作れるクレジットカードの場合にも、長期で働いている方が有利となるため、クレジットカードの申し込みを検討している場合に転職が重なるのであれば、タイミングはちゃんと計る必要があるだろう。

同時に複数のクレジットカードに申し込む

短期間に複数のクレジットカードに申し込みをしている場合に、審査で不利となる理由は、申し込みブラックが関係する。

上記にて、半年間待てば申し込みブラックが消えると触れたが、これは信用情報には申し込み情報も半年間記録されるからだ。

たとえば、主婦の財布の中には、イオンカードWAON、ハウスカード、ENEOSカード、楽天カードといった具合に、クレジットカードがずらりと並んでいることがあるが、短期間に同時申し込みをすると、カード会社からは敬遠されることを知っておいた方が良い。

特に、キャッシング枠を付ける場合には、お金に困っているとみなされることもあるため、どうしても敬遠されがちなのだ。

審査通らない場合に知っておきたいコツ

クレジットカードを申し込む人についての関心事は、クレジットカードのスペックは当然ではあるが、それと同時に審査に通過して、無事にクレジットカードを入手できるかどうかもあるだろう。

しかし、自分では審査に通過するかどうかのさじ加減は分からず、審査に自信がないと感じながら申し込む人も多い。

そこで、審査に自信がない場合に知っておきたいコツを紹介する。クレジットカードの審査を少しでも有利にするコツは、「キャッシング枠は付けない」「他社借入れをなくす」「いらないクレジットカードを解約する」「デビットカードを利用する」の4つを知っておくと良い。

それぞれ具体的に見て行こう。

キャッシング枠は付けない

クレジットカードのショッピング枠は、立て替え払いであるため、決済した利用料金は「返済」ではなく「支払い」といわれることが多いようだ。

しかし、分割払いやリボ払いは、金利手数料もかかる上、一定期間支払い続けなければならないため、事実上の借金と同じだ。

また、キャッシング枠を付けた場合は、銀行や消費者金融から借金をするのと変わらない。多くのクレジットカードが、年率18%前後の金利で、手軽なキャッシングを可能としている。

そんなクレジットカードの審査を少しでも有利にするためには、キャッシング枠を付けずに申し込むと良いだろう。

いくぶんか審査が通りやすくなるのだ。もしもキャッシングの利用予定がないのであれば、キャッシング枠なしで申し込もう。

他社借入れをなくす

クレジットカードの審査を有利にするためには、他社借入れをなくすことも大切だ。他社借入は他社クレジットカードの残債だけでなく、他社ローンなどもなくすことが無難だ。

他社のローンが多ければ、支払いに追われていて、いずれ返済不能になる可能性が高くなることや、多重債務となって債務整理をするかも知れないだろう。

そのように、リスクが高くなることから、支払い能力がないと判断されるケースもある。

利用していない他社ローンの契約を解除したり、お金にゆとりがある時に繰り上げ返済をしたり、おまとめローンや借り換えローンで借金をまとめるなどの工夫が必要だ。

いらないクレジットカードを解約する

いらないクレジットカードは解約しておこう。クレジットカードの枚数が多すぎる場合にも、クレジットカードの審査では不利となるケースがある。

また、いらないクレジットカード解約は、つい気持ちが緩んでの浪費や衝動買いを軽減することも期待できるため、節約という観点からも解約した方が良いだろう。

もちろん、分割払いやリボ払いが残っている場合、キャッシングしたまま完済していない場合には、解約することはできないため、繰り上げ返済や一括返済によって完済後に解約する必要がある。

デビットカードを利用する

クレジットカードの審査に通過する見込みが薄い場合には、デビットカードを利用するというのもひとつの手だ。デビットカードは、銀行のキャッシュカードとクレジットカードを足して2で割ったようなものだ。

クレジットカードで決済するように買い物ができて、支払いは直接銀行口座からとなる。対応している店舗やネットショップも増えているため、気軽に活用することができるだろう。

銀行口座にあるお金の分からの支払いとなるため、延滞のリスクがないメリットがある一方、手持ちのお金がない時には決済ができないというデメリットもある。

どうしてもクレジットカードが保有できない場合の選択肢の1つということで、頭に入れておくと良いだろう。

ブラックリストっているリストがあるの?

クレジットカード審査の時に、個人信用情報機関に照会され、もしも金融事故があれば、カード審査では不利となる。

このことは、上記でも触れた通りだ。 そして、金融事故があることを、信用情報ブラックと表現したり、ブラックリストに載るといわれることがあるが、ブラックリストとは一体どのようなリストなのだろうか?

あるとすれば、どのようなリストなのだろうか?実は、ブラックリストそのもののリストが存在するわけではない。

ここでは、ブラックリストと呼ばれるのはどのようなものなのかを含め、信用情報機関の特徴や登録内容、信用情報ブラックの期間について解説する。

ブラックリストがあるのではない

まずは、「ブラックリストというリストそのものはない」ということから見て行こう。

個人信用情報機関は、個人の金融取引の情報がつぶさに掲載されており、万一金融事故の情報があれば、その履歴が掲載されることになる。

個人信用情報機関の履歴では、金融事故があると異動と呼ばれる情報が記載されるため、審査時の照会で、金融事故の有無が確認されることになる。

日本には3つの信用情報機関があり、それぞれに属する金融関連会社が内容を照会しているが、事故情報は3つの機関で共有される。

そのため、ほかの信用情報機関に登録している会社に申し込みをしても、審査落ちの可能性があるのだ。 このような状態のことを、分かりやすく「ブラックリストに載る」と表現しているのだ。

信用情報機関の特徴

日本の信用情報機関は3つあると解説したが、その3つとは「CIC(シーアイシー)」、「KSC(全国銀行個人信用情報センター)」、「JICC(日本信用情報機構)」の3つだ。

CICはクレジットカード会社や信販会社、KSCは銀行や信用金庫や協同組合など、JICCは信販会社や消費者金融などが登録している。

会社によっては、複数の信用情報機関に登録している場合もあり、厳正に審査をしていることが伺える。

また、一般的にクレヒス(クレジットカードヒストリー)と呼ばれているのは、この信用情報の履歴のことだ。そのため、クレヒスは、業者間でガラス張りとなっていると心得る必要がある。

信用情報機関の登録内容

個人信用情報機関に登録されている情報はどのようなものなのだろうか?個人信用情報機関には、申込者の氏名や生年月日のほか、住所や電話番号が記録されている。

また、借入れ状況や返済状況、借入残高のほか、取引金融機関やクレジットカードの利用状況がつぶさに記録されている。

さらに、信用情報の照会記録まで書かれているため、申し込み情報を誤魔化すことができないことはお分かりいただけるだろう。 日頃から、信用情報を健全に保つことを意識して、金融取引をしなければならない。

信用情報ブラックの期間

信用情報ブラックの期間は、信用情報ブラックとなった内容や、信用情報機関によって異なります。たとえば、3カ月以上の延滞の場合は、いずれの機関も5年となっているが、自己破産の場合には5年から10年と差がある。

信用情報機関の履歴照会は、本人でも行えるため、自分の信用情報の内容を知りたい場合には、直接請求すると良いだろう。

《信用情報の記録機関》

ブラック情報 CIC JICC KSC
延滞(3カ月以上) 5年 5年 5年
強制解約 5年 5年 5年
任意整理・個人再生 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年

審査の厳しい会社に申し込んでいるのでは?

審査に通らないと嘆いている人ほど、審査の厳しい会社に申し込んでいる可能性が高い。
審査の高い会社ほど利用条件もよいため、無意識のうちにこうした会社を選んでしまうのである。

利用限度枠が大きい、ショッピング保険あり、海外旅行保険が充実している、といったカードはそれに比例して審査も厳しくなるもの。

クレジットカードもローンと同じく、身の丈に合ったものを選ばないと審査にはなかなか通らない。

とはいえ、もしかしたら通るかもしれないという期待もあり、ついつい審査の厳しいカードに申し込んでしまうのは誰にでもありえるもの。

そんなときは、仮審査を受けられるクレジットカードにするとよい。 仮審査と本審査の違いは、履歴に残るかどうかである。

本審査は履歴にしっかりと残るが、一般的に仮審査では残らない。
アコムACマスターカードは、ホームページ上で3秒診断という仮審査を受けられる。

他社で利用できなかった人も、このカードに申し込んだら契約できたという話はよく聞かれる。三菱UFJフィナンシャル・グループのカードではあるが、母体は消費者金融のアコムACマスターカードとなっているため、銀行ほど審査は厳しくない。

属性の高さは審査に比例しない

クレジットカードの審査は属性には比例しない。

高年収の公務員が審査で落とされたのに、パート・アルバイトの方が通ってしまうこともある。
属性はもちろん高いほうがいいが、クレジットカードの審査では公共料金の支払い状況、ローンの残額・借入先なども調べられるのである。

また、家族が同社で契約しており、幾度となく延滞を繰り返していたなど、身内の信用情報が関係している可能性もある。

クレジットカードは一時的な代金の立替用とはいえ、実質的にはローンと何ら変わりない。

ローンの審査に通りにくい人は、クレジットカードの審査も落とされる可能性が高い。審査に落とされた理由は、カード会社に聞いても絶対に教えてくれることはない。

ホームページの商品概要を見ても、決して書かれていない。「○社は審査が厳しい」などという口コミはよく見られるが、審査条件がわからないのだから、相対的に比べることはできない。

審査に通りやすい、厳しいなどの表記はあくまで主観的なものであり、他者がダメでも自分は審査に通るかもしれない。

ただ、銀行系のクレジットカードは比較的通りやすいというのは事実である。
消費者金融が母体となっているカードが多く、アコムACマスターカードなどは銀行でダメだった人が乗り換えるケースが多い。

あえてクレジットカードをおすすめするならコレ!厳選ランキング

インターネットの口コミ情報による審査難易度は、あくまでも主観的なものであり、あまりあてにはならないが、それでも一定の目安を求めて口コミ情報を比較している人は多いだろう。

そこで、あえてクレジットカードをおすすめするならコレ!というクレジットカードを厳選し、ランキング形式で紹介する。

審査内容は個人の事情によって異なるため、その順位を保障するものではないが、参考までに確認しておくと良いだろう。

ここでは、「3位:楽天ピンクカード」「2位:ヤフージャパンカード」「1位:アコムACマスターカード」の順におすすめする。

3位:楽天ピンクカード

楽天PINKカードは、年会費永年無料で、ポイント期限が無期限というありがたい特徴がある。

ポイント還元率1.0%は、年会費無料カードとしては高く、お得に利用することが可能だ。

家族カードも永年無料であったり、ANAマイルが貯まったり、楽天グループ優待サービスが充実しているなど、お得ポイント満載である。

ほかにも、最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しているなど、安心のクレジットカードでもある。 ピンクの券面デザインが表すように、女性にとって強い味方であるクレジットカードだ。

2位:ヤフージャパンカード

ヤフージャパンカードは、年会費、家族カードともに永年無料で、VISA、Master、JCBの国際ブランドが、利用の幅広さを物語っている。

還元率は1.0%で、ヤフーショッピング利用時は3.0%となり、よりお得に買い物が可能だ。

モバイルSuica、ICOCA、nanaco、au WALLETなどの電子マネー対応も充実しているため、利便性が高いクレジットカードとして人気だ。

1位:アコムACマスターカード

アコムACマスターカードは、大手消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードだ。

大手消費者金融で唯一クレジットカードを発行しているアコムは、充実したカードローンサービスを提供しているが、リボ払い専用カード発行で、より便利な利用を実現させている。

アコムACマスターカードは年会費無料で、一部の自動契約機コーナーでは、最短即日発行となっている。

また、最高300万円まで利用できる上、カードローンと併用すれば、その上限は800万円となる。クレジットカードの審査に自信がないけれど、上手に金策したい場合には、必須のカードだといえるだろう。

20代、30代に人気のおすすめクレジットカードはこちら

楽天カード

楽天カード

キャンペーン満載でポイント貯まる、年会費無料の人気カード。

リクルートカード

リクルートカード

圧倒的なポイント高還元率クレジットカードがここに誕生!

三井住友カード

三井住友カード

圧倒的知名度と充実機能で、ぜひ持っておきたいクレジットカード。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

永久不滅ポイントの、クレディセゾン発行カード。

アコムマスターカード

アコムマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこのカードからスタートしては?

ライフカード

ライフカード

誕生月はポイント3倍という爆発的ボーナスポイントで人気。

MUFGカードゴールド

MUFGカード ゴールド

低年会費でゴールドカードを手にするならおススメの一枚!

JCB Extage

JCB Extage

29歳以下限定カード。20代のうちに手にしておきたいならコレ!

シティエリート

シティ エリート

22歳から手にできるゴールドカード。海外にも強い!

VIASOカード

VIASOカード

業界トップクラスの高還元率の注目の一枚。ポイント重視はこれ!

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集