個人信用情報開示(CIC,JICC,KSC)のメリットとデメリット

クレジットカード審査基準ガイドTOP > 特別企画:個人信用情報の確認方法 > 個人信用情報開示のメリットとデメリット

個人信用情報の確認方法

クレジットカードの個人信用情報機関には、まれに間違った情報が記載されていることがある。

事実とは異なる情報、自分に不利になる情報などが記載されてしまうと、ブラック期間が終了してもクレジットを利用できないことになる。

信用情報機関への情報開示がおすすめ

そんなときは、いちど信用情報機関に情報開示を求めてみるとよい。確率としては非常に低いが、クレジットカード会社側のミスで、事実とは異なる滞納情報が記載されていることもある。こうした情報は、信用情報機関、またはクレジットカード会社が教えてくれることは絶対にない。

また、自分から情報開示を求める人も少ないため、間違った情報がそのまま残されてしまうケースもある。ブラックから10年経過しており、経済状況も安定しているのに、少額クレジットさえまったく通らないという場合は、もしかしたら事実とは異なる滞納情報が登録されているのかもしれない。

一番困るケースは、完済したのに「残債あり」の扱いになっている場合であろう。
こうしたミスは本来あってはならないことだが、人間がデータ管理している以上、ミスを100%防ぐことはできない。

ただ、これに関しては非常にまれなケースのため、必要以上に心配することはない。ブラック回復後にクレジットの利用ができない場合、ブラック中の利用履歴がないことが不利になっているケースがある。

このような場合は、少額クレジットを組んでコツコツと支払っていくことで、履歴を作り上げていくしかない。

個人信用情報開示のメリット

過去に延滞がなく、自己破産などの債務整理を行っていなければ、個人信用情報に情報開示を求める理由はない。ブラックには登録されていないし、たとえカード契約で断られたとしても、これは自分の支払い能力の不足、または信用性の問題である。

個人信用情報開示をするべき人は、ブラックリストに登録されていた人である。(株)シー・アイ・シー、JICC(株)日本信用情報機関などは、ブラックリスト登録機関を5年間としているが、まれに5年経過しても削除されない場合がある。

それとは逆に、5年未満で削除されることもあるのである。個人信用情報に絶対はないのである。そのため、いちどでもブラックリストに登録されたことがある人は、クレジットやローンを利用する前に、CIC、全国銀行個人信用情報センター、JICC(株)日本信用情報機関などに開示請求をするのがよい。

情報開示により、ブラックから回復していれば、クレジットを組むことができる。情報開示を求めなければ、ブラックの登録状況はわからないのである。カード会社で契約してそのまま審査に通れば、登録から除外されたことがわかるが、契約する前では判断はできない。

あわせて読みたい

クレカ審査に落ちた人は必見

  • 選ぶべきカードはこの2枚

個人信用情報開示のデメリット

個人信用情報の開示にはデメリットもある。手数料がかかる ことである。CICの場合は、窓口開示では500円の費用が発生する。それ以外の郵送だと、1,000円が必要となる。

さらにJICCにも開示を求める場合は、CICとはまた別に手数料が発生する。3社(CICC.JICC,全銀協)全ての情報を開示すると2,500円近くの 費用が発生することなる。

この費用はCICとJICCは、窓口開示を 前提としており郵送開示となると3500円程度必要となる。このコストが高いか?安いか?の判断は、人それぞれだと思うが、 おそらく「高い!」と思う人が大半だろう。

そのため、情報開示を求めずにクレジット契約をしようとする人 が後を絶たないのである。当然のことながら、いくら審査難易度が低いクレジットカードで あっても、個人信用情報機関にブラック情報の記録がある申込者 にはカードが発行される可能性は極めて低い。

理想としては、前述の通り、本申込み前に3社の信用情報機関に 自分の情報を開示して異動情報等のブラック履歴を確認するのが 王道なのだが、実は、自分がブラックかどうか?を判断する方法 としては、一切お金がかからない方法が存在する。

仮審査を実施しているカードなら完全無料

それは、いきなり本申込みではなく、仮審査を実施している 金融機関を利用すれば、仮審査自体が無料なので、一切お金が 発生しない。 クレジットカード会社で仮審査を行っているところは、 アコムが発行するACマスターカードのみである。

この方法であれば、仮に審査で落とされてもCICやJICCに情報が 残ることはなく、デメリットはまったくない。仮審査を用意しているので、いきなり本審査に挑戦しなくてもよい。

診断が終わって融資可能と判断されると、「ご融資可能と思われます」と表示される。ここまでの時間は10秒もかからないので、 ちょっとした休憩時間があれば審査を受けられる。

本審査の方法は、インターネットから可能である。自身がクレジットカードを取得できるか?否か?を知りたいだけ なら、原則CICとJICCのみを照会する会社の仮審査のみを利用すれば問題ないだろう。

信用力が不安な人に最適な1枚

ACマスターカード

  • 3秒診断で「発行可能」と出たら迷わずGo!

全国銀行個人信用情報センター(全国銀行協会)を照会する会社もあるので要注意。

前述の通り、ほとんどのクレジットカード会社は、 株式会社シー・アイ・シー(CIC)と株式会社日本信用情報機構略称/JICC(ジェイアイシーシー) のみしか照会しない会社がほとんどなので、問題ない。

しかし、アメリカンエキスプレスや銀行本体が発行する クレジットカードの場合は、CICとJICCのみだけでなく、 全国銀行個人信用情報センター(全国銀行協会)の情報を 開示するため注意が必要だ。

銀行の仮審査なら3機関分の情報開示が無料

この3社に加盟している金融機関で仮審査を実施している 金融機関は、しずぎんフリーローンあたりがお勧めだ。

5秒診断や仮審査も完全無料なので、ぜひ利用して欲しい。私も一度、静岡銀行の仮審査を受けたが、 実際の審査は、銀行ではなく、保証会社が実施するため、 結果が出るまである程度の日数がかかる。(私の場合は2~3日かかった。)

従って、自分がブラックか?否か?を早めに知りたい人は、 余裕を持った行動計画が重要だ。なお、仮審査ではなく実際の信用情報を開示したい人は、私の体験談が参考なるはずだ。私自身がCIC(※詳しくはこちら)、JICC(※詳しくはこちら)双方で信用情報を開示してきたので、ぜひ参考にして欲しい。

20代、30代に人気のおすすめクレジットカードはこちら

楽天カード

楽天カード

キャンペーン満載でポイント貯まる、年会費無料の人気カード。

リクルートカード

リクルートカード

圧倒的なポイント高還元率クレジットカードがここに誕生!

三井住友カード

三井住友カード

圧倒的知名度と充実機能で、ぜひ持っておきたいクレジットカード。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

永久不滅ポイントの、クレディセゾン発行カード。

アコムマスターカード

アコムマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこのカードからスタートしては?

ライフカード

ライフカード

誕生月はポイント3倍という爆発的ボーナスポイントで人気。

MUFGカードゴールド

MUFGカード ゴールド

低年会費でゴールドカードを手にするならおススメの一枚!

JCB Extage

JCB Extage

29歳以下限定カード。20代のうちに手にしておきたいならコレ!

シティエリート

シティ エリート

22歳から手にできるゴールドカード。海外にも強い!

VIASOカード

VIASOカード

業界トップクラスの高還元率の注目の一枚。ポイント重視はこれ!

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集