CIC、JICC、全国銀行協会(全銀協)の役割と違いを徹底解説

クレジットカード審査基準ガイドTOP > 特別企画:個人信用情報の確認方法 > CIC、JICC、全国銀行協会(全銀協)の違いとは?

個人信用情報の確認方法

クレジットカード審査やブラックに関するサイトを見ていると、個人信用情報の開示請求の話からCIC、JICC、 全国銀行協会(全銀協)という機関名が登場する。これらは開示請求をする上で大事な場所となっているが、その違いがわからない人も多いと言われている。

このページでは、3機関の違いと、それぞれの開示請求方法について紹介していく。

CIC、JICC、全銀協とは、一体何が異なるの?

個人信用情報機関は大きく分けて下記の3つが存在し、その情報領域も異なるとされている。

・CIC((株)シー・アイ・シー) → クレジットカード系、信販系
・JICC(日本信用情報機構) → 消費者金融系
・全国銀行個人信用情報センター(全銀協) → 銀行系

クレジットカードブラックにおける喪明けの時期が訪れたり、新たなカード申込みや審査に不安のある人は、上記の3機関に情報開示請求をする必要がある。

「信販系のカードしか使っていないから、問い合わせはCICだけで十分…。」

こんなことを思ってしまう人もいるようだが、実際は複数機関に登録しているカード会社も多い上、上記3機関は情報の相互共有(CRIN)を行っているため、「念には念を入れよ…」という意味でも、全てに開示請求の必要があるようだ。

CRINの特徴として、本人申告情報と事故情報を主とした情報交流が行われているとされているため、クレジットカード支払で遅延や延滞をしていたり、ブラックになった経歴のある人は特に、情報開示請求をきちんと行う必要があるといっても過言ではないだろう。

信用力が不安な人に最適な1枚

ACマスターカード

  • 少なくても良いので収入さえあれば問題無し!

それぞれの開示請求方法とは?

CIC、JICC、 全国銀行協会(全銀協)は、それぞれ情報開示請求の方法と、各機関から出てくる開示報告書の内容が異なるとされている。開示報告書(開示書)の確認方法やチェック内容については、各機関に電話で問い合わせをすることも可能となっている。

開示方法と手数料については下記のとおりであるため、自分のライフスタイルや在住地域に合わせた形で、早めに手続きを進めるのが理想的だと言えるだろう。

・CIC → 来社開示(手数料500円)、インターネット開示・郵送開示(手数料1,000円)
・JICC → 来社開示(手数料500円)、インターネット開示・郵送開示(手数料1,000円)
・全国銀行協会(全銀協) → 郵送開示のみ(手数料1,000円)

個人信用情報機関は、インターネット上にサイトを開設しているため、そこから手続き方法や来社開示のできる全国の窓口をチェックすることも可能となっている。

ネットには様々な情報が掲載されている時代であるが、戸惑いや疑問が生じた際には、機関に直接電話をして不明点をクリアにしていくことが重要だと言えるだろう。

あわせて読みたい

クレカ審査に落ちた人は必見

  • 選ぶべきカードはこの2枚

3機関の情報開示が面倒な人へ!

前述の通り、3つの個人信用情報機関へ照会すると最大で 3500円近くの手数料がかかってしまう。

窓口開示にすれば手数料が安くなるというメリットがあるが、 CICとJICCの窓口は月曜日から金曜日までという平日しか営業 していないため、仕事が忙しいサラリーマンやOLには手続きが 進めにくい難点がある。

そんな時は、コストや手間かからない手法として仮審査を 受けてみることも有効だ。現在、クレジットカード会社で仮審査を行っているところは、 アコムが発行するACマスターカードが良いだろう。

仮審査を受けてみて問題なければ、本審査を受けてみるとよい。なお、カード会社によって審査難易度が異なるのはご存知だろうか?

独立系(アメックス)・銀行系(JCB)>信販系(オリコ)>流通系(セゾン)>消費者金融系(アコム)となっており、 実は独立系と銀行系が最も取得難易度が高いのである。

そういった意味でも、ACマスターカードは、クレジットカードを持てるか不安な人からの支持が圧倒的に多い理想の1枚である。 こちらにACマスターカードの詳細ページを紹介するので、ぜひ確認してみて欲しい。

過去にブラックになった経験のある人は、 クレジットカード審査に対してネガティブなイメージを 持っていたり、自暴自棄になって様々なカード会社に申込みを しまくる傾向があるが、そんな状態で万が一審査に通らなかった 場合は、ただでさえ微妙な個人信用に更なる傷がついてしまう ケースも多いのだ。

ダメ元・一か八かという行動で個人信用に傷がついた状態を、 申込ブラック・多重申込と呼び、その記録は最低6か月間消えない。

衝動で本審査に挑むのではなく、まずは、仮審査にチャレンジ して問題無いようであれば、本審査にチャレンジする 2段階手法をお勧めする。

なお、大半のクレジットカード会社は、CICとJICCのみしか照会 しないので、アメリカンエキスプレスや銀行本体が発行する カードの申込みを検討している人は、こちらのページで 紹介している仮審査にチャレンジしてみると良いだろう。

最終的には、CIC、JICC、 全国銀行協会(全銀協)という3機関に 開示請求を行うのが確実な方法なのだが、手数料などの負担を 考えれば、仮審査を受けるという考え方は合理的なのではないだろうか。

20代、30代に人気のおすすめクレジットカードはこちら

楽天カード

楽天カード

キャンペーン満載でポイント貯まる、年会費無料の人気カード。

リクルートカード

リクルートカード

圧倒的なポイント高還元率クレジットカードがここに誕生!

三井住友カード

三井住友カード

圧倒的知名度と充実機能で、ぜひ持っておきたいクレジットカード。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

永久不滅ポイントの、クレディセゾン発行カード。

アコムマスターカード

アコムマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこのカードからスタートしては?

ライフカード

ライフカード

誕生月はポイント3倍という爆発的ボーナスポイントで人気。

MUFGカードゴールド

MUFGカード ゴールド

低年会費でゴールドカードを手にするならおススメの一枚!

JCB Extage

JCB Extage

29歳以下限定カード。20代のうちに手にしておきたいならコレ!

シティエリート

シティ エリート

22歳から手にできるゴールドカード。海外にも強い!

VIASOカード

VIASOカード

業界トップクラスの高還元率の注目の一枚。ポイント重視はこれ!

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集