借金の延滞や借金経験のある人は個人信用情報の確認がお勧め

クレジットカード審査基準ガイドTOP > 特別企画:個人信用情報の確認方法 > 借金経験のある人は個人信用情報を確認しよう

個人信用情報の確認方法

金融機関で借金経験のある人は、信用情報機関でデータ開示を求めてから契約したほうがよい。滞納、自己破産などの債務整理の経験がなければ、データ開示は本来必要ない。しかし、個人信用情報に登録されている情報は、「正しい」とは限らないのである。

業者のミスにより、債務がないのに「ある」と記載されてしまう可能性はゼロではない。クレジットカードについては、借金ではないと言い張る人がいるが、実際には借金の一種だと思ってよい。
カードローン、キャッシングなどと同類だと考えてよい。

そのため、ローンを組めない人は、クレジット契約しようとしても難しいのである。弁護士、司法書士にクレジットを組めないことを相談すると、個人信用情報機関に情報開示するように指示を受けることがある。

しかし、ほとんどの人は信用情報機関という言葉すら知らないのが現状である。信用情報機関について知らない人が多いのは、クレジット契約をする際に説明を受けないからである。ローン滞納・債務整理をした場合に、初めてこの言葉を聞かされることになるが、ほとんどの人は意味をよく理解していない。

信用情報をわかりやすくいうと、ブラックリストのことである。金融事故情報とも呼ばれるものであり、過去に3ヶ月以上の滞納、債務整理をするとブラック情報として残り、クレジットの利用はできなくなる。

信用情報機関の開示は絶対に必要か?

過去に借金をしていた人は、信用情報機関に開示請求をしてから、クレジット契約をするのが好ましい。しかし、実際にこの方法をとる人は少なく、ほとんどの人は開示請求を行わない。開示請求に500円~1,000円の手数料がかかるためである。

さらに請求手続きも面倒であるため、開示請求をせずにクレジットカード会社に申し込むのが普通である。いずれにせよ、審査に通過すれば信用情報機関には登録されていないということ。個人情報機関には、(株)シー・アイ・シー、全国銀行個人信用情報センター、JICC(株)日本信用情報機関などがある。

クレジットカードの情報を扱うのは、主にCICである。全国銀行個人信用情報センターは銀行系の金融商品、JICC(株)は消費者金融の商品に関する情報を登録している。

借金の延滞が絶対にいけないのは、これらの情報機関に登録されてしまうからである。CICの場合は、5年間はブラックリストとして情報が残る。その間は、クレジットやローンを使えないので、現金でやりくりするしかない。

情報開示をしなくてもクレジット契約は可能

クレジットカードに関する情報サイトを見ると、「過去に借金をしたことのある人は、クレジット契約時に信用情報機関に開示請求を行うべき」と書かれている。これに関しては間違いないが、実際に情報開示を求めている人は少ない。

クレジットの審査に通らない場合、身の丈を超えた希望条件を提示している可能性がある。年収300万円で、限度額150万円のクレジット契約をしようとしても難しい。クレジット・ローンの審査は一昔前よりもずっとシビアになっており、昔と同じ感覚で審査を受けている人が多いのである。 そのため、昔以上に審査に通らないのである。

現在のクレジットカードは、昔と同じ感覚で申し込んでも、なかなか契約できない。そこで、「仮診断を実施している業者を選ぶ」「利用枠を最小限にする」「過去に借金をしていた業者以外で契約する」などの対策が必要となる。

クレジットカードのキャッシング枠に関しては、枠なしカードにしたほうが審査は有利となる。どうしてもクレジットカードを作りたい人は、仮診断可能なアコムACマスターカードがよい。無料で仮診断が行え、3秒後にはその場で結果がわかる。

住所、氏名、電話番号などを入力する必要はないので、何度審査を受けても信用情報に影響することはない。

借金を滞納しないための対策

借金を滞納すると、ブラックリストというペナルティが待っている。そして、ブラックリストに登録される人は、2社以上の金融機関を利用しているという特徴がある。A社のクレジットカード、B社のカードローン、C社のフリーローン、といった感じである。

借入先が1社でブラックになる人というのは、実はかなり少ない。借入先の多さに比例して、ブラック率は高まっていくのである。これは自己破産などの債務整理に関しても言えることであり、債務整理をする人ほど借入先が多いのである。

ブラックにならないためには、借入先を極力1社にすること。さらに利用額は年収の1割未満にしておくと安心である。実際には2~3割くらいは問題ないが、「2~3割まで大丈夫」と考えてしまうと、「3~4割でも問題ない」というように、感覚がマヒしてくる可能性がある。

そのため、安全圏の1割以内に収めておくのがよい。クレジットカードの場合なら、年収300万円の人は限度額を30万円未満にしておくと失敗はない。クレジットカード会社は、仮診断の行えるところがよい。

個人信用情報の開示を求める前に、仮診断を行ってみよう。
情報開示は有料であり、窓口(500円)以外の開示請求だと1,000円かかる。
アコムACマスターカードは、ホームページ上で無料の仮診断が行えるので試してみるとよい。

実は、先程紹介したアコムACマスターカードは個人信用情報に問題がある人が、多く利用しているカードとしても有名だ。カード発行されやすく・年会費無料・最短即日発行というメリットがある。

20代、30代に人気のおすすめクレジットカードはこちら

楽天カード

楽天カード

キャンペーン満載でポイント貯まる、年会費無料の人気カード。

リクルートカード

リクルートカード

圧倒的なポイント高還元率クレジットカードがここに誕生!

三井住友カード

三井住友カード

圧倒的知名度と充実機能で、ぜひ持っておきたいクレジットカード。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

永久不滅ポイントの、クレディセゾン発行カード。

アコムマスターカード

アコムマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこのカードからスタートしては?

ライフカード

ライフカード

誕生月はポイント3倍という爆発的ボーナスポイントで人気。

MUFGカードゴールド

MUFGカード ゴールド

低年会費でゴールドカードを手にするならおススメの一枚!

JCB Extage

JCB Extage

29歳以下限定カード。20代のうちに手にしておきたいならコレ!

シティエリート

シティ エリート

22歳から手にできるゴールドカード。海外にも強い!

VIASOカード

VIASOカード

業界トップクラスの高還元率の注目の一枚。ポイント重視はこれ!

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集