日々のショッピングをお得にしてくれるカードを紹介

クレジットカード審査基準ガイドTOP > 利用シチュエーションに見合ったポイントの比較 > 日々のショッピングをお得にしてくれるカードを紹介
利用シチュエーションに見合ったポイントの比較

イオンカードセレクトは、3機能が1枚のカードに集約された便利カードである。 通常のクレジットカード機能に、電子マネーWAONとキャッシュカード機能を付帯している。

WAONでショッピングすると200円につき1WAONポイントが付与される。 ポイントはWAONに交換してすぐ使える。

さらに通常のクレジットカード利用でも、200円につきときめきポイントが1ポイント貯まるのだ。 貯めたときめきポイント1,000ポイントは、1,000WAONポイントに交換可能である。

オンラインショッピングを利用する際は、ときめきポイントTOWNを経由すると最大21倍のポイント還元となるのでお得だ。

イオンカードセレクトは、通常のクレジットカードとして使ってもお得を実感できるが、特にお得度が大きいのはイオングループでの利用である。

イオン、ビブレ、マックスバリュなどで利用すると割引やポイント倍増の対象となる。 お客さま感謝デーは、毎月20日・30日に開催される。

カードで買い物をすると5%OFFになるのだ。 1,000円の購入につき50円も還元されるのである。 高還元カードは沢山あるが、還元率5%のカードなど存在しない。

5%OFFは5%還元に相当するほどお得なのだ。 G.G感謝デーは、毎月15日に開催される。 55歳以上の会員限定のサービスで、お客さま感謝デーと同じく5%OFFとなる。

年金の支払い日に合わせて15日に設定されているのだ。 ときめきWポイントデーは、毎月10日に開催される。

イオングループでカードを使って買い物すると、ときめきポイントが2倍になるのだ。 お客さまわくわくデーは、毎月5日・15日・25日に開催される。

イオンカードを利用すると、ときめきポイント2倍。 WAONを利用すると、WAONポイント2倍となる。

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型) 申し込みはこちら

ポイント制度 WAONポイント ときめきポイント
年会費 無料
発行日数 1~3週間程度
  3機能が集約された高機能カードである。ときめきポイント、WAONポイントを貯めることができる。イオングループでお得になる割引特典が多く、これらはポイント還元サービスよりもお得度が高い。

エポスカードは、visa加盟店、マルイ店舗・ネット通販の利用でエポスポイントを貯められる。 マルイならポイントが2倍になるのでお得だ。

ポイントアップサイトの「たまるマーケット」を利用すれば最大39倍のポイントがもらえる。 ネットで申し込みすれば、最大8,000円分のポイントがもらえる。

貯めたポイントは全国共通ギフトカードや商品券、スターバックスカード、JAL・ANAマイル、ドコモポイントなどに交換できる。

500ポイント貯めると、マルイを利用するときに500円の割引券としても使える。 エポスカードが最もお得になるのは、年4回開催される会員限定の「マルコとマルオの7日間」のキャンペーンである。

期間中はずっと10%割引となるので、消費税8%をすべて相殺してもお得になる感覚である。 ポイント制度もお得だが、10%割引を目的にカード入会する方も多い。

エポスカードには海外旅行傷害保険、キャッシング機能なども付帯されている。 主要都市での日本語サポート、コンビニATMを使用した24時間キャッシングが利用できる。

クレジットカード機能、割引制度、キャッシングという3つの機能が1つになった便利カードなのだ。

エポスカード

エポスカード 申し込みはこちら

ポイント制度 エポスポイント
年会費 無料
発行日数 最短即日
  クレジットカード、10%割引、キャッシングという3機能が1枚になった。マルイ店舗とネット通販でカードを使うとポイント2倍になる。年4回10%割引となる「マルコとマルオの7日間」を目的にカード入会する方も多い。

三井住友カードは、世界中で使用できるスタンダードなクレジットカードである。 visaブランドは世界No.1シェアであり、利用店舗が最も多いのがメリットだ。

日本における加盟店数も非常に多く、コンビニやタクシーでも利用できる。 チャージ不要のiD機能も搭載されている。

ポイント制度のVポイントは、200円の利用につき1ポイント貯まる。

ポイントUPモール、プレミアムポイント加盟店の利用でさらにポイントが貯まる。 マイ・ペイすリボに登録し、年1回以上のリボ払い手数料の支払いがあれば翌年度の年会費が無料になり、さらにポイントも2倍となるが、リボ手数料が発生するのでお得になるかどうかシミュレーションしてから登録しよう(※2021年2月お支払い分より変更)。

リボ手数料で年会費+ポイント還元分が相殺されるようでは意味がない。 ショッピング補償は年間100万円まで対応しているが、海外での利用、および国内で分割3回以上またはリボ払いを設定した場合のみ対象となる。

手数料無料の支払い方法を選んだ場合は補償の対象外となる。 海外旅行傷害保険は最高2,000万円まで対応している。

旅行をよく楽しまれる方には、上級カードのクラシックカードAがおすすめである。 海外旅行保険は最高2,500万円です。 国内旅行傷害保険が2,000万円まで付帯する。

三井住友カード

三井住友カード 申し込みはこちら

ポイント制度 Vポイント
年会費 1,250円+税(オンライン入会で初年度無料)
発行日数 最短翌営業日
  visaブランドのスタンダードカードである。利用できる店舗が多いので、現金代わりとして使える。貯めたポイントは、キャッシュバックや他社ポイントに移行できる。移行先のポイントレートはそれぞれ異なるので事前確認が必要である。

女性専用の三井住友カードアミティエは、女性に最もよく選ばれているクレジットカードだ。 旅行保険が充実しており、最高2,500万円の海外・最高2,000万円の国内旅行傷害保険が付帯 される。

三井住友カードよりも補償額が大きく、年会費は同様である。 三井住友カードアミティエの最大のメリットは、携帯・PHSで利用するとポイントが2倍になることだ。

200円の利用につき、Vポイントが2ポイント貯まる。

これは一般的カードの還元率の2倍である。 電子マネーiD、WAON、PiTaPaにも対応しているので、携帯ショッピングが好きな女性なら所有しておいて損はない。

ポイントをうまく貯めるには、ポイントUPモールを利用しよう。 三井住友カード運営のショッピングモールで、ここを経由して買い物するとポイントが2~20倍になるのだ。

ボーナスポイント制度もあり、前年度の利用額に応じてポイント倍増となる。 リボ払いを設定した場合もポイント2倍になるが、リボ手数料が発生するので注意しよう。

クレジットカード利用の鉄則は、現金払いよりも節約できることである。 年会費やポイント還元分がリボ手数料で相殺される、またカードを持つと浪費が増えるようでは意味がないのだ。

浪費傾向があると自負する方は、カード利用枠を少なく抑えておくのがよい。 月に多くても10万円しか利用しないという方は、20万円の利用枠を設定しておけば十分である。

利用額が大きくなるほど気持ちも大きくなり、高額商品の購入につながりやすいのだ。 自分の性格に合ったカードと限度枠設定が大切なのだ。

年会費は三井住友カードと同様に、マイ・ペイすリボに登録して年1回以上のリボ払い手数料の支払いをすれば無料になるが、リボ手数料が発生するので注意しよう(※2021年2月お支払い分より変更)。

手数料無料で利用できる方法は1回払い、2回払いである。 女性におすすめの支払い方法は1回払いで、これはカードの利用状況を把握できて、カードの使いすぎを防げるというメリットがあるからだ。

ショッピング依存症になってしまう方のほとんどは、リボ払いを利用しているものだ。 カードをよく使う女性ほど、1ヵ月分の利用額は1回で支払うように意識しよう。

三井住友カードアミティエ

三井住友カードアミティエ申し込みはこちら

女性専用の三井住友カードアミティエは、女性に最もよく選ばれているクレジットカード。

三井住友カードアミティエは、満18歳以上の女性(高校生不可)を対象としたカードで、一般向けと学生向けが用意されている。 前者は年会費初年度無料(オンライン入会)、翌年から1,250円+消費税、後者は在学中無料。

ポイント制度 Vポイント
年会費 1,250円+税(初年度無料)
発行日数 最短翌営業日
  女性に一番人気のクレジットカードで、携帯・PHSで利用するとポイント2倍となる。旅行傷害保険も充実しており、年会費1,500円+税の三井住友カードAと同額の補償額だ。
  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集