ポイント制度が充実したお得なクレジットカードを紹介

クレジットカード審査基準ガイドTOP > 利用シチュエーションに見合ったポイントの比較 > ポイント制度が充実したお得なクレジットカードを紹介
利用シチュエーションに見合ったポイントの比較

ビアソカードは年会費無料の高還元カードである。 カード利用1,000円につき5ポイントが付与される。 貯まったポイントは、1ポイント1円として自動キャッシュバックされるのだ。

ポイント還元率は0.5%だが、VIASO eショップを経由すると+0.5%~10.0%となる。 通常は1,000円の利用につき5円還元となるが、VIASO eショップ経由なら+5円~100円還元になるのだ。

特定加盟店で利用すると、1%還元(ポイント2倍)となる。 貯めたポイントはオートキャッシュバックにより、1,000ポイント以上から1ポイント1円として使える。

現金として還元されるので、通常のポイントよりもお得感が高いのだ。 付帯サービスは海外旅行傷害保険(最高2,000万円)、ショッピング保険(年間100万円まで)である。

ショッピング保険は楽Payに登録期間中のみ付帯される。 楽Payとは登録型リボ払いのことで、毎月の支払額をなるべく少なくしたい方に適している。

手数料を0円にしたい方には、1回払い、2回払い、ボーナス一括払いがおすすめだ。 これらの支払い方法を設定すると、キャッシュバックのお得だけを実感できる。

ポイントを沢山貯めるには、手数料は0円のほうがいいのだ。 分割・リボ払いの金利(手数料)は、カードローンと同じか少し低いくらいだ。

カード利用額が大きくなるほど、支払いの負担を減らすために分割・リボ払いを選びたくなるものだが、利用額と利息は比例することを知っておこう。

月の利用額が5万円と10万円なら、利息は2倍違ってくるのだ。 それゆえ、高額利用をする方ほど1回で支払うべきなのだ。 クレジットカードはローンとは異なるが、分割・リボ払いを設定した場合は実質的にローンと同じになる。

VIASO(ビアソ)カード

VIASO(ビアソ)カード申し込みはこちら

ポイント制度 VIASOポイントプログラム
年会費 無料
発行日数 最短翌営業日
  自動キャッシュバックが嬉しいカードである。年会費無料カードなので、ポイント還元を受けられる分だけ現金よりお得だ。VIASO eショップを経由すると、通常のポイント還元のほかに0.5%~10.0%加算される。

日本唯一の国際カードブランドであるJCBオリジナルシリーズ

1,000円のカード利用につき、Oki Doki ボーナスポイント1ポイントが貯まる。 JCB ORIGINAL SERIESのポイント優待店を利用すればさらにお得になる。

  • ポイント2倍(エッソ・モービル・ゼネラル、昭和シェル石油)
  • ポイント3倍(Amazon、イトーヨーカドー、セブンイレブン、Right-on)
  • ポイント5倍(スターバックスコーヒー)

「Oki Doki ランド」を経由すれば、最大20倍のポイントがもらえる。 楽天市場、Yahoo!ショッピング、ベルメゾンネット、DHCオンラインショップなどは2倍以上の還元となる。

貯めたポイントはAmazonポイントプログラム、nanacoポイント、JAL・ANAマイル、キャッシュバック、JCBギフトカードなどに交換できる。

JCBオリジナルシリーズには、JCB一般カード、JCB CARD EXTAGE、JCBゴールド、JCB GOLD EXTAGEの4種類がある。 いずれも初年度の年会費は無料である。

カード発行日数は最短3営業日(ネット申し込みの場合)と非常に早い。

JCB一般カード

18歳以上で安定収入のある方を対象としたカード。 年会費は初年度無料(翌年度から1,250円+税)だが、MyJチェック登録+年間50万円以上のカード利用で無料となる。

ETCカード、QUICPayカードの発行は年会費無料だ。 海外・国内旅行傷害保険は最高3,000万円、海外利用でOki Dokiポイント2倍などの特典もある。

学生(高校生除く)にも対応しているので、大学生や専門学校生の最初の1枚としてもおすすめだ。

JCB CARD EXTAGE

18歳以上29歳以下を対象とした若者向けカードである。 JCB一般カードとの違いは、年会費が無料であることだ。

旅行保険は海外のみ対応しており、補償額は最高2,000万円である。 ポイントボーナスが非常に充実しており、入会後3ヵ月はOki Dokiポイントが3倍となる。

その後も初年度限定で1.5倍、海外利用で2倍、Oki Doki ランド利用で3倍以上など、とにかくポイント制度が充実している。

ETCカード、QUICPayカードの発行も年会費無料だ。 JCB一般カードと比べて旅行傷害保険の補償額が少ないが、年会費が無料でポイント制度が充実しているため、こちらのほうがお得度は高い。 一般カードと同じく学生(高校生除く)も申し込みできる。

JCBゴールド

20歳以上(学生除く)で安定収入のある方を対象としたゴールドカードである。 ゴールドカード会員ならではのサービスが用意されている。

ゴールド会員専用デスクは、通話料無料でカードに関する相談ができる。 空港ラウンジサービスは、国内主要空港、ハワイ・ホノルル国際空港内の空港ラウンジを無料で利用できるサービスだ。

海外で利用するときは、Oki Dokiポイントが2倍となる。 旅行傷害保険は海外最高1億円・国内最高5,000万円、ショッピングガード保険は年間500万円まで。

年会費は初年度無料、翌年度は10,000円+税。 ETCカード、QUICPayカードの発行は年会費無料である。

JCB GOLD EXTAGE

20歳以上29歳以下(学生を除く)を対象とした若者向けカードである。 JCB CARD EXTAGEよりも加入可能年齢が2歳高くなっており、より安定した収入が求められる。

年会費は初年度無料、翌年度は3,000円+税。 JCBゴールドの年会費の3割とお手頃だ。 旅行傷害保険は海外・国内ともに最高5,000万円、ショッピングガード保険は年間200万円まで。

海外旅行保険とショッピングガード保険の補償額はJCBゴールドより低くなっているが、カードの年間利用額が200万円以下の方なら、ショッピングガード保険の補償額は200万円で十分である。

特別ボーナスは、JCBゴールドと比較しても優遇されている。 新規入会ボーナス(入会後3ヵ月)は3倍、その後も初年度限定で1.5倍、海外利用で2倍、Oki Doki ランドで3倍以上になる。

ゴールドカードの特典はそのまま用意されている。 ゴールド会員専用デスク、空港ラウンジサービス、海外でのカード利用でOki Dokiポイント2倍などの適用となる。

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集