生活パターンによりお得なカードは変わる

クレジットカード審査基準ガイドTOP > 生活パターンによりお得なカードは変わる > 生活パターンによりお得なカードは変わる

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード 申し込みはこちら

セブンイレブンをよく利用する方ならANAカードが役立つ。 通常のポイントとは別に200円の利用につき1マイルがもらえる。 カード利用後、1~2ヶ月後にマイルが付与されるのだ。

※ANA VISA/マスターカードのiDによる決済も対象。 毎日セブンイレブンで200円利用すれば、1ヶ月で30マイル貯まる。

ANAマイルはnanacoポイントに交換し、セブンイレブンで使うこともできる。 10,000マイル→nanacoポイント10,000ポイントに交換できるのだ。 ANAマイルは互換性に優れているのが特徴だ。

ポイント制度 Vポイント
年会費 2,160円
発行日数 1~2週間程度
  ANAカードとSuica機能が両方欲しい方におすすめ。ANAカードマイルプラス提携店であるセブンイレブンで利用すれば、200円につき1マイルがもらえる。その上、通常のショッピングポイントも付与されるのだ。

JMBローソンPontaカードVisa

JMBローソンPontaカードVisa 申し込みはこちら

ローソンをよく利用する方におすすめのカード。 セゾンカードだが永久不滅ポイント対象外となり、代わりにPontaポイントが貯まるのだ。

ローソンでカードを使うと、100円につき2ポイント貯まる。 現金払いだと1ポイントなので、カードにすると付与率が2倍になる。

ローソンストア100・ローソンマートの場合も、100円のカード利用で2ポイントもらえる。 現金払いだと200円につき1ポイントなので、カードのほうが4倍も付与率が高い。

ローソンフレッシュは、200円のカード利用で1ポイントもらえる。 ローソンカードは年会費が永年無料なので、年間のカード利用額が少なくても損をすることはない。

Pontaポイントはローソン、Ponta提携店舗で使用することもできるし、JALマイルへの交換も可能だ。 Pontaポイント2ポイントはJALの1マイル、JALの10,000マイルはPontaポイント10,000ポイントに交換できる。

ポイント制度 Pontaポイント
年会費 永年無料
発行日数 最短7営業日
  ローソン、ローソンストア100・ローソンマート、ローソンフレッシュでカードを利用するとお得だ。現金払いよりポイント付与率が高くなる。年会費は永年無料なので、ローソンをよく利用する方は絶対に欲しいカードだ。

JAL 普通カード(VISA・MasterCard)

JAL 普通カード(VISA・MasterCard) 申し込みはこちら

ファミリーマートをよく利用するなら、JALカードがおすすめだ。 カードで買い物すると、200円の利用につき2マイル貯まるのだ。

ショッピングマイル・プレミアムに入会すると、マイル付与率2倍の100円につき2マイルとなる。 1万円未満の買い物の場合、サインが不要なので支払いが楽である。

「JAL CARD特約店マイルが2倍たまる」の特約店マークのある店が対象となる。 年会費は2,160円と航空系カードの中ではリーズナブルだ。

ポイント制度 JALマイル
年会費 2,160円(初年度無料)
発行日数 2~3週間程度
  「マイルが2倍たまる特約店」であるファミリーマートで買い物すると、200円=2マイル付与される(通常は1マイル)。ショッピングマイル・プレミアムに入会すると、100円=2マイルが実現する。

ガソリンスタンドでもマイルが貯まる

クルマをよく利用する方は、ガソリン代がお得になるカードがおすすめだ。

楽天カードはENEOSでポイント3倍、エクストリームカードは宇佐美のサービスステーションでリッター2円引きとなる。

それぞれのポイントはマイルに移行できるので、航空会社系カードのサブカードとしてもおすすめだ。 航空系(ANA・JAL)カードの場合も、ENEOSや出光で利用するとお得になる。

楽天カード

楽天カード 申し込みはこちら

楽天スーパーポイント2ポイントは、ANAマイル1マイルに交換できる。

ANAマイルからポイントに変える場合は、10,000マイル→10,000ポイントとなるのでお得とは言えないが、楽天カードのポイント加盟店であるENEOSでカードを使えばポイント3倍となる。

通常は3,000円のカード利用で30ポイント(100円1ポイント)だが、ENEOSで3,000円給油すれ90ポイント貯まる・ これをマイルに移行すると45マイルとなり、実質100円の利用で1.5マイル貯まることになる。

ポイント制度 楽天スーパーポイント
年会費 無料
発行日数 1週間程度
  年会費が無料なのが最大の売り。楽天スーパーポイントは相互交換しやすいのがメリットだ。楽天スーパーポイント→ANAマイルに交換する場合は、2ポイント=1円となってしまうが、ENEOSカードはポイント3倍なので、実質的に100円の利用で1.5マイル貯まる。

エクストリームカード

エクストリームカード 申し込みはこちら

宇佐美のサービスステーションで利用すれば、ガソリン・軽油がリッター2円引きとなる。 さらにエクストリームカードポイントが付与されるので非常にお得である。

年間30万円以上のカード利用で年会費は無料になり、よくクルマに乗られる方なら給油代だけでクリアできそうだ。

ポイントはJデポの場合は還元率1.25%だが、Gポイントなら1.50%となる。 30ポイント貯めると、JAL・ANAのマイル10マイルに交換できるのだ。

ポイントはカード利用1,000円につき10ポイント貯まるので、年間30万円カードを使えば3,000ポイント貯まる。

Gポイントへの引換レートは2,000ポイント→3,000Gポイントなので、年間30万円のカード利用は4,500Gポイントに相当する。

これをマイルに交換した場合は、1,500マイルとなるのだ。 年会費も無料になるので、マイルをもらえる分だけお得である。

ポイント制度 エクストリームカードポイント
年会費 3,000円+税(初年度無料)
発行日数 1~2週間程度
  宇佐美のサービスステーションでガソリン値引き(2円/ℓ)になる。Gポイントの還元率は1.5%とクレジットカード最高クラスだ。30GポイントはJALとANAの10マイルに交換できる。

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード 申し込みはこちら

ENEOSサービスステーション、出光サービスステーションはANAカードマイルプラス提携店だ。 ANAカードを使うと、それぞれ100円=1マイル200円=1マイルもらえる。

マイルをたくさん貯めたいなら、ENEOSで給油したほうが得である。 ANAカードマイルプラスのメリットは、カード会社のポイントと二重取りができることだ。

ポイント制度 ワールドプレゼント
年会費 2,160円
発行日数 1~2週間程度
  ENEOSでカードを使うと100円=1マイル、出光なら200円=1マイル付与される。カード会社のポイントと二重取り可能なので、提携店をよく利用する方なら絶対にお得だ。

JAL 普通カード(VISA・MasterCard)

JAL 普通カード(VISA・MasterCard) 申し込みはこちら

全国に12,000店舗を展開するENEOSサービスステーションでカードを使えば、200円=2マイルもらえる。

ショッピングマイル・プレミアムだと、2倍の100円=2マイルとなる。 ANAカードと同様に、コンビニでもガソリンスタンドでもお得になるカードなのだ。 カードの使い勝手のよさを考えると、年会費2,160円は非常にお得である。

ポイント制度 JALマイル
年会費 2,160円(初年度無料)
発行日数 2~3週間程度
  ENEOSサービスステーションを利用すれば、マイル付与率が2倍の200円=2マイル(通常200円=1マイル)となる。ENEOSをよく利用する方なら、ショッピングマイル・プレミアムにも加入したい。
  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集