陸でマイルを貯めるならこのカード

クレジットカード審査基準ガイドTOP > 陸でマイルを貯めるならこのカード > 陸でマイルを貯めるならこのカード

ビジネスで航空機を利用する方なら航空会社系のカードが便利だが、長期連休に旅行する程度なら陸で貯めたほうがお得になることが多いのだ。

現金を使って支払いする場面でカード決済するだけなので、誰でも簡単に貯めることができる。 固定費用(ガス・電気・水道料金、放送料金、固定・携帯電話料金、プロバイダ料金、各種税金など)をすべてカード決済にするのがコツだ。

日常の買い物でもすべてカード払いにするのが基本だが、それが面倒な方は食費・衣料費をカード決済することを意識すればかなりのポイントが貯まる。

JMBローソンPontaカードVisa

JMBローソンPontaカードVisa 申し込みはこちら

セゾンのポイントといえば永久不滅ポイントだが、このカードはPontaポイントが貯まるのが特徴だ。 ローソン、ローソンストア100、ローソンマートでカードを使うと100円につき2ポイント。

ローソンフレッシュ(宅配サービス)では200円につき1ポイント、visa加盟店では月のカード利用額1,000円につき5ポイント貯まる。

コンビニ系カードでは最高の付与率になっているのだ。 1ポイントは1円に相当し、ローソンやPonta提携店で利用できる。

JALマイルに交換できるサービスもあり、Pontaポイント2ポイントをJALのマイル1マイルに交換できる。

JALマイルをPontaポイントに交換する場合は、10,000マイル→10,000ポイントとなる。 ローソンをよく利用する方なら、絶対に欲しいカードである。 年会費は永年無料なので、航空系カードと2枚所有がおすすめだ。

ポイント制度 Pontaポイント
年会費 永年無料
発行日数 最短7営業日
  ローソンやPonta加盟店、visa加盟店などで利用するとPontaポイントが貯まる。貯めたポイントは2ポイント→JALの1マイルと交換できるのだ。ポイント付与率はコンビニ系カード最高である。年会費は永年無料なので、サブカードとしても最適だ。

JCB EIT

jcb ETC申し込みはこちら

年会費が永年無料のリボ専用カードだが、設定金額を超えない範囲で全額返済すれば手数料はかからない。

Oki Dokiポイントは通常の2倍の付与率となり、1,000円の利用につき2ポイントとなる。 貯めたポイントはJCBホームページから各マイルに移行できるのだ。

Oki Dokiポイント1ポイント→JALマイル3マイル、ANAマイル3マイル、デルタ航空スカイマイル3マイルに移行可能。

海外旅行傷害保険は最高2,000万円、ショッピングガード保険(国内・海外)は年間100万円まで対応。

カード利用状況はWEB明細のMyJCBで確認できるので、ポイント残高は常にチェックしておこう。 獲得ポイントの有効期限は24ヵ月間である。 JCB EITを上手に使うには、リボ手数料を発生させないのがコツだ。

ポイント制度 Oki Dokiポイントプログラム
年会費 永年無料
発行日数 最短3営業日
  Oki Dokiポイントが通常の2倍貯まるお得なカードだ。年会費は無料だが、リボ専用カードなのでリボ手数料がネックとなる。カードの設定金額内の支払いにしておき、手数料を発生させないように使おう。貯めたポイントは各航空会社のマイルに移行できる。

エクストリームカード

エクストリームカード 申し込みはこちら

年会費は3,000円+消費税(初年度無料)だが、年間30万円と比較的少額のカード利用で翌年の年会費も無料となる。

月額2万5,000円のカード利用は、食料品の購入にカードを使うだけでもクリアできるレベルだ。 ポイントは1,000円の利用につき10ポイント貯まる。

支払い方法は手数料のかからない1回払い、2回払い、ボーナス1回払いがよい。 このカード最大の魅力は、最大1.50%のポイント高還元を得られること。

Jデポへの移行は1.25%だが、Gポイントに移行する場合は1.50%となる。 2,000ポイントを3,000Gポイントに交換でき、GポイントはJAL・ANAのマイルと交換できるのだ。 (30Gポイント→JAL10マイル、ANA10マイル) 年間30万円のカード利用があれば3,000ポイント貯まり、これはGポイント4,500ポイントに相当し、JALマイル・ANAマイル1,500マイルに交換可能である。

各種保険・サービスは、海外旅行傷害保険(最高2,000万円)と国内旅行傷害保険(最高1,000万円)、カードの盗難・不正使用を防いでくれるカード盗難保険、ネットあんしんサービスが付帯される。

ポイント制度 エクストリームカードポイント
年会費 3,000円+税(初年度無料)
発行日数 1~2週間程度
  年間30万円のカード利用があれば年会費無料となる高還元カードだ。Gポイントに交換する場合の還元率は1.50%と高く、Gポイント30ポイントはJALとANAの10マイルと交換できるのだ。支払い方法は手数料無料の1回・2回・ボーナス1回払いを選ぼう。

ポイント獲得で失敗しないコツ

ポイント有効期限の短いカードだと、うっかり失効なんてミスが起こりやすい。 例えば、Pontaポイントなら最終利用日から1年間が有効期限となる。

カードを何枚も所有している方だと、カードの利用状況の把握が難しくなり、失効リスクも高くなるのである。 ほとんど使わないカードは解約して、よく使うカード1~2枚に絞るのが好ましいのだ。

そして、カードの利用状況・ポイント残高を毎月1回は必ずチェック

するクセをつけよう。 年会費は無料・有料にこだわるのではなく、ポイント獲得分で相殺できるかどうかが大切だ。

年間のカード利用額によって最もお得なカードは変わってくるのだ。 ほとんどカードを使わない方だと無料カードがお得だが、利用額が多い方だと有料カードで年会費以上のポイント還元を受けることも可能だ。

事前に年間のカード利用額のシミュレーションをしなければ、自分にとってお得なカードはわからないのである。

意外と盲点になりやすいポイントは、カードの支払い方法により発生する利息である。 ほとんどのカードは1回払い、2回払い、ボーナス一括払いは手数料(金利)が無料であり、それ以外の支払い方法は有料となるのだ。

特にリボ払いや分割払いを設定している方は注意が必要で、せっかく獲得したポイントが支払い手数料ですべて相殺されていることも多いのだ。

ポイント獲得でお得な気分になっていても、実際は現金払いより損をしているわけだ。 リボ払い・分割払いを選んでいる方は、年間のポイント獲得分と総支払い利息を比較してみよう。

利息が上回っていたら支払い方法を変えなければいけない。 クレジットカードをお得に利用している方は、1回払い、2回払い、ボーナス一括払いを選んでいる。

キャッシング機能は基本的に使わないようにしよう。 クレジット機能との違いは、翌月1回で完済しても利息が発生することだ。

利息は日割りで計算されるので、3日後に返済しても3日分の利息が発生するのだ。 カードローンを所有している方は、クレジットカードのキャッシング機能は付帯しないのが基本である。

クレジットカードはうまく利用すれば確実にお得になるカードだ。 旅行傷害保険、盗難保険などが付帯されており、現金払いより安全なのだ。 カードを紛失すれば悪用されるリスクはあるが、現金よりはそのリスクは低い。

それゆえ、海外ではカード決済が常識化しているが、上手に使わないと浪費が増える点は意識しておこう。

カードで買い物する方は、現金よりも消費は20%程度増えるのが普通である。 現金払いで月10万円の消費をする方だと、カード払いにすると12万円になるのだ。

カードを利用する方は、消費を2割抑えるイメージで使うと現金払いと同程度の出費になるのだ。 2割の消費増しをポイントで相殺できるカードはないのである。 ムダな出費を抑えることを意識してカードを使おう。

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集