クレジットカードの審査に落ちた理由は必ず存在する?

クレジットカード審査基準ガイドTOP > カードの豆知識&ニュース > クレジットカードの審査に落ちたら理由を考える
クレジットカード一覧
    【目 次】
  1. 面倒な客は相手にされないもの
  2. はじめての業者では過度の交渉は避ける
  3. 中小企業勤務は審査で不利になるのか?

何度クレジットカードの審査を受けても落ちる人がいる。この問題の難しいところは、理由を知ることができないことである。業者側から「ブラックリストに登録されているのでご利用できません」などと指摘されればわかるが、審査に落ちる理由について教えてはくれない。

そのため、審査に落ちる理由というのは、自分で想定していくしかない。例えば、過去にクレジットカード業者に損害を与えてはいないだろうか?過去に長期延滞をしたり、自己破産をしたりした方は、これらが原因かもしれない。

それ以外にも「何度も再申し込みをして信用力を低下させた」「業者のスタッフに高圧的な態度をとった」「転職後、勤続年数1年の状態で審査を受けた」なども審査落ちの原因となる。大切なのは、審査に落ちる理由を知ることよりも、審査に通らない原因を消去していくことである。

初歩的な理由としては、年収と希望額が釣り合わないケースが考えられる。希望額は年収の3分の1に抑えておくのが好ましい。年収400万円で希望額を150万円にするのは厳しいので、100万円~120万円くらいに抑えておくといい。

面倒な客は相手にされないもの

クレジットカードの審査にあたり、面倒な客は相手にされないことを知っておこう。一番よくないのは、業者スタッフに対して高圧的な態度をとることである。言葉遣い、態度などに問題があれば、たとえ入会審査をクリアできていても、スタッフの判断で利用不可とされる。

クレジットカード会社の査定スタッフは、人を見る目に長けている。あるクレジットカード会社のスタッフは、「窓口の審査は難易度が高い」というが、これは対面与信も考慮しているからである。「この人は信用できない」と判断すれば、年収がどんなに多くても、他社からの借入額がゼロでも、融資不可とすることがあるそう。

インターネット審査の場合は、少なくとも対面することはない。審査前・審査後には電話連絡があるが、声だけのやり取りなので、業者に伝わる情報は少ない。「窓口に行くと、おどおどするクセがある」という人は実際にいる。こうした人は窓口での契約は避けて、ネット審査で申し込むのが無難である。

ネット審査では、アコムACマスターカードの仮審査がおすすめである。あくまで仮の審査なので、氏名や住所・電話番号を教える必要がない。年収・他社からの借り入れなど、基本情報だけで審査結果がわかり、本審査に進むべきかどうか決めることができる。

はじめての業者では過度の交渉は避ける

はじめて利用する業者の場合、過度の交渉は避けたほうがよい。「もう少し限度額を増やしてほしい」「リボ払いに対応してほしい」「月々の支払い額をもう少し減らしたい」などなど。こうした交渉は、ある程度の信用力があってこそ成立するものである。

はじめて利用する業者に対してこうした話を持ち込めば、それだけで審査不可とされることが多い。交渉を持ちかけるのは悪くはないが、少なくとも契約期間が半年以上になってから行うべきである。そして、その間は期日までにしっかりと支払いをすること。

いちどでも延滞した場合は、さらに半年以上は待ったほうがよい。業者側が顧客を判断するためには、少なくとも半年はかかるのである。業者によっては、1年以上に設定しているところもあるという。半年目で交渉して断られた場合は、さらに半年待ってみること。

交渉の頻度は6ヶ月単位で行うのがよい。ただ、クレジットカードの場合は、一時的な利用枠増額には応じてくれることも多い。この場合、期間限定になるため、通常の枠増額よりは審査に通りやすくなる。

いずれにしても、はじめての業者で無理に交渉をすると、これが原因で審査に通らない可能性があるので注意したい。

中小企業勤務は審査で不利になるのか?

「中小企業勤務なので、審査に通らないのでは?」と考える人は多いが、これに関してはほとんど影響しない。そもそも、大企業勤務や公務員といったエリートは全体的に見て少数である。パート、アルバイト、季節雇用など、収入が不安定な雇用形態の場合は影響するが、会社員の場合は業者規模との関連性は低い。

このような場合は、勤務先ではなく自分に問題があると考えたほうがよい。「携帯端末の支払いを延滞している」「多重債務に陥って、自己破産したことがある」などが原因となることも多い。
いずれにせよ、支払いに延滞するようなことは好ましくないため、ローン・クレジットにかかわらずしっかりと期限までに支払うこと。

現在において延滞している場合は、クレジットカードに申し込む前に延滞を解消するべきである。
延滞を解消したら、6ヶ月程度の期間を空けてから申し込むとよい。どうしても今すぐにクレジットカード契約をしたい方は、アコムACマスターカードなどがいいかもしれない。

仮審査がネット上で行えるため、いきなり本審査に挑むよりも安全である。審査回数にカウントされることもないため、何度仮審査を受けても信用情報に登録されることはない。もちろん、申し込みブラックとも無縁である。

実は、先程紹介したアコムACマスターカードは元ブラックリストや個人信用情報が不安な人が、多く利用しているカードとしても有名だ。審査は柔軟・年会費無料・最短即日発行というメリットがある。

20代、30代に人気のおすすめクレジットカードはこちら

楽天カード

楽天カード

キャンペーン満載でポイント貯まる、年会費無料の人気カード。

リクルートカード

リクルートカード

圧倒的なポイント高還元率クレジットカードがここに誕生!

三井住友カード

三井住友カード

圧倒的知名度と充実機能で、ぜひ持っておきたいクレジットカード。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

永久不滅ポイントの、クレディセゾン発行カード。

アコムマスターカード

アコムマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこのカードからスタートしては?

ライフカード

ライフカード

誕生月はポイント3倍という爆発的ボーナスポイントで人気。

MUFGカードゴールド

MUFGカード ゴールド

低年会費でゴールドカードを手にするならおススメの一枚!

JCB Extage

JCB Extage

29歳以下限定カード。20代のうちに手にしておきたいならコレ!

シティエリート

シティ エリート

22歳から手にできるゴールドカード。海外にも強い!

VIASOカード

VIASOカード

業界トップクラスの高還元率の注目の一枚。ポイント重視はこれ!

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集