結婚でクレジットカードの名義変更が必要!審査手続きはない?

クレジットカード審査基準ガイドTOP > カードの豆知識&ニュース > 結婚でクレジットカードの名義変更が必要!審査手続きはない?

クレジットカード一覧

たとえば結婚によって氏名が旧姓から変わり、新しい姓になった場合には、利用中のクレジットカードは名義変更をしなければならない。

クレジットカードは発行したらそれで終わりではなく、途上与信が行われることから、申込時の登録情報と、状況や個人情報が変わっている場合は、カード会社に届け出なければならないのだ。

この記事では、結婚時のクレジットカードの名義変更について、その概要や手続きの手順を紹介し、結婚後におすすめカード情報や審査、豆知識、名義変更しない場合のデメリットについて詳しく紹介する。

結婚の予定がある場合や、結婚して間もない場合には、ぜひ確認しておいてもらいたい。

結婚時のクレジットカード名義変更

結婚して苗字が変わった場合には、さまざまな変更手続きが必要だ。

たとえばこれまで働いていた女性が結婚退職をし、専業主婦やパート主婦となって、夫の扶養家族に入った場合には、これまでの状況と一変する。

結婚をすると、住所変更や、支払い銀行口座の変更をしなければならない。携帯電話料金や公共料金、各種保険料など、引き落とし口座の変更が必要だ。

また、パスポートや運転免許証、健康保険証などの身分証明書の変更や、住宅ローンやカードローンなど、金融機関や貸金業者からの借金も、名前(名字)に変更があれば情報を更新しなければならない。

このように、結婚をすると、さまざまな変更手続きをする必要があることを理解しておこう。そして、クレジットカードの名義変更を忘れてはいけない。

まずは、クレジットカードの名義変更の基礎知識として、「名義変更はカード規約による義務」「名義変更する時に必要なもの」「事前に準備すべきこと」について見て行こう。

名義変更はカード規約による義務

クレジットカードの審査では、申し込み者本人の情報を元に審査を行っている。

最初に連絡(申し込み)した内容で属性審査を行い、本人確認書類と照合し、個人信用情報機関へ照会するという方法で審査をしているため、申込時の申込者の状況が前提となっているのだ。

その前提が変わる場合に、カード会社に連絡が必要であることは、クレジットカードの会員規約にも書かれているため、必ず守らなければならない。

一定期間が空いてから連絡するのではなく、リアルタイムに自分の情報を報告することが通常だ。 改姓もそうだが、電話番号の変更や勤務先の変更は、報告を忘れる人が多いため、気を付けなければならない。

ちなみに、名義変更の手続きをすると、カード番号が変わったり、有効期限が変わる可能性があるため、注意が必要だ。

名義変更はとても重要

クレジットカードの名義変更を軽く考えている人もいるようだが、名義変更はとても重要である。

名義変更をせずそのまま利用していると、クレジットカードの利用停止となる可能性があるだろう。

クレジットカードはセキュリティがしっかりとしているため、もしも署名欄が旧姓の状態のままであれば、場合によっては不正利用を疑われてしまうかも知れない。

スムーズに買い物ができなくなる可能性があるため、必ず名義変更の手続きはしておこう。名義変更をしないまま利用している場合のリスクについては、不正利用も含め、後ほど詳しく解説する

名義変更する時に必要なものは?

クレジットカードの名義変更する場合には、戸籍謄本や住民票などのコピーを用意して、カード会社に郵送することで手続きができる。

しかし先ほども軽く触れた通り、結婚して名前が変わるとクレジットカード以外のものも名義を変更していかなければならない。

先ほど紹介した内容に付け加えるならば、銀行の印鑑やお店のポイントカードなどもあるだろう。お店のポイントカードはお得に利用していることだろうが、名義変更という意味では面倒であるため旧姓のまま利用している人も多い。

いずれにせよ、さまざまな変更手続きのうちのひとつにクレジットカードが入っているというわけだ。 なるべく変更手続きにかかる時間にゆとりを見て、1ヶ月程度を想定しておこう。

もしも離婚してしまうとまた面倒な変更手続きがあるため注意点として知っておくと良いだろう。

事前に準備すべきことは?

クレジットカードの名義変更を行う場合には、運転免許証の名義変更を最初にしておくことがおすすめだ。

その理由は、クレジットカードだけに限らず、他の手続きもスムーズになるため、結果的にクレジットカードの手続きもスムーズとなるのだ。

運転免許証の名義を最初に変えておけば、クレジットカードの名義変更の際に新しい氏名を証明する確認書類として利用することができる。

もちろん住民票などでも構わないのだが、持ち運びサイズやセキュリティの面からもあまり便利とは言えないだろう。 しかし運転免許証であれば日常的に携帯しているケースが多く、証明書として便利に利用することができる。

名義変更の手順をご紹介

クレジットカードの名義変更をする場合には、どのような手順を踏めば良いのだろうか?クレジットカードの新規登録の必要事項記入よりも複雑なのではないかと思っている人も多いようだが、実はそれほど複雑なものではない。

申請書を利用したり、インターネットを活用して手軽に名義変更が可能だ。

ここでは本人カードの名義を変更する場合と、家族カードの名義を変更する場合を紹介した上で、名義変更をスムーズにするコツについても触れたいと思う。しっかりとフォローアップしておいていただきたい。

本人カードを変更する場合

本人カードの名義変更の場合には大きく分けると二つの方法がある。一つはクレジットカード会社の公式サイトから申請書をダウンロード、印刷し、内容をもれなく記入した上でカード会社へ郵送をすることで手続きが行える。

カード会社に郵送する場合には本人確認書類のコピーも同封しなければならないため、カード会社の指示をよく読んだ上で提出すると良いだろう。

またクレジットカード会社によっては、インターネットで名義変更の手続きを受け付けているところもある。

公式サイトの会員ページにログインをし変更箇所を記入すると良い。 ただし、結婚によって収入が下がった場合には、利用限度額が下げられる可能性があるため、想定しておく必要がある。

場合によっては今まで付帯していたキャッシング枠が利用できなくなる可能性もあるだろう。 ちなみに名義変更は電話では行っていないため、知っておく必要がある。

家族カードを変更する場合

家族カードは、本会員の家族が保有できるクレジットカードで、本会員の信用力に基づいて発行されている。

そのため、審査を受けることなく保有することが可能で、気軽に利用することができる。 ただし、家族カードは名義変更をすることはできないため、気をつけなければならない。

家族カードは本会員と生計を同一にしていることが前提条件となるため、名義を変えることはできないのだ。

結婚して本会員と生計を別にすることになった場合には、家族会員の条件は外れてしまう。

この時に気をつけなければならないことは、今まで家族会員として利用していたクレヒスは、あくまでも本会員のものとなるため、今でどれだけきっちりと支払いや返済をしていても、実績にはならない。

クレヒスが乏しいことから、新たなクレジットカードの発行審査で有利に働かないことを知っておく必要ががあるだろう。

名義変更をスムーズにするコツ

名義変更をスムーズにするコツとしては、銀行口座の名義を確認することと、家族カードを検討することが挙げられる。

銀行口座の名義を確認するというのは、もしも銀行口座の名義とクレジットカードの名義が異なっている場合には、引き落としができない可能性があるため、事前に名義を確認しておいた方が良いだろう。

また旦那さん名義の家族カードを利用するというのも良い方法だ。

クレジットカードの名義変更をした場合、その後の途上与信で利用限度額が下がったりキャッシング枠が外される可能性があるが、家族カードの場合は、旦那さんの信用力で発行されるため、有利な条件でクレジットカードの利用が期待できる。

特に今まで家族カードを利用していて、結婚を機に利用できなくなった場合には、また新たに、今度は旦那さんが本会員の家族カードを発行すると良いだろう。

結婚して間もない場合には、家計管理が疎かになっている可能性があるが、家族カードであれば一つの利用明細で利用履歴が分かるため、家計を管理しやすくなるだろう。

結婚したら持っておきたいクレジットカード4選

家族カードではなく、自分が本会員であるクレジットカードを便利でお得に利用したいという人も多いだろう。

しかし世の中には数多くのクレジットカードが存在するため、一体どれを選べば良いのか分からないという質問も多い。

ここでは、結婚したら持っておきたいクレジットカードとして、「年会費無料の楽天カード」「特典の多いエポスカード」「還元率が高いJCB CARD W plus L」「クレヒスを貯めるならアコムACマスターカード」の4枚をおすすめする。ぜひ、比較検討して、あなたに合った1枚を選んでもらいたい。

年会費無料の楽天カード

楽天カードは年会費永年無料のクレジットカードで、ポイント還元率は1%(100円につき1円分)となっている。

年会費無料のクレジットカードでありながら、還元率1%は高水準である上、海外旅行傷害保険が付帯するのも嬉しいところだ。

利用限度額は最大100万円と、しっかり利用できるため、1枚保有しておきたい人気カードとなっている。

追加可能カードはETCカードと家族カード、付帯機能は楽天Edyと楽天ポイントカードがあり、利用シーンの幅は広い。

特に楽天トラベルでの利用はポイント2倍、楽天市場での利用はポイント3倍となっているため、よりお得に活用することができるだろう。 日頃から楽天市場などをよく利用する楽天ユーザーであれば、とてもお得に活用できるはずだ。

特典の多いエポスカード

エポスカードは年会費無料のクレジットカードで、最短で即日発行が可能だ。急ぎでクレジットカードが欲しいというニーズにも応えてくれる。

エポスカードは、マルイで10%割引の期間があったり、飲食店や温泉、レジャー施設など、全国1万店舗以上で優待特典を受けることができる。

そのため、年会費無料でありながら特典が多いクレジットカードとして知られている。また海外旅行傷害保険がついていたり、不正利用を防止するシステムが付いているなど、安心を得ることも可能だ。

エポスバーチャルカードで気軽にネットショッピングも行えるため、その利便性はとても高い。電子マネーの搭載は不可だが、電子マネーにチャージは可能であるため、活用シーンを広げることができるだろう。

還元率が高いJCB CARD W plus L

JCB CARD W plus Lも年会費無料であるため、持っていて損はない1枚だ。39歳以下の人が年齢条件となっており、インターネット限定で入会を受け付けている。

ポイント還元率は常に2倍となっているため1%の還元を受けることが可能だ。

また、JCB ORIGINAL SERIESパートナー利用により、さらにお得にポイントを貯められる上、Oki Dokiランドを経由してお買い物をすると、ポイントが最大20倍となるため、効率良くポイントを蓄えて行くことができるだろう。

このように充実したポイントサービスがありながら、海外旅行傷害保険と海外ショッピング保険が付帯する。海外旅行傷害保険は最高2,000万円、海外ショッピング保険は最高100万円となっているため、海外での利用も安心だ。

クレヒスを貯めるならアコムACマスターカード

もしもクレヒスを貯めるのであれば、アコムACマスターカードがイチ押しである。

アコムACマスターカードは消費者金融大手であるアコムが発行しているクレジットカードで、消費者金融系ならではの入手性を誇っている。

他のクレジットカード審査に自信がないのであれば、アコムACマスターカードに申し込むと良いだろう。

アコムACマスターカードは最大300万円までクレジット利用ができるほか、カードローンの利用と合わせると最大800万円まで活用することができる。

マスターカード加盟店で便利に使うことができるため、これ1枚あれば決済が楽になるだろう。

また、アコムの自動契約機である「むじんくん」の一部の店舗で、即日カード発行が可能となっているため、急いでいる人にも頼りになるサービスを提供している。是非賢く活用すると良いだろう。

結婚による名義変更に審査はあるの?

ここまで解説したように、結婚も含め、利用者の個人情報に変更が発生した際には、クレジットカード会社に変更届を出す義務がある。

しかし、ここで心配になる人が多いこととして、変更届をすると「改めてクレジットカードの審査が行われるのか?」ということだ。

ここでは「クレジットカードの途上与信」について紹介した上で、「名義変更での審査はあるのか?」「クレジットカードは利用者固有の名義であること」を解説する。

クレジットカードの途上与信

結婚による名義変更で審査が必要かどうかの前に、途上与信について把握しておこう。

途上与信はクレジットカードの利用者が増額申請をしたときや、クレジットカードが発行されてから5年後のカード更新のタイミングで必ず行われる。

基本的にはこれらのタイミングで途上与信が行われるのだが、カード会社によってはこれが以外でも定期的に途上与信をしていることもある。

もしも、カード利用者が申し込み時よりも属性が悪化していたり、信用情報に傷がついているなどの状況となっていれば、限度額の引き下げやキャッシング枠の調整利用停止が強制解約などの可能性が出てくる。

名義変更での審査はある?

このように、クレジットカードを利用している場合には、全ての人が途上与信を想定しておかなければならないが、名義変更自体によってクレジットカードの再審査を行うことはない。

確かにクレジットカードの会員から名義変更の申請があれば、クレジットカード会社は個人情報を最新のものに更新し、信用情報にも登録をする。

しかし、名義変更を行う部署と審査担当者は別であるため、いちいち名義変更の届出ごとに再審査は行なっていない。 つまり、名義変更のタイミングで途上与信をしているわけではないため、名義変更では審査を意識する必要はないだろう。

クレジットカードは利用者固有の名義

もしも結婚後に名義変更をする場合、配偶者に金融事故などがあればどうなるのだろうか?実は、この場合も名義変更とはあまり関係がない。

なぜならクレジットカード会社に名義変更を依頼する場合には配偶者名まで登録しなくて良いからだ。

クレジットカードの登録情報は、あくまでも申込者固有の情報であるため、配偶者とは無関係となる。配偶者がいるかいないか程度の情報は必要となるが、それ以上の情報は不要だ。 途上与信でも配偶者の情報まで参照されないため、配偶者が信用情報ブラックでも悪い影響にはならないだろう。

知っておきたい名義変更の豆知識

名義変更に関する豆知識として、名義が変わると信用情報がリセットされるのかを把握しておこう。

もしも信用情報の履歴がリセットされるのであれば、新たなクレジットカードの申し込みを戦略的に行うことができる。

一体、名義変更で信用情報にどうような影響があるのだろうか?

名義が変わっても信用情報は同じ

実は、クレジットカードは名義を変えたとしても、信用情報の履歴は変わらない。つまり信用情報ブラックになっている人が、「名義を変更すればブラック情報を無視して新たな信用情報で申し込める」ということはないのだ。

たとえば信用情報ブラックとなっている人が、なんとかクレジットカードを保有したいことから、名義変更をして申し込もうとするケースがあるようだが、その方法は全く意味をなさない。

逆に、クレジットヒストリーも利用者固有の情報であるため、実績はそのまま引き継ぐことができるだろう。良いことも悪いこともそのまま引き継がれると思っておくべきだ。

旧姓のまま名義変更しないとどうなるの?

ここまで結婚して名字が変わった場合には、クレジットカードの名義変更しなければならないと紹介してきたが、もしもそのまま名義変更せず、現在保有しているクレジットカードを使い続けると、一体どのようなことになるのだろうか?

実は、名義変更をせずに旧姓のまま利用をし続けると、さまざまなデメリットが想定される。

ここでは数々のデメリットの中から「クレジットカードの更新が行われない」「ショッピングに支障が出る」「海外で困る可能性がある」「引き落としで支払い遅延が起きる」ことについて解説する。

更新が行われない

結婚して変わるのは単純に名前だけではない。

多くの場合住所も変わるだろう。しかし、住所変更を含めたクレジットカードの個人情報を変更しなければ、クレジットカードの更新ができない恐れが発生する。

クレジットカードは4年から5年程度で更新することが一般的だ。更新のタイミングでは新しいクレジットカードが登録住所に送られてきて、古いクレジットカードを破棄し切り替えることになる。

しかし、名義変更をしていなければ旧住所に新カードが送られ、新たなクレジットカードの受け取りに支障が出るだろう。

ショッピングに支障が出る

店頭でクレジットカードを使ってショッピングをする場合にはサインを求められる。

しかしクレジットカードの券面に書かれている名字が旧姓であるにもかかわらず、新しい苗字でサインをしてしまうと、カード利用が止められる可能性が発生する。

状況によっては不正利用を疑われて説明に時間が取られるかもしれない。

メインのカードであれば意識して名義変更していたとしても、サブカードの場合には、ついうっかり旧姓のまま利用しているという人もいるため、必ず保有している全てのクレジットカードの名義を変更する必要がある。

もしも利用しなくなっているクレジットカードがあるのならば、紛らわしくならないように解約しておいた方が無難だ。

海外で困る可能性がある

海外で利用する場合には、さらに困ってしまう可能性がある。日本のお店では店員に説明すれば理解してもらえる可能性があるかもしれないが、言葉が通じない海外では不正利用の疑いを晴らすのに、より時間がかかる可能性がある。

また、海外では身分証明書という意味合いもあるため、たとえばホテルにチェックインする場合にはクレジットカードの提示が求められる。

そのようなケースでクレジットカードの名義が旧姓のままだと、パスポートとの名前の違いから、不審に思われる可能性があるだろう。 ヘタをすればホテルに前金を支払わなければならなかったり、宿泊を断られるケースもあり得るため、軽く考えてはいけないのだ。

引き落としで支払い遅延が起きる

支払遅延の可能性も見逃すことはできない。たとえばクレジットカードの引き落としに利用している銀行口座は名義変更したにも関わらず、クレジットカードの名義変更をしていないケースでは引き落としができなくなってしまう。

引き落としができないとクレジットカードの支払い遅延となってしまい、督促が入ったり、利用停止となったり、対応が遅ければ信用情報に傷がつく可能性もある。

万が一信用情報に傷がついてしまうと、新たなクレジットカードの審査や、各種ローン審査で不利となってしまうだろう。些細なことから大きな悪影響に繋がってしまうため、十分に注意しなければならない。

まとめ

結婚による登録情報も含めて、クレジットカードの個人情報に変更があった場合には、すぐにカード会社に届出をしなければならない。

カード会社は途上与信を行っているが、名義変更の手続きに直結した審査はしていないため、変更手続きに神経質になる必要はないだろう。

ただし、名義変更とは別に、途上与信で利用条件が悪くなる事は考えられる。結婚前と結婚後の属性によって、利用条件は変わることを把握しておこう。

もしも旧姓のまま利用し続けてしまうと、さまざまリスクが発生するため、きっちりと名義変更はしておかなければならない。

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集