ETC専用カード(即日発行)はクレジットカードを作れない方も持てる

クレジットカード審査基準ガイドTOP > 失敗しないETCカード作り方 > ETC専用カードはクレジットカードを作れない方も持てる
個人信用情報の確認方法

ETC専用カードはクレジット契約なしで発行できるカードだ。 一般的なETCカードは単独発行できず、クレジットカード(本カード)に加入して付帯カードとして発行する必要があるのだ。

法人専用ETCカード

法人専用ETCカード 申し込みはこちら

クレジット機能無しのETC専用カードと言えばこれ!

走る曜日や時間帯によってお得な割引制度が魅力 休日や深夜に利用すると30%割引という嬉しい特典 従業員にも安心して持たせれるETCカードの代名詞

それゆえ、クレジットカードを所有できない方は、ETCカードも作ることはできないのだ。 クレジット機能は便利だが、浪費が増えるというデメリットもあるのだ。

カードがあれば現金が手元になくても買い物できるので、気持ちが大きくなって使いすぎてしまうわけだ。

一般的に2割くらい消費が増えると言われているので、浪費が心配な方はクレジット機能なしのカードのほうが安全である。

ネット上では一体型ETCカードに対して、本カードとETCカードに分かれたカード(ETCスルーカード、出光ETCカードなど)をETC専用カードとして紹介することもあるが、本カードの会員が対象となるので、純粋な専用カードではない。

クレジットカード会社発行ではないETCだけのカードには、ETCパーソナルカード、nexcoのETCコーポレートカード、ETC専用カード(法人向け)などがある。

ETCパーソナルカード

高速道路6会社が共同発行するカードで、デポジット(保証金)の預託によりクレジットカード契約ができない方も持つことができる。

クレジットカード付帯カードの場合、職業・収入などで入会資格の有無を判断するが、カードの支払いを遅延している方、ブラックリストに登録されている方などは所有できないのだ。

デポジットとは担保になるもので、最低40,000円の入金が必須となる。 高速道路の平均利用月額を5,000円単位で切り上げた金額×4、もしくは年間の最高利用月額を20,000円単位で切り上げた金額を比較し、高額になるほうがデポジット額となるのだ。

平均利用月額が10,000円未満のケースでは、10,000円として計算されるため、カード入会には最低でも40,000円は用意する必要があるのだ。

遅延額がデポジットの80%超となった場合は、カードの利用停止となるので注意が必要だ。 カードの申し込み方法の順番は、申込書の用意→郵送→デポジットの振込→郵送によるカード受け取りとなる。

申込書の入手方法は、有料道路のインフォメーション(SAなど)、もしくはETCパーソナルカード事務局に連絡して郵送してもらおう。 カード発行はデポジットの入金から2週間程度である。

手元にカードが届いたら、すぐに高速道路のETCレーン通行料金の支払いに利用できる。 なお、デポジットは担保となるものであり、通行料金の支払いに充てることはできないので注意しよう。

ETCパーソナルカードをおすすめしたい方は、クレジットカードを持てない方、もしくはクレジット機能が不要な方、カードの発行スピードにこだわらない方である。

nexcoのETCコーポレートカード

首都・阪神高速ETCコーポレートカード 申し込みはこちら

首都高・阪神高速乗るならコレ!

高速料金が30~50%割引後、さらに最大20%割引特典付き! 首都高と阪神高速を安く利用したいならこのカードで決まり。 クレカに付帯しているETCではここまで安くならない。 ぜひ、手元に1枚確保しておきたい。

東/中/西日本高速道路株式会社(nexco)が発行するETCカードである。 クレジット会社と契約する必要はないので、ETC カードのみ所有したい方に最適である。

大口・多頻度割引(車両単位割引、契約者単位割引)がお得であり、高速道路の利用頻度が多い方ほどETC割引額が大きくなるのだ。

車両単位割引は、車両ごとの月間利用額により割引が決定する。 契約者単位割引は、契約会社の月間利用額により割引が決定する。

時間帯割引の対象にもなり、深夜割引は30%、平日朝夕割引は50%と非常にお得である。 カードの申し込みは、nexco、事業協同組合、高速情報協同組合のWEBサイトから可能である。

カード発行の必要経費は、出資金10,000円(1社)、カード発行手数料617円税込(1枚)、取扱手数料617円税込(1枚)が必要となる。

必要書類は法人の場合は商業登記簿謄本のコピー、個人事業主の場合は所得税確定申告書のコピー、個人事業税納税証明書など。 そのほか、車検証のコピー、ETC車載セットアップ証明書のコピーが必要となる。

支払いは月末締めの翌月20日頃に請求書発行、翌々月8日に口座振替となるため、支払いを実質2ヶ月先延ばしできるのだ。 会社創業当初は資金に余裕がないため、支払いを先延ばしできるメリットは想像以上に大きなものだ。

ETC/JCB法人カード

ETC/JCBカード(法人・個人事業主向け) 申し込みはこちら

海外旅行傷害保険やショッピングカード保険が付帯された多機能ETCカード

年会費無料の頼もしいETCカード 1枚のカードに対して従業員用として複数枚の発行が可能 従業員へもETC専用カードの発行が可能 Oki Dokiランド最大20倍 今ならもれなくJCBギフトカード5,000円分プレゼント

法人ETCカードであり、ETCカード 専用でクレジットカード機能は付帯されない。 ICチップ搭載のICカードなので、セキュリティ性が高く悪用されにくいのもメリットだ。

休日割引30%、深夜割引30%の適用となるため、高速道路をよく利用するなら所有しておいて損はない。 申し込みできるのは法人・個人事業主で、出資金10,000円(1社)、カード発行手数料540円税込(1枚)、取扱手数料540円税込(1枚)が必要となる。

カード発行までの日数は、組合に書類が到着してから10日程度である。 即日発行はされないので早めに申し込んでおこう。 ETC専用 カード申し込みに必要な書類は、法人の場合は商業登記簿謄本のコピー、個人事業主の場合は所得税確定申告書のコピーとなる。

車検証のコピー、ETC車載セットアップ証明書のコピーは、法人・個人事業主ともに必要である。 カードは従業員の車両、レンタカーにも使える。

支払いは月末締めの翌月20日頃に請求書が発行され、翌々月8日に口座振替される。 支払いを実質2ヶ月間先延ばしできるので、資金の流れを健全化させるための準備期間にできる。

ETCマイレージサービスの登録については、組合規定により不可となっている。 ETC専用カードの請求書は利用明細として役立つ。

高速道路の利用状況の把握が容易になり、コストカット、節約意識の向上にも貢献してくれるはずだ。 必要な枚数分の申し込みが可能なので、すべての従業員に持たせることも可能である。

クレジット機能がないので、浪費される心配がないのもメリットである。

おすすめのETCカードを紹介

三井住友カード

三井住友カード申し込みはこちら


三井住友カードは、三井住友フィナンシャルグループの子会社である三井住友カード株式会社が主力とするクレジットカード。日本で最初にVISAカードを発行したこともあり、絶大な信頼と安心感のあるカードとして人気がある。

ガソリン値引き なし
年会費 初年度無料(オンライン入会)
発行日数 最短翌営業日
  ETCを利用すればポイントが貯まるし、会員保証制度の対象ともなる。お届けから60日前までの不正利用を補償してくれるサービスだ。年会費は翌年度から500円+税かかるが、年1回のカード利用で無料となるので実質無料になる。

出光ETCカード

出光カードまいどプラス 申し込みはこちら

ガソリン値引き あり(本カード)
年会費 無料
発行日数 最短3営業日
  出光カードに無料で付帯できるETCカードである。ETCカード自体にはガソリン値引き制度はないが、本カードはガソリン・軽油・灯油の値引き適用となる。本カードは年会費永年無料の出光カードまいどプラスがおすすめだ。

anaカード ETC

anaカード ETC 申し込みはこちら

ガソリン値引き なし
年会費 初年度無料
発行日数 3~4週間
  三井住友VISAカードのETCカードを初年度無料で付帯できる。年会費は初年度無料、翌年度から500円+税だが、年1回のETC利用で無料となる。会員保障制度、ETCマイレージサービスの適用になり、各種時間帯割引も利用できる。

楽天カード

楽天カード 申し込みはこちら

ガソリン値引き なし
年会費 540円(税込)
発行日数 最短3営業日
  楽天ETCカードのメリットは、ETCの利用でも楽天スーパーポイントが貯まることだ。通行料金100円につき1ポイントがもらえるのだ。数百円の少額利用でもポイントが貯まり、ポイントは楽天市場のショッピングに使えるのだ。

セゾン ETC

セゾンカード・インターナショナル 申し込みはこちら

ガソリン値引き なし
年会費 永年無料
発行日数 最短即日
  セゾン ETCカードに申し込むなら、本カードはセゾンカード・インターナショナル、セゾンパール・アメリカンエキスプレスカードがおすすめだ。ネット申し込み+セゾンカウンターでの受け取りにより、本カード・ETCカードの即日発行が可能だ。

ETC法人カード

ETC/JCBカード(法人・個人事業主向け) 申し込みはこちら

ガソリン値引き なし
年会費 540円(税込)
発行日数 10日程度
  クレジット機能のない法人専用ETCカードである。最大30%の料金割引制度があり、利用するほどお得になる。会社の経費管理・節約に貢献してくれるカードであり、必要枚数の申し込みが可能だ。従業員の車両・レンタカーも利用対象である。

シナジーカード ETC

シナジーNICOSカード 申し込みはこちら

ガソリン値引き あり(本カード)
年会費 無料
発行日数 不明
  本カードのシナジーNICOSカードは、カード発行後から1ヶ月間ガソリンが7円引きになるのだ。通常利用においても、月の利用額に応じて1~7円引きとなる。ETCカード発行には1,000円+税がかかるが、年会費は永年無料である。

dcmx ETC

DCMXカード(NTTドコモ) 申し込みはこちら

 

ガソリン値引き なし
年会費 初年度無料
発行日数 審査状況により変わる
  dcmx ETCは、1,000円の利用につきドコモポイント10ポイントがもらえる。さらに会員補償制度、ETCマイレージサービスの適用となるのだ。年会費は翌年度から500円+税だが、カードを1回でも利用すれば無料になる。

ポケットカード ETC

P-oneカード<Standard>申し込みはこちら

ガソリン値引き なし
年会費 1,000円+税
発行日数 1週間程度
  ETCの利用でもポケットポイントが貯まるのがメリットだ。本カードのP-oneカード(Standard)は、カード請求時に1%自動割引となる特典付きである。公共料金も1%割引となり、さらに年会費無料である。

アプラス ETC

アプラスカード 申し込みはこちら

ガソリン値引き なし
年会費 無料
発行日数 審査状況により変わる
  ETCカードの発行には1,080円(税込)かかるが、年会費は無料である。本カードであるアプラスカードには、年間最高300万円のショッピング補償が付帯される。さらに最大0.75%の還元率となるポイントプログラムも用意されている。
  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集