楽天カードの審査基準とは?

クレジットカード審査基準ガイドTOP > 特別企画 クレジットカード別の審査難易度  > 楽天カードの審査難易度とは?

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

    【目 次】
  1. 楽天クレジットカードの審査の流れは
  2. 楽天クレジットカードの審査の疑問点
  3. 楽天クレジットカードの審査に落ちた理由とは?
  4. 楽天カードは取得した後が大変なカード?

楽天市場でショッピングするなら、高還元率の楽天カードを使いたい。一般カードなら年会費無料なので、ポイント還元の旨味だけを味わえる。

しかし、楽天カードを手に入れるには当然、入会審査をクリアしなくてはならない。

「楽天カードって一体何を審査するの?」「審査過程で電話はかかってくる?」「身分証明書は必要?」など、審査について疑問に思う方は多いだろう。

ここでは楽天カードの審査の流れや、審査に通るためのポイントについて紹介する。

申し込み条件

楽天カード(一般カード)、18歳以上の学生(高校生不可)や専業主婦でも申し込みできる、敷居の低いクレジットカードだ。収入などの条件がなく、未成年や専業主婦でも、家族カードではなく本人名義のクレジットカードを持つことができる。

ただし、未成年は保護者の同意が必要だ。 ゴールドカードは20歳以上で安定収入があることが申込条件となるが、それ以外の条件は特に設定されておらず、「空港ラウンジサービス付の審査に通りやすいゴールドカード」として知られている。

一般カードもゴールドカードも、審査時に書類提出する必要なく、スピード発行可能である。

申込フォームに記入する内容

カード申込では以下の個人情報を入力する。

分からないことがあれば、事前に調べておこう。勤務先の情報については、勤務している場合のみ入力が必要となる。

申込人の名前、性別、生年月日、電話番号(自宅または携帯)、メールアドレス、住所、家族について、世帯人数、居住状況、居住年数、住宅ローンもしくは家賃の支払い(支払いの有無)、勤務先・学校について(勤務の有無)、預貯金額、カードの利用目的、他社からの借入金額、年収、勤務先の情報(勤務先名、住所、電話番号、勤続年数、職種、職業、業種)、世帯年収、自動車免許の有無(ある場合は運転免許証番号)

本人確認の方法

楽天カードの本人確認は、基本的にカード受取時となる。審査の段階で、自宅や勤務先に電話をかけることはほとんどない。

ただし、入力項目に間違いがあると思われた場合など、内容確認のために電話がかかってくることもある。

住所が間違っていたら、審査に通過しても楽天カードを受け取ることができない。

記入した住所が実在している場合には、他の人にカードが届いてしまう。そのようなトラブルを防ぐために、必要に応じて電話確認する。

また、信用情報を照会した時に、今回申請した勤務先情報と、他のカード会社に登録されている情報が異なる場合なども、電話確認を行うことがある。

個人情報の変更をカード会社に伝えない方は多いと思うが、信用情報と申込内容に齟齬があると、他のクレジット・ローン審査でも疑問を持たれやすいので注意が必要だ。

その他にも、信用情報が真白な状態など、慎重な審査を要する時には電話確認が行われる。電話確認というと不安に思われるかもしれないが、確認時間は数分だ。

担当者の個人名で電話をかけるので、他の人が電話に出ても、楽天カードの審査であるとは分からない。勤務先への電話も基本的にはない。

なお、未成年の場合には、保護者の確認を取ることが必須条件となっているので、保護者宛てに電話がある。

保護者に何も言わずに申し込んでしまうと、電話を受けた保護者が困惑してしまうので事前に相談しておこう。 カード受取時の本人確認には、運転免許証・健康保険証・パスポート・在留カード・年金手帳等の本人確認書類が必要だ。

本人確認の方法は、配送担当者に書類を提示して、担当者が書類内容を端末に登録する。 ここで注意したいのは、本人確認書類の住所と現住所が異なる場合、あるいは申込フォームに入力した住所と左記の住所が異なる場合だ。

その場合、カードを受け取ることはできず、楽天コンタクトセンターに相談する必要がある。 ちなみに、配送方法が日本郵便の「簡易書留」であれば、家族が書類を受け取ることができるが、日本郵便の「本人限定受取郵便」、佐川急便の「受取人確認配達サービス」では、本人以外受け取ることはできない。

どの配送方法で届くかは、申込完了メールに記載されている。配送方法を指定することはできない。

審査時間

楽天カードの審査は、コンピューターによるスコアリング審査と人の手による審査の二段構えだ。

コンピューターは瞬時に合否判定を行うが、担当者による個別の審査で時間がかかる可能性がある。

審査回答までの時間は、数分で回答が来たという方もいれば、1週間程度かかった方もいる。

楽天カードコンタクトセンターの営業時間は平日9:30~17:30であり、審査回答も同時間帯に行われる。土日祝日に申し込んだ場合には、翌営業日の9:30から申込受付を開始するので、回答まで時間を要する。

それでも多くの場合、申込当日か翌営業日に回答が来るが、新規入会キャンペーンのポイントが高い時など、時期によって混雑する場合もある。

また、申込情報に不安点があり、慎重に審査している場合もある。 審査回答がなかなか来ないからといって、他のクレジットカードに申し込むと、審査落ちの可能性を高めてしまう。

カード会社側にとって、多重申し込みは避けたいリスクの1つである。ちなみに、ブランドはVISA・MasterCard・JCBカードから選べるが(ハウスカードはない)、ブランドが審査基準や審査時間に影響を与えることはない。

カード受取までにかかる時間

楽天カードの発行スピードは早く、審査に通過したらすぐにカードが発送される。到着日の目安は、申込日から1週間程度だ。

ETCカードを同時申込みした場合、カード会社が本カードの到着を確認した後で、ETCカードを別途発送する。 家族カードは本カードと同梱されるが、申込状況によって別送となる。

審査に通過すると、カード発行のお知らせメールが届くので、その案内に従って、配達状況を確認できる。お知らせメールが届けば「楽天e-Navi」にログインできる状態なので、カードが届く前に利用明細や支払い方法の設定等を行っておこう。

楽天クレジットカードの審査の疑問点

楽天カードは利用者が多い分、口コミも多い。「無職でも申し込めるって聞いたけど本当?」「自動リボ払いに登録しないと不利になる?」など、口コミを聞いて疑問に思ったこともあるだろう。

ここでは、楽天カードの主な疑問点についてまとめてみた。

楽天銀行口座がなくても申し込める?

楽天クレジットカードには、楽天カード、楽天銀行カード、楽天ビジネスカードなど、多彩な種類がある。

このうち楽天銀行の口座開設が必要なのは、楽天銀行カードである。

楽天銀行カードは、楽天銀行キャッシュカードに楽天カードのサービスが付帯しているカードであり、クレジットカードとして使用する時は、楽天カードと同じポイント還元率が適用される。

楽天銀行を利用すると、他の楽天銀行口座への振込手数料が無料になる、楽天スーパーポイントが貯まりやすいなどのメリットがある。

楽天カードを使用している途中で、楽天銀行カードに変更することは可能だが、その場合は事前に楽天銀行口座を開設しておく必要がある。

楽天銀行には都度払い制のデビットカードもあるので、クレジットカードの審査に落ちてしまった方は、審査なしのデビットカードに申し込むのもありだろう。

もちろん口座開設は無料でできる。 なお、楽天グループのカードは複数所有することはできない。楽天カード入会後に楽天銀行カードを発行したいと思ったら、「楽天e-NAVI」でカードを切り替える必要がある。

無職でも申し込める?

「楽天カードは審査が甘く、無職でも審査に通る」という言い方をされることもある。

しかし、その多くは年収の低いアルバイトや個人事業主などを「無職」としているケースが多く、本当の無職ではない。

ただし、無職でも条件によっては審査に通る場合もある。たとえば、「失職して一時的に無職の状態だけど、資産があるのでクレジットカードの支払いには困らない」という方がそうである。

楽天カードでは、無職でも預貯金額が100万円以上あれば審査に通過する可能性がある。預貯金額は多いほど審査で有利になり、300万円以上だと審査に通過する可能性は高い。

しかし、収入も預貯金も一切なく、年金受給などもない場合には、楽天カードの審査に通ることは難しい。

収入が低くても何かしらの職業に就いている方が審査に通りやすいので、無職であれば派遣会社に登録するのもありだろう。

楽天カードは基本的に在籍確認を行わないので、派遣会社を勤務先として申告しても、派遣元に電話がかかってくることはない。

自動リボ払いに登録した方がいい?

自動リボ払いを選択すると、楽天カードの利益になる顧客と判断されて、審査に通りやすくなるという口コミもある。

確かに十分な返済能力のある方が自動リボ払いを選択すれば、遅延の心配はなく、毎月リボ払い手数料(年15.0%)を支払ってくれるので、楽天カードからの印象は良くなるかもしれない。

ただし、他のクレジットカードのリボ払い残高が多い方は、楽天カードもリボ払いにしてしまうと、返済能力に疑問を持たれるという指摘もある。

口コミの真偽のほどは定かではないので、リボ払いに抵抗のある方は無理に選択する必要はない。

自動リボ払いに登録すると、楽天スーパーポイントを獲得できるので、ポイント目的で入会する方は登録した方がよいだろう。

ただし、ポイント以上の利息を支払うようになると、お得とは言い切れない。

もちろん、審査通過後に支払い方法を一括払いに変更することはできるので、ポイントだけ貰うことも可能である。

楽天市場の会員ランクは影響する?

楽天市場の会員ランクが高いほど、楽天カードの審査に通りやすいという口コミもある。

これも真偽のほどは確かではないが、会員ランクが高いということは、それだけ購買意欲があり、返済能力も高いと推測できる。

楽天カードはもともと発行しやすいカードであり、楽天市場の利用の有無に関わらず、一定の返済能力があれば審査に通過する。

そのため会員ランクについては、さほど気にする必要はないと思われる。 なお、楽天カードを発行するのは「楽天カード株式会社」であり、楽天市場を運営するのは「楽天株式会社」である。

グループ企業だが別会社であり、各社の社内情報をグループ間でどの程度共有しているか、楽天カード株式会社が楽天市場での購入履歴まで把握しているかどうかは不明である。

ちなみに、楽天会員以外でも楽天カードに申し込めるが、楽天カードのポイントは楽天IDに付与されるので、楽天会員にならないとポイントは使えない。

申し込みページに「まだ楽天カード会員でない方」という表記があるように、楽天会員であることを前提としている。

審査状況・配送状況を確認するには?

申し込みが完了すると、完了画面に「カード申し込み受付ID」が表示される。公式サイトのトップページにある「楽天カードの発行状況を確認する」ページで、そちらのIDを使用すると、現在の審査状況・カード発行状況を確認できる。

「お申し込み受付のお知らせ」メールが届くので、そちらから照会画面に行くこともできる。

楽天クレジットカードの審査に落ちた理由とは?

審査に通りやすいと紹介してきた楽天カードだが、残念ながら審査落ちしてしまう方もいる。

楽天カードに問い合わせても審査落ちの理由は教えてくれないが、審査落ちの理由としては、申込者の基本情報に不安がある、または信用情報の内容に問題があることが考えられる。

信用情報とは、「個人信用情報機関」に登録されている消費者のクレジット・ローン履歴のことであり、他のクレジットカードの利用履歴なども閲覧できる。

主な個人信用情報機関は「日本信用情報機構」「全国銀行個人信用情報センター」「株式会社シー・アイ・シー」の3社である。 楽天カードは前2社に加盟しているが、日本信用情報機構はシー・アイ・シーと一部情報(契約内容等)を共有しており、シー・アイ・シーの情報も一部照会することができる。

延滞情報など、金融事故に関する情報は3社間で共有されている。

基本情報が不安定

審査落ちの原因として考えられるのは、まず申込者の返済能力が不安定であることだ。

無職じゃなくても収入が少なく、離職率の高い職業に就いている場合や、勤続年数が短い場合などは、安定した収入があると見なされにくい。

その他にも、持ち家ではなくアパートや賃貸で一人暮らしをしている、固定電話がなく携帯電話以外に連絡手段がないなど、複数の不安定要因が重なると、審査落ちの理由となる。

なお、勤務先の電話番号に携帯電話は使用できない。 基本属性が不安定な場合、楽天カードと審査基準が同等か、それよりも低いクレジットカードに申し込んだ方がいいだろう。

楽天カードと審査難易度があまり変わらないクレジットカードには、イオンカード、イオンカードWAON、ライフカード等がある。

これらの信販系・流通系クレジットカードよりも一段と審査基準が低いのは、消費者金融のアコムACマスターカードだ。

ACマスターカードは、金融事故後の「喪明けの一枚」としても使われており、それだけ審査に通りやすいカードと言える。

注意したいのは、審査難易度を無視して闇雲に申し込むと、審査に通らないばかりか「申し込みブラック」になる可能性があることだ。

申し込みブラックとは、信用情報に申込履歴が多数付くことであり、一般的に1ヶ月に3社以上申し込むと「申し込みブラック」になると言われている。

申込回数が多いと、それだけで経済状況が悪いと見なされて、審査落ちの原因となる。 もしも楽天カードの申し込み前に、複数のクレジットカードに申込手続きをした方は、それが原因で審査に落ちた可能性もある。

申込履歴は6ヶ月経過すると削除されるので、「もしかしたら申し込みブラックかも」と思われる方は、6ヵ月間はどこにも申し込まない方がよいだろう。

遅延・延滞履歴がある

小見出し② 個人信用情報に金融事故の記録がある方は、審査に通ることは難しい。金融事故とは、「延滞」「債務整理」「強制解約」「代位弁済」のことである。

「延滞」とは、主に61日以上または3ヶ月以上の長期間に渡る遅延のことだ。 クレジットカードだけじゃなく、携帯電話(スマホ)料金の滞納も、金融事故として登録される場合がある。

携帯電話の支払いでは、月々の利用料金に電話本体の割賦金が含まれているケースがある。その場合、月々の支払いに遅れると、本体代金のローンを滞納したことになる。

楽天カードは申込審査だけじゃなく、途上与信やカード更新、増枠審査の際にも信用情報をチェックする。楽天カードは審査に通りやすい一方、信用情報に問題が発生すると容赦なく解約、あるいは利用可能枠を減少する傾向にある。

詳しくは後述するが、審査に通過した後も、支払い遅延・延滞には気を付けたい。

クレジットカード件数に注意

カード利用履歴に問題がなくても、クレジットカードを何枚も保有していると、それ自体がネガティブ情報になる可能性がある。

2、3枚であれば問題ないが、10枚以上発行している方もいるだろう。

クレジットカードはそれぞれ利用限度額が設定されており、その総額を計算すると、所得の低い方でも100万円を超えているケースは少なくない。

カード枚数が問題になるのは、カード会社が「もしもすべてのクレジットカードを使用されたら、申込人の返済能力を超えてしまうのではないか」と考えるためだ。

返済不能時に自社のカードが使われていたら、未払い金を回収できなくなる可能性がある。

特に与信枠の上限まで達している方、リボ払いの未払い残高が多い方は、カード会社に警戒される。キャッシング枠を使用しており、多重債務に陥っている方も同様だ。

なお、楽天カードの申込時にキャッシング枠を希望できるが、不要であればキャッシング枠は0にした方がいいだろう。キャッシングはカードローンと同じく、現金を借り入れできるサービスだ。

リボ払いは商品代金の支払日より利息が生じるが、キャッシングは借入日の翌日から利息が発生する。現金はショッピング以外でも使えるので、うっかり多用して債務整理一直線というケースも多い。

また、キャッシング枠を希望すると、ショッピング枠だけの時よりも審査項目が増えてしまい、審査難易度も上がってしまう。クレジットカードの審査対策として「キャッシング枠は希望しない」ということが一つの定説となっている。

スーパーホワイト

信用情報に傷がないのに審査に落ちる理由として、スーパーホワイトがある。スーパーホワイトは、信用情報がきれいすぎる状態である。

「クレジットカードを全然使用していないのに審査に落ちた」という方は、そのために審査に落ちた可能性がある。

「単に不要なのでクレジットカードを使用してこなかった」という方も多いと思うが、中には金融事故を起こして、数年間クレジット・ローン取引できなかった方もいる。

信用情報には登録期間があり、一定期間を過ぎると登録情報は削除される。金融事故を起こすと、最長5年(一部10年)信用情報に登録されるが、その期間は信用取引が全般的に行われないケースが多い。

事故情報が削除された時には、本人に関する個人情報が一切登録されていない状態となる。 10代や20代であれば、信用情報にクレジットヒストリーが一切ないというケースは珍しくないが、より高い年齢層になると、クレジットカードをまったく使用しない方が珍しい。

「もしかしたら過去に金融事故を起こしたのでは?」とカード会社は考えて、審査に落とす場合もある。 金融事故者でないのに審査に落とされてしまった方にとっては不運だが、カード会社にとって、クレヒスは申込者の返済能力を判断するための重要な指標だ。

スーパーホワイトが理由でクレジット・ローン審査に通りにくくなっている方は、前述したACマスターカードなどで利用実績を積んだ方がよいかもしれない。

楽天カードは取得した後が大変なカード?

「楽天カード」あれだけCMやポイント還元さらに利用者数No1などと謳っていれば、その存在を知らない人はいないだろう。

私も楽天市場を頻繁に利用するため、サブカードの1枚として楽天カードを所有している。楽天ならではのポイント還元が非常に魅力的なのは事実だ。

私事で恐縮だが、先日、家族と近所のTOHOシネマへ映画を見に行った際、チケットのネット予約時に楽天会員用のIDが使えるようになったため、楽天スーパーポイントの利用が可能だった。このように楽天カードは非常に使い勝手の良いカードだ。

しかし、楽天カードは取得した後の審査が厳しいのはご存知だろうか?まず、以下を見て欲しい。これは、私の信用情報開示報告書(CIC)だ。

利用記録に楽天カードとあり、利用目的に途上与信と記載されているのがわかるだろうか。

これは、どういう意味かと言うと楽天カードの取得後、他社でキャッシングなどの新たな借入れが発生していなか?や返済状況さらにカードの利用状況を審査(途上与信)している。

目的は、過剰与信の防止や延滞や滞納などを未然に防止するために利用されており、カード発行後の中間審査的な位置付けだと言えるだろう。

つまり、裏を返すといつでも利用限度額を引き下げたり、場合によってはカードの召し上げ(強制解約)になることも十二分に想定される。

私は、月に1度のペースで自身の信用情報を開示しており特に楽天カードの場合は、途上与信を月1ペースで実施している傾向にある。

従って、クレジットカードを取得していても、その利用状況によっては、いつでも解約される可能性が高いので、注意して欲しい。また、勤務先や連絡先の変更を怠ってしまうと利用停止になる可能性も高い。併せて気を付けて欲しい。

さて、楽天カードの審査に関して言うと難易度は低い部類に入ると言える。しかし、前述の通り、取得できたとしても、いつ召し上げ(強制解約)られるか?わからない側面もあるので気を抜かないで欲しい。

実際、2009年頃は、大学卒業後は一度も就職せずに何とかバイトで食いつなぎつつも、無職の状態で申し込んだところ、本人確認の連絡もなくカード発行された人も存在した。

おそらく、利用者獲得のために、通常だと「カード発行されることが難しい人」にまで幅を広げたのだろう。

事実、私が楽天カードを申し込んだ際は、ネット申込み後8時間後の午前中には「カードの発行手続きが完了」したというメールが届き、勤務先への在籍確認もなく、1週間以内には手元に届いたことを記憶している。

しかし、現在では利用者の選別が非常に厳しく、延滞を繰り返していると有無を言わさず利用停止となるため注意して欲しい。

なお、私の知人も楽天カードを所持していたが、1度延滞しただけで、利用停止となってしまった。これは、JCBカードの場合も同様の措置を取ることで有名だ。

従って、楽天カードは、入会しやすいクレジットカードではあるが、次のカードが更新されるまでの期間は気を緩めることができないカードの一つである。

楽天カードの審査に自信が無い人にお勧めの1枚

ACマスターカード

  • 少なくても良いので収入さえあれば問題無し!

それでは、転職を控えたほうがいいのでしょうか?

前述の通り、楽天カードの場合は、カード発行後の中間審査(途上与信)が厳しく、利用者の選別を行っている関係上、転職などで属性が変化した場合、利用停止や強制解約になる場合もある。そこで、転職をためらう人も存在するのも事実だ。

しかし、楽天カードに限らずクレジットカードを使っていると、転職せずとも、月の支払いをきっちりこなし、通常のカード利用でも利用停止になることも十分ある。

私見となるが、楽天カードの強制解約は、ある意味「交通事故」に似ているのではないかと思う。普通に生活しており、普段通り会社や学校へ行く途中、交通事故に巻き込まれる可能性は誰にでもある。しかし、一度も交通事故に遭わない人がほとんどだろう。

実際、ネットの各種書き込みを見ていると、強制解約になった人たちがいるのも事実だろう。

CMによると8秒に1枚発行されるということは、1分で7枚⇒1時間で420枚⇒1日で10,080枚発行されている計算になる。

つまり、1日で10,000枚も発行されていれば、その内の何%か交通事故的な強制解約もあり得るだろう。

従って、気にせず転職を行って欲しい。それよりも審査で重要になってくるポイントとしては、企業規模や勤務形態(正社員orバイト)の方がはるかに重要だ。

審査基準で重要となる勤務先の規模や職業は こちらのページ
また、雇用形態については、 こちらのページで解説している。併せて参考にして欲しい。

カード名 年会費 特徴
楽天カード 無料 新規入会、1回利用で5,000円相当のポイントプレゼント
楽天ゴールドカード 2,160円(税込み) 新規入会、1回利用で9,000円相当のポイントプレゼント
楽天ANAマイレージクラブカード 540円(税込み) 新規入会、1回利用で5,000円相当のポイントプレゼント
楽天銀行 VISAデビットカード 無料 000円ごとに1ポイントプレゼント
楽天銀行 JCBデビットカード 無料 000円ごとに1ポイントプレゼント

20代、30代に人気のおすすめクレジットカードはこちら

楽天カード

楽天カード

キャンペーン満載でポイント貯まる、年会費無料の人気カード。

リクルートカード

リクルートカード

圧倒的なポイント高還元率クレジットカードがここに誕生!

三井住友カード

三井住友カード

圧倒的知名度と充実機能で、ぜひ持っておきたいクレジットカード。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

永久不滅ポイントの、クレディセゾン発行カード。

アコムマスターカード

アコムマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこのカードからスタートしては?

ライフカード

ライフカード

誕生月はポイント3倍という爆発的ボーナスポイントで人気。

MUFGカードゴールド

MUFGカード ゴールド

低年会費でゴールドカードを手にするならおススメの一枚!

JCB Extage

JCB Extage

29歳以下限定カード。20代のうちに手にしておきたいならコレ!

シティエリート

シティ エリート

22歳から手にできるゴールドカード。海外にも強い!

VIASOカード

VIASOカード

業界トップクラスの高還元率の注目の一枚。ポイント重視はこれ!

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集