P-one Business MasterCardなら法人経営者でもキャッシング可能!

クレジットカード審査基準ガイドTOP > クレジットカード一覧 > P-one Business MasterCardなら法人経営者でもキャッシング可能!
クレジットカード一覧

当サイトで人気がある、20〜30代の皆さんにおすすめのクレジットカードを紹介。各カードをじっくり検討しながら、自分のスタイルにあったカードを選ぼう。

P-one Business MasterCard

P-one Business MasterCard
申し込みはこちら

P-one Business MasterCardは、ポケットカード株式会社が発行している、法人代表者・個人事業主向けの法人カードだ。

一般的に法人カードには様々なビジネスサービスが付帯しており、年会費も有料であるが、本カードはビジネスサービスが付帯せず、年会費は実質無料だ。

経費処理をスムーズにするために法人カードが必要で、ビジネスサービスは特に要らないという方におすすめだ。

ビジネスカードの中にはポイントが貯まらないタイプもあるが、本カードはポケット・ポイントが貯まるので、経費の支払いが多いほどお得である。

ETCカードでもポケット・ポイントが貯まるので、営業などで有料道路を使う機会の多い方に向いている。また、法人代表者でもキャッシング枠を設定できる数少ないカードでもある。

ここではP-one Business MasterCardのメリット・デメリットについて紹介するので、法人カード選びの参考にして欲しい。

年会費実質無料のゴールドカード

本カードは初年度無料であり、1年に1回以上カード利用があれば、翌年度も年会費無料になる。毎年同じ条件で無料になるので、使用し続けている限り永年無料だ。

条件を満たさない場合、年会費2,000円(税別)が発生するので、不要になった場合は解約手続きを忘れないようにしよう。

ちなみに年会費無料の法人カードにはライフカードビジネスなどもあるが、ライフカードビジネスは一般カードが無料であり、ゴールドだと翌年度より2,000円(税抜)の年会費がかかる。

法人のゴールドカードで年会費無料がいいという方には本カードがおすすめだ。 ただし、ライフカードゴールドには旅行保険が付帯するが、本カードにはない。

旅行保険が欲しいが年会費を抑えたいという方には、年会費1,250円(税別)のJCB法人カード(一般カード)もおすすめだ。法人カード審査ではいずれも審査基準が低めなので、新規法人でも加入しやすい。

追加カードの年会費無料

従業員の経費支払いをカード払いにすれば、経費処理もスムーズだ。従業員1人につき1枚、計5枚カード発行できる。

発行手数料・年会費は無料だ。法人代表者であれば、ネットカウンターで利用明細を確認できる。 ただし、

従業員カードは「P-oneモール」や「カーライフホッとライン」などの諸サービスを使用することはできず、単純にクレジット機能のみのカードとなる(ポイントは貯まる)。

支払方法もショッピング1回払いのみとなり、キャッシングは利用できない(「あとリボくん」でリボ払いに変更することはできる)。

ポイントは代表者カードの方に合算されるが、通販サイトで備品などを購入する際は、「P-oneモール」等会員サービスを利用できる代表者カードで購入した方がよいだろう。

ETCカードでもポイントが貯まる

ポケットカード株式会社は、独自のETCカードを発行している。法人ETCカードの多くは「ETCマイレージサービス」のポイントしか貯まらないが、ポケットカードのETCカードはクレジットカードと同様に利用金額に応じてポイントが貯まる。

発行手数料と更新手数料がそれぞれ1,000円(税抜)かかるが、有料道路の利用金額が多い場合、それだけポイントが貯まるのでお得である。

法人ETCカード比較の中でも、営業などで車を走らせる法人向けのETCカードだ。

ちなみにポケットカードのETCカードは、ポケットカード会員のみの発行となる(従業員用のETCカードも発行可能)。

もしもETCカードだけ欲しいという場合も、P-one Business MasterCardなら年会費が実質無料なので同時発行して損はない。

もちろん「ETCマイレージサービス」に登録すれば、そちらのポイントも別途貯まる。ポケット・ポイントは商品券などに交換可能なポイントだが、ETCマイレージは無料通行分と交換できるポイントだ。

平日朝夕割引、深夜割引、休日割引などのETC割引も適用されるので、コスト削減のためにも活用したい。ETCカード利用分は、クレジットカードの利用分と合算して請求されるので、経費処理も簡単だ。

ポケットポイント常時2倍!

ポケットカードは通常、毎月のカード利用金額1,000円(税込)毎に1ポイント付与されるが、P-one Business MasterCardは1,000円毎に2ポイント付与される。

月額利用料金で計算するので、1回の利用金額が1,000円以下でも蓄積されてポイントが貯まる。 ポケット・ポイントは、カードの種類や交換するアイテムによって還元率が異なる。

本カードの場合、基本的に1ポイント=3円、300ポイント以上で交換できる。ポイント2倍なので還元率は0.6%だ。

カード会員専用のショッピングモール「P-oneモール」を活用すれば、通常のポイントに加えてショップ毎に設定されたボーナスポイントも加算される。

ヤフージャパンやニッセン、DHCなど幅広いショップが登録されており、ポイント付与率は最大30倍になる。

ポイントはキャッシュバックできる

ポイントは、商品券、お食事券、Tポイントなどに交換できる。
たとえば、

  • 250ポイントでファミリーマートお買い物券1,000円分
  • 330ポイントでAmazonギフト券1,000円分
  • 980ポイントでジェフグルメカード3,000円分
  • 1,000ポイントでVJAギフトカード3,000円分

など。

300ポイント以上100ポイント単位で、銀行口座(クレジットカードの引落し口座や楽天銀行)にキャッシュバックすることも可能だ。

寄付であれば1ポイント=5円として換算される。 ポイントの有効期限は約1~2年。当年5月1日~翌年4月1日までに獲得したポイントが、翌々年4月10日まで有効となる。

ショッピング枠・キャッシング枠最高300万円

P-one Business MasterCardのショッピング枠は最高300万円、キャッシング枠も最高300万円と高額だ。

通常、法人経営者のビジネスカードにはキャッシング枠は付帯しない。しかし、本カードは法人経営者でもキャッシング枠を設定し、事業目的に使用することができる。

クレジットカードのキャッシングは、限度額の範囲内で繰り返し利用できるので、借りる度に一々契約し直す必要はない。

必要になった時だけ臨機応変に借入でき、一括返済も可能である。金利は年12.00%~17.95%。

銀行は融資までに時間がかかるが、クレジットカードなら契約しておけばいつでも借入可能である。

法人にとっては融資先を複数用意しておくことも大切だ。今はお金を借りる必要がなくても、万が一に備えて持っておきたいカードである。

もちろん担保・保証人は不要。 従業員カードはショッピング枠のみとなる。従業員カードの利用があれば、代表者カードのショッピング枠から差し引かれる。

そのため、従業員カードの利用可能枠の合計は、代表者カードの利用可能枠の範囲内となる。

300万円のショッピング保険付帯

ゴールドカードには旅行保険が付帯することが一般的だが、P-one Business MasterCardは海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険は付帯しない。

しかし、年間300万円のショッピング保険(購入商品安心保険)が付帯しており、カードで購入した商品が偶発的な事故によって損傷した場合、1事故につき3,000円の免責で損害が補償される。

高額の品物だと盗難が心配であるが、盗難被害にも適用される。補償期間は商品購入から90日間。クレジットカードを第三者に不正利用されてしまった場合も、紛失・盗難保険によって被害を最小限に抑えられる。

カーライフホッとライン(オプション)

タイヤがパンクして立ち往生してしまった、車内に鍵を入れたままロックしてしまったなど、何かしらの理由で自力走行不可能になった時、「カーライフホッとライン」(年会費税抜700円)に登録しておくと適切なサポートを受けられる。

24時間年中無休で対応しており、電話1本で修理またはレッカー移動に駆けつける。

その場で復旧できる軽作業(30分以下の作業が目安)であれば無料、レッカー移動は20kmまで無料で牽引してくれる。

自宅から直線距離で100km以上離れている場合は、帰宅費用や宿泊費用、搬送費用を一定額負担してくれるので、経済的にも助かる。

カード会員だけじゃなく同居家族の車のトラブルにも対応できるので、1人加入者がいれば安心だ。

ポケット・サポート・サービス(オプション)

車だけじゃなく生活全般のトラブルに対応できるサービスが欲しいという方には、「ポケット・サポート・サービス」(年会費税抜1,800円)がおすすめだ。

「カーライフサポートサービス」「ハウスサポートサービス」「ライフサポートサービス」という3つのサービスで構成されており、車のトラブルだけじゃなく、水周りの応急処置や玄関の鍵開け、健康・医療・介護に関する電話相談、病院・医師に関する情報提供なども行える。

生活上のトラブルが発生した時、どこに相談すればいいのか分からないと、調べるのに一々手間がかかってしまう。

しかし、「ポケット・サポート・サービス」に加入していれば、電話1本で適切なサービス、情報提供が行われるので安心だ。

会員限定の優待割引

「ポケットカードトラベルセンター」で国内・海外旅行のパッケージツアーを予約すると、最大8%引きになる。

自分だけじゃなく同行者も優待価格になるので、団体で旅行・出張する場合もお得だ。

また、「海外おみやげ宅配サービス」では、海外の有名なおみやげを出発前にカタログで申し込める。

渡航先でおみやげを購入する時間・手間を省けるし、通常価格よりも10%オフとなるので、現地で購入するよりお得である。

その他にも、提携先のレンタカー会社を利用する際に5%オフとなる。

海外サポートサービスなら日本語対応

海外のホテルで予約をする時や、イベントのチケットを入手したいという時、言葉が通じないと受付できず困ってしまうが、「海外サポートサービス」に電話すれば日本語のオペレーターが対応し、代わりに手配してくれる。

医師・病院の手続きや、海外ATMの利用方法が分からない場合など、あらゆるシーンで相談できる。

受付時間は日本時間で9時~18時だが、「全世界共通エマージェンシーライン」であれば24時間受付(通話料有料)しているので、緊急事態にも安心だ。

キャッシュパスポートなら両替の必要なし

また、「キャッシュパスポート」という海外専用プリペイドカードには、7つの通貨(円、ユーロ、ポンド、米ドル、豪ドル、NZドル、加ドル)の入金可能だ。

MasterCard加盟店であれば海外でもクレジットカードと同じように使えるし、MasterCard対応のATMで現金を引き出すことも可能だ。

ATMでは現地通貨が出てくるので現地で両替する必要がない。海外への出張が多いビジネスマンに役立つカードだ。

まとめ

P-one Business MasterCardは、法人代表者、個人事業主向けの法人ゴールドカードだ。年会費は実質無料であり、追加カードも5枚まで無料発行できる。

コストのかからないビジネスカードを求めている方にぴったりだ。ポイント還元率も0.6%と高く、銀行口座へのキャッシュバック可能。

ポイントを貯めれば経費削減になるだろう。最高300万円のキャッシング枠を付帯できるので、資金調達に備えることができる。

ただし、ビジネスサポートサービスはなく、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険も付帯しない。国際ブランドはMasterCardのみとなる。

法人カードを発行しにくい新設企業や、キャッシング枠を付帯したい法人代表者におすすめだ。

申し込みはこちら

クレジットカードスペック

  P-one Business MasterCard  
年会費 初年度無料/次年度より2,000円+税
※1年に1回カード利用があれば翌年度の年会費無料
※従業員カードの年会費無料(最大5枚)  
入会条件 20歳以上の個人事業主、法人代表。従業員カードの所有者は18歳以上。
ブランド MasterCard
特典 ・ポケット・ポイント2倍(還元率0.6%)
・ETCカード(発行手数料・更新手数料各1,000円)
・P-oneモール(ポイント付与率最大30倍)
・キャッシュパスポート(海外専用プリペイドカード)
・ポケットカードトラベルセンター(最大8%オフ)
・海外サポートサービス(日本語案内)
・海外おみやげ宅配サービス(最大10%オフ)
・レンタカー5%割引
・ポケット・サポート・サービス(年会費税抜1,800円)
・カーライフホッとライン(年会費税抜700円)
付帯保険 ・ショッピング保険(最高300万円)
・盗難・盗難保障
ショッピング利用枠 最高300万円
ショッピング支払方法 ・1回払い
・ボーナス2回払い(実質年率5.03%~13.39%)
・リボ払い(実質年率12.00%~14.95%)
・分割払い(実質年率15%。2回払いから手数料発生)
キャッシング利用枠 最高300万円
キャッシング支払方法 ・1回払い
・リボ払い(実質年率12.00%~17.95%)
支払日 毎月1日
申し込みはこちら
  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集