三井住友カード ゴールド(旧ゴールドカード)は30歳から所有できるプレミアムなカード│クレジットカード審査基準ガイド

三井住友カード ゴールド(旧ゴールドカード)の還元率・ポイント・審査を公式サイトより詳しく

クレジットカード審査基準ガイドTOP > クレジットカード一覧 > 三井住友カード ゴールド(旧ゴールドカード)は30歳から所有できるプレミアムなカード
クレジットカード一覧

当サイトで人気がある、20〜30代の皆さんにおすすめのクレジットカードを紹介。各カードをじっくり検討しながら、自分のスタイルにあったカードを選ぼう。

三井住友カード ゴールド(旧ゴールドカード)

三井住友カード ゴールド(旧ゴールドカード)
申し込みはこちら


三井住友カード ゴールド(旧ゴールドカード)

三井住友カード ゴールド(旧ゴールドカード)は、旅行保険、ショッピング保険を充実させ、専用ゴールドカード特典である空港ラウンジサービス、ゴールドデスク、ドクターコール24(医師に無料で健康相談できるサービス)を付帯した上級カードである。

海外・国内旅行傷害保険は最大5,000万円まで補償、さらに一般カードにはない海外旅行傷害保険 家族特約も付帯されるなど、旅行好きを意識した内容となっている

ショッピング補償の限度額は最高300万円と大きく、年間のカード利用額が100万円を超える方におすすめ。 年会費無料カードや一般カードの場合、補償額が0円、もしくは年間100万円となっている。

商品の破損・盗難のリスクに備えることができるのは、現金払いにはないメリット。 空港ラウンジサービスは、全国の主要空港のラウンジを無料で利用できるサービス。

無料のソフトドリンクサービス、マッサージ機、コピー・ファックス、インターネット環境の利用など、一般カード会員では受けられないサービスも用意される。

ラウンジサービスは、本来であれば1名につき1,000円以上の料金がかかるが、ゴールドカード会員なら無料で利用できる。 カードの年会費は10,000円+消費税で、初年度年会費無料(インターネット入会の場合)となる。

翌年度から正規会費が発生するが、特定の条件を満たせば4,000円+消費税まで安くなる。 家族会員は1人目まで年会費無料であり、2人目から1,000円+消費税。 サービスは本会員と同様であり、国内と海外の旅行傷害保険(最高5,000万円)、ショッピング保険(年間300万円まで)が付帯される。

カードの支払いは本会員と一本化されるので、支払口座は一つあれば問題ない。 カード発行はインターネットを利用すると、最短翌営業日に発行となる。 お手元に届くまで1週間程度であり、書類にサインや捺印する面倒もない。

年会費割引の条件

WEB明細書コース(9,000円+消費税) 利用明細の郵送がなく、Eメールで利用状況・支払情報などを教えてくれるサービス。 自宅に書類が送付されないので、プライバシー性が高くて明細書の管理が簡単。

マイ・ペイすリボコース(5,000円+消費税) 三井住友カード株式会社のクレジットカードのリボ払いサービス。 リボ払いにすることで、毎月の支払額を最小限まで抑えることができる。

月の支払額は1万円、2万円、3万円から自由に選択できるのがメリット。 WEB明細書+マイ・ペイすリボコース(4,000円+消費税) WEB明細とリボ払いの両方を設定すると、年会費が6,000円割引の4,000円となる。

リボ払いを設定する場合は、年間のリボ手数料を5,000円以内に抑えた使い方をしよう。 入会資格は満30歳以上で、収入が安定している方となる。

一般カードよりも基準は厳格だが、プライムゴールドカードを使用していた方は自動切替となる。 30歳未満の方は、プライムゴールドカードに申し込もう。

三井住友カード ゴールド(旧ゴールドカード)に追加可能なカードは、家族カード、ETC専用カード、iD(専用カード、一体型、携帯型)、PiTaPa、バーチャルカード、WAON、Visa payWave。 対応電子マネーはiD、WAON、PiTaPa、Visa payWave。

三井住友カードiDはチャージ不要の電子マネーで、かざすだけで買い物できる優れモノ。 コンビニ、自動販売機などの少額利用の際にもポイントが貯まるし、現金払いよりも支払いがスピーディー。

Vポイントのポイント対象、会員保障制度による不正使用(紛失・盗難など)の補償、などのメリットがある。 三井住友カードWAONは、イオンのショッピングをお得にしてくれるカード。

お客さま感謝デー(毎月20日・30日)に買い物すると5%割引となる。 お客さまわくわくデー(毎月5日・15日・25日)は、WAONポイントが2倍もらえる。 カード申し込みはVpassから行える。

カードは不正使用に強いICカードを導入し、従来のカードよりも紛失・盗難時に被害に遭いにくい。 写真入りICの申し込みも可能であり、さらに安全性が高くなっている。

カード利用枠は50~200万円、うちキャッシングは0~50万円となる。 キャッシング機能はカードローンと同じく、お手持ちのクレジットカードで借り入れできる。

クレジットカードとローンカードの2枚を所有するのが面倒な方は、キャッシング機能付きのクレジットカードが役立つ。

用途は多目的なので、財布にお金がないときはもちろん、クルマの修理代、病院での治療費、旅費、趣味・娯楽費などにも使える。

用途を聞かれる心配もなく、提携金融機関・コンビニなどのATMで利用できるのでプライバシー性も高い。 キャッシングの利用状況については、VpassにID・パスワードを入力して確認しよう。

カードの支払い方法の選び方

お支払い方法は、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いがある。 手数料をゼロにしたい方には、1回払い、2回払い、ボーナス一括払いがおすすめ。

2回払いは実質2回分割となるが、クレジットカードの支払いは2回までは手数料がかからない。 分割払いと呼ばれる方法は3回払い~となるため、手数料を節約するためには3回払いよりも2回払いのほうがいい。

毎月の支払額を最小限にしたい方にはリボ払いがベストだが、支払い期間は長くなるので手数料も大きくなりがち。 クレジットカードの手数料はキャッシングの利息と同じ仕組みであり、利用した金額、月々の支払額、支払期間に比例して増減するもの。

リボも分割の一種ではあるが、月々の支払額はより小さくなるため、手数料には注意しなければならない。 経済状況に合せて、1回払い、リボ払いなど、複数の支払い方法を使いこなしていこう。

「マイ・ペイすリボ」による支払いは、年会費の割引、ポイント2倍などのメリットがある。 これらのメリットと支払い手数料を比較し、お得になるようであればリボ払いを選ぶとよい。

毎月1回は支払いシミュレーションをして、最もお得に使える方法を選ぼう。 カードの支払い日は15日締め翌月10日払い、月末締め翌月26日払いがあり、都合に合せて選ぶことができる。

お支払いは給料日から近いほど、家計管理もやりやすくなる。 クレジットカード上手な方ほど、カード利用から支払いまでの期間が短いのである。 当月の利用分を翌月に支払うクセをつけておくと、カードの利用状況を把握しやすく、使いすぎの防止にもなる。

Vポイントをお得に貯める方

三井住友カード ゴールド(旧ゴールドカード)のポイントサービスで、200円の利用につき1ポイントもらえる。 キャッシングリボ、海外キャッシュサービスを除いて、通常のクレジット決済をすればポイントが付与される。

貯めたポイントは三井住友カードのインターネットサービスであるVpassから交換、キャッシュバックできる。 Vpass専用景品、他ポイントやマイレージへの移行、キャッシュバック(1ポイント1円)などのサービスがある。

ポイントをたくさん貯めるコツは、リボ払いを設定すること。 ポイント還元率2倍となり、200円の利用につき2ポイント付与される。

そのほか、ポイントUPモール、プレミアムポイント加盟店、電子マネー「iD」の利用などでポイントが貯まる。 ポイントUPモールのネットショップを利用すれば、2~20倍のポイントが貯まる。

ポイントUP中のショップ検索も行えるので、ネットショップを利用する際は必ずチェックしておこう。 近年はネットショップの不正利用の話がよく聞かれるが、三井住友カードはカード番号・有効期限・パスワードを入力して買い物するので安心。

さらに補償制度もあるため、カードを使わずにネットショップを利用するよりも安全。 プレミアムポイント加盟店でショッピングをすると、倍率に応じたポイントが付与される。

最大20倍のポイントが貯まるショップもあり、一気にポイントを貯めるチャンス。 加盟店の詳細はVpassで確認できる。 電子マネー「iD」は、コンビニや自販機で使える電子マネーで、ポイント付与の対象となるのがメリット。

iDバリューは1ポイント1円換算でキャッシュバックできるサービスで、200ポイント以上から手数料無料で移行できる。

新規入会キャンペーン実施中

・新規入会限定!今なら最大12,000円!カード利用の20%還元キャンペーン

申し込みはこちら

三井住友カード ゴールド(旧ゴールドカード)情報

年会費(本人会員カード) 10,000円+税(オンライン入会なら初年度無料)
年会費(家族カード) 1,000円+税(1人目は無料)
申込み資格(本人) 安定した収入のある満30歳以上の方
申込み資格(家族) 配偶者(共に生活していること)、満18歳以上(高校生不可)の子供、両親
カード発行期間 最短翌営業日
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い

決済方法 口座引き落とし
マイル移行先 ANAマイレージクラブ
クリスフライヤー
クラブ・ミッレミリア
ポイントプログラム Vポイント
200円→1ポイント
海外旅行傷害保険 【死亡・後遺障害】最高5,000万円
(自動付帯分1,000万円、利用条件分4,000万円)
【傷害・疾病治療】最高300万円
【賠償責任】最高5,000万円
【携行品損害】最高50万円
【救援者費用】最高500万円
国内旅行傷害保険 【死亡・後遺障害】最高5,000万円
(自動付帯分1,000万円、利用条件分4,000万円)
【入院保険金日額】5,000円
【通院保険金日額】2,000円
【手術保険金】最高20万円
空港ラウンジ 国内28の空港ラウンジが無料
買物保険 【年間最高補償額】300万円
【補償期間】商品購入日から200日間
申し込みはこちら
  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集