三井住友カードの還元率・ポイント・審査を公式サイトより詳しく

クレジットカード審査基準ガイドTOP > クレジットカード一覧 > 三井住友カード
クレジットカード一覧

当サイトで人気がある、20~30代の皆さんにおすすめのクレジットカードを紹介。各カードをじっくり検討しながら、自分のスタイルにあったカードを選ぼう。

三井住友カード(旧クラシックカード)

VISAカードを代表する圧倒的な知名度で人気!
あらゆる機能が凝縮された、使い勝手の良いカード。

MUFGカードゴールド

三井住友カードは、三井住友フィナンシャルグループ の子会社である三井住友カード株式会社が主力とするクレジットカード。日本で最初にVISAカードを発行したこともあり、絶大な信頼と安心感のあるカードとして人気がある。

申し込みはこちら
新規入会限定!今ならご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント!

初年度の年会費無料、さらに実質年会費無料のスタンダードなカード3枚登場

三井住友カードといえば、CMでもお馴染みの誰もが知っているカードといっても過言ではない。

そのブランド化した知名度と信頼性で購入する人が多数である。
スタンダードなカードとして、三井住友カード(旧クラシックカード)、三井住友カード(旧クラシックカード)A、三井住友カードアミティエの3枚がある。

充実した付帯サービスにもかかわらず年会費は1,250円(税別)(三井住友カード(旧クラシックカード)・三井住友カードアミティエ)1,500円(税別)(三井住友カード(旧クラシックカード)A)と比較的低額で、初年度はオンライン入会であれば無料である。家族カードも400円(税別)~550円(税別)円かかるが、1人目は初年度無料となっている。ETCカードは500円(税別) (初年度年会費無料)※1年間に1回以上ETC利用のご請求があれば無料でクレジットカード申込時に追加できる。さらに年会費特典やあれこれサービスがあるので、これらを上手に利用すれば実質年会費無料のカードとして利用できる。

では、このカードの特長とその上手な利用法をみてみよう。

ICカード機能を搭載、希望者は券面裏に顔写真掲載

このカードはICカード機能が搭載されているので、偽造が困難で不正使用も未然に防ぐことができ、 セキュリティ機能が高度な安心できるカードという魅力がある。

利用法も簡単で、ICカード対応端末設置店では支払い時にカードを提示し、お店の端末にカードを差し込んで暗証番号を入力するだけでサインは不要である。従来の磁気カード対応端末設置店の場合は、会計時に利用金額を確認した後サインをし、売上票の「お客様控え」を受け取る、という流れとなっている。

また、希望に応じて、顔写真入りのICカードにすることもできる。顔写真を入れることで安全性もグンとアップする。写真入りでも発行手数料は無料なので、希望する場合は申込書を請求し、顔写真を貼付けて返送しよう。ただし、WEB入会の場合は申込できないので、写真なしカード入会後に写真取替申込書での手続きが必要となる。

あわせて読みたい

クレカ審査に落ちた人は必見

  • 選ぶべきカードはこの2枚

電子マネーiD搭載で支払いがラクラク。WAONカードやPiTaPaカードも便利。

チャージ要らずの電子マネー「iD」を搭載できるので「iD」が利用できる店舗などで、楽に支払いができる。クレジット一体型の場合は、クレジットカードをお店の読み取り機にかざすだけで簡単でスピーディーに支払いができる。コンビニやファーストフード、ショッピングセンターなどいろいろなお店で使えるので大変便利。ちなみにクレジット一体型ではなく携帯型(NTTドコモのおサイフケータイ)の場合はケータイをかざすだけで買物ができる。

また、イオンでのショッピングでお得になるWAONカードや、関西圏での電車やバス、ショッピングの支払いに使える後払い方式のPiTaPaカードも利用すれば、キャッシュレスで簡単・便利な支払いができる。

こちらのページでお得で便利なIDカードの特集ページを紹介している併せて見てみるといいだろう。

マイ・ペイすリボ登録で年会費無料

インターネット入会すると年会費が初年度無料なのだが、「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがあれば翌年度以降も年会費が無料(※2021年2月お支払い分より変更)になる。

マイ・ペイすリボというのは毎月の支払い金額を自分で決めるというリボ払いのことで、支払い金額はWEBや電話で増額や減額もできる。手数料がかかるからリボ払いを避けたい人は、支払いを全額にすれば一括払いと同じなので手数料はかからない。その場合は、支払い金額をカード利用限度額に設定しておけばよい。

これを利用し年会費が無料になることを考えると、その他の付帯サービスの良さ(旅行傷害保険の有無)から三井住友カード(旧クラシックカード)(海外旅行のみ有)より三井住友カード(旧クラシックカード)Aカード(海外・国内旅行ともに有)を選択する方がよいだろう。

便利なWEB明細利用サービス

一括払いもできるとはいえマイ・ペイすリボへの登録に抵抗がある人もいるだろう。しかし、明細書を書面での郵送からWEB明細に変更し、過去1年に6回以上の請求があれば年会費を半額にすることも容易である。

また、女性限定の三井住友カードアミティエなら、携帯・PHS利用分のポイントが2倍になるので、女性には是非、三井住友カードアミティエもおススメだ。

ポイントUPモール利用で、楽天、Amazon、Yahooではポイント2倍!!

通常、カードで買物をすると200円ごとに1ポイント貯まるのだが、三井住友カードが運営するショッピングモール「ポイントUPモール」を経由してショッピングすると、通常のネットショッピングがポイント2~20倍 のお得になる。さらに前年度の利用額によってボーナスポイントも付く。
また、「マイ・ペイすリボ」でリボ払いをするとポイントが2倍になるし、「iD」の利用でもお得なポイントの貯め方が可能だ。

○ポイントUPモール経由でのショッピング一部 ※ポイントは期限付の場合も有

ポイント ポイントUPモール経由の店舗
2倍 楽天市場、yahoo、Amazon、ベルメゾン、Apple Store、無印良品、ソフマップ、ZOZOTOWN など
3倍 HMV、ニッセン、ビックカメラ.com、DHC など
4倍 セブンネットショッピング、高島屋 など
5倍 ベルーナ、ORBIS、コナカ、ドクターシーラボ、成城石井 など
6倍 カメラのキタムラ など
7倍 boox、ブックオフ など
8倍 e87.com、ダイレクトテレショップ、ランコム など
11倍 NHKDVDオンラインショップ など
16倍 日経BPマーケティング など
20倍 アサヒフード&ヘルスケア など

ポイントが数倍UPすることにより、還元率もUPする。例えばyahooや楽天では2%の還元率。

○前年度利用額によって付与されるボーナスポイント
【1,000ポイントで5,000円分の商品券と交換した場合、還元率0.5%】

前年度の支払い累計金額 ボーナスポイント 還元率
50万円以上100万円未満 50万円で50ポイント
以降10万円ごとに10ポイント
0.55%

100万円以上300万円未満
50万円で75ポイント
以降10万円ごとに15ポイント
0.575%
300万円以上 50万円で150ポイント
以降10万円ごとに30ポイント
0.65%

国民年金保険量はポイント付与対象外だが、ガスや電気料金、電話、新聞など毎月の支払いもクレジットカード払いにするとポイントが貯まるので、ショッピングの他公共料金の支払いでも上手にポイントを貯めよう。

旅行保険、ショッピング補償なども充実

旅行中のアクシデントに備えての旅行損害保険が充実しているのもこのカードの特長。三井住友カード(旧クラシックカード)は海外旅行損害保険で最高2,000万円まで補償、三井住友カード(旧クラシックカード)Aと三井住友カードアミティエは国内旅行損害保険最高額で最高2,000万円まで補償している。また、クレジットカードで購入した商品の破損・盗難などによる損害を200日間補償するショッピング補償もあり、安心である。

カード名 海外旅行損害保険 海外・国内旅行損害保険 ショッピング補償
三井住友カード(旧クラシックカード) 最高2000万円 - 最高100万円
三井住友カード(旧クラシックカード)A - 最高2500万円 最高100万円
三井住友カードアミティエ - 最高2500万円 最高100万円

補償の充実さを求めるなら、三井住友カード(旧クラシックカード)より国内旅行にも保険がきく三井住友カード(旧クラシックカード)Aがおすすめ。女性の場合は三井住友カードアミティエがおすすめだ。

と、このようにあらゆる面で充実した三井住友カード。弱点を探してもあまりないのだが、強いて挙げれば以下の通り。

国民年金の支払いにポイントが付与されない

携帯電話、電話、ガス、電気、新聞、放送料金、プロバイダー料等、毎月の支払いにもポイントが付与されることでお得感があるこのカード。国民年金の支払いもできるが、残念ながらこれにはポイントが付与されない。

還元率が一般的

通常の還元率は0.5%で、年間の利用額が300万円以上の人でも通常の買物時は還元率が0.65%。還元率だけをみるとポイントマニアの人にとっては物足りないかもしれないが、その分付帯サービスなどが充実したカードであることは間違いない。

銀行系のカードなので、審査が比較的厳しい

知名度と信頼で名を誇る三井住友カードは、銀行系のカードなので、カードを作りたくても審査に不安を持っている人には少し厳しいかもしれない。

新規入会キャンペーン実施中

・新規入会限定!今ならご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント!

申し込みはこちら

三井住友カード(旧クラシックカード)情報

発行会社 三井住友カード株式会社
申込資格 原則年齢18歳以上(高校生を除く)
提携ブランド VISA、MasterCard
入会キャンペーン 当サイトから新規入会すると、今ならご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント!
年会費 初年度無料(オンライン入会)/翌年より1250円(税別)【三井住友カード(旧クラシックカード)、アミティエ】、1500円(税別)【三井住友カード(旧クラシックカード)A】
家族カード あり/1人目初年度無料
ETCカード 500円(税別)(初年度年会費無料)
※1年間に1回以上ETC利用のご請求があれば無料
支払サイクル 15日締め10日払い/月末締め翌月26日払い ※選択可
支払方法 1回払い・2回払い・ボーナス一括払い・分割払い・リボルビング払い
限度額 10万~80万
発行期間 最短翌営業日
ポイント付与 200円毎に1ポイント(Vポイント、1ポイント1円相当)
対象店舗ご利用でポイントが通常の5倍(一部、ポイント付与対象とならない店舗およびポイント5倍にならない場合があります。)
ポイント有効期限 2年
電子マネー iD、WAON、PiTaPa
付帯保険 海外旅行保険 最大2000万【三井住友カード(旧クラシックカード)】
海外・国内旅行保険 最大2500万【三井住友カード(旧クラシックカード)A、アミティエ】
ショッピング保険 最大100万円
申し込みはこちら
  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集