京急プレミアポイントゴールドカードを徹底解説

クレジットカード審査基準ガイドTOP > クレジットカード一覧 > 京急プレミアポイントゴールドカードを徹底解説
クレジットカード一覧

当サイトで人気がある、20〜30代の皆さんにおすすめのクレジットカードを紹介。各カードをじっくり検討しながら、自分のスタイルにあったカードを選ぼう。

京急プレミアポイントゴールドカード

京急プレミアポイントゴールドカード
申し込みはこちら

京急プレミアポイントゴールドは、三菱UFJニコス株式会社が発行するVISAブランドのクレジットカードだ。

一般カードはDCブランド、UCブランドであるが、ゴールドカードはMUFGカードブランドになる。京急プレミアポイント加盟店ではポイント還元率が最大6%になる、大変お得なカードである。

年会費は1,905円(税別)かかるが、海外旅行保険、国内旅行保険、ショッピング保険も付帯している。

また、羽田空港国内線の免税店でカードを提示すると10%オフになるなど、優待サービスも豊富だ。対象ショップを利用する方にとっては、年会費以上のお得感があるだろう。

電子マネー「PASMO」のオートチャージ機能が付いているので、お金が不足する度に現金チャージを行う必要もない。ゴールドカードを手軽に持ちたいという方にもおすすめだ。

年会費は初年度無料!家族会員がお得

年会費は初年度無料であり、次年度から1,905円(税別)かかる。家族会員は1名まで年会費無料であり、2人目より400円(税別)ずつ発生する。2人以上利用する場合も初年度無料だ。

本会員と家族会員のポイントは自動的に合算されるので、効率的にポイントを貯めることができる。

ただし、自動合算なので家族会員のポイント残高はゼロになり(当日分のみ表示される)、家族会員がポイント券を発行することはできない。

ポイント還元率は0.5~6%!

京急ゴールドカードのポイントシステムは、京急ポイント加盟店以外で使用する時(還元率1%)、加盟店で使用する時(還元率2~6%)、京急鉄道などで使用する時(還元率0.5%)の3種類に分けられる。

まず、通常のカード利用時における基本ポイントは、100円毎に1ポイント付与される。ポイントは500ポイント単位でポイント券と交換して、京急プレミアポイント加盟店で使用できる。

加盟店かどうかに関わらず1ポイントの付与なので、海外での利用時や公共料金の支払いなども還元率1%である。

京急プレミアポイント加盟店で2倍以上

京急プレミアポイント加盟店で利用すると、カード提示で基本ポイントが付与され、さらにクレジット決済でポイントが貯まる。ポイント還元率は2%以上である。

たとえば、羽田空港国内線旅客ターミナルなら100円毎に2ポイント付与される。ただし、国際線や国内線の一部は対象外であり、通常通りのポイント付与となる。

京急百貨店や京急ストアなどで利用すると還元率が最大6%となるので、京急沿線の利用者にとっては大変お得である。

おすすめなのは、京急オンライン書店「BOOKFAN」だ。BOOKFANでは200万タイトル以上の本・CD・DVDを扱っており、1冊から送料無料で購入できる。

手軽に欲しい品物を手に入れられる仕組みだが、このオンライン書店で本カードを使用すると100円毎に5ポイント貯まる。本やDVDをよく買う人におすすめだ。

定期券購入、乗車券購入でポイントが貯まる

京急プレミアポイント加盟店の交通機関でもポイントが貯まる。

京急線鉄道、京急バス、川崎鶴見臨港バスで定期券や乗車券を購入すると、クレジットポイントとして200円毎に1ポイント付与される(還元率0.5%)。

通勤・通学などで日常的に京急線を利用する方には、それだけでメリットのあるカードだろう。「京急ケータイdeウィング」でWing Ticketを購入した場合や、東洋観光、京急タクシー(高速料金・立替金除く)を利用する場合もポイントが貯まる。

PASMOオートチャージで0.5%

また、PASMOオートチャージを利用する際も、200円毎に1ポイント付与される。PASMOオートチャージは、自動改札の入場で残高が不足している時に、自動でクレジット決済を行いチャージする仕組みだ。

一々現金チャージする必要がないので移動が楽になるし、なによりポイントが貯まる。京急線の利用者はぜひPASMOオートチャージサービスを活用しよう。

ただし、利用には京急の公式サイトまたは京急線各駅での申込手続きが必要になる。

また、PASMOを使って「バス特」バスで運賃を払うとバスポイントが貯まるが、特典バスチケットを使用するとバスポイントは貯まらない。

また、Suica、楽天Edy、nanacoチャージなどはポイント付与の対象外だ。

年間100万円以上の利用特典

年間(1月1日~12月31日)カード利用金額が100万円以上になると、京急タクシー券1万円分(1,000円×10枚)、三浦半島京急グループの宿泊・レジャー施設の利用券1万円分(1,000円×10枚)、京急百貨店カタログギフトのいずれか1点を選べる。

本会員の特典だが、家族会員がいる場合は、家族会員の利用分を本会員の利用分として集計する。現金と併用して使用することも可能だ。

いずれも1万円相当のプレゼントだが、いずれも不要という場合には、京急プレミアポイント(5,000ポイント)を希望することもできる。

年間利用金額が100万円以上になると、2月頃に会員宛にはがきが届くので、特典を選んで返信する。

充実した付帯保険

本カードには最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯、最高2,000万円の国内旅行保険が利用付帯する。

自動付帯とは、カード契約しているだけで保険が適用されることであり、他のクレジットカードで旅行代金を支払ったり、現金で支払ったりしても必要な時には保険が適用される。

利用付帯は、旅行費用や宿泊費用、電車・航空券の代金などをカード払いした場合に適用される。

どちらも死亡・後遺障害や病院での治療費などを幅広く保証するが、年間カード利用代金が20万円未満だと、海外旅行傷害保険の補償額が最高100万円まで下がる。

海外旅行に行く方は、メインカードとして日常的に使用した方がいいだろう。また、最高100万円のショッピング保険が付帯している。

海外で購入した商品については一括払いでも対象になるが、日本国内で購入した商品については、登録型リボ払いの「楽Pay」に登録するか、分割払い・リボ払いを指定することが条件となる。

羽田空港で優待サービスを受けられる

ゴールドカードとはいえ格安系なので、空港ラウンジサービスは付帯しない。

しかし、「HANEDA AIRPORT PLUS(羽田エアポートプラス)」という名前の通り、羽田空港での優待特典が充実している。

国内線・国際線旅客ターミナルの免税店などで本カードを使用すると10%オフになり、国内線旅客ターミナルエアポートラウンジも50%オフになる。

免税店「TIAT DUTY FREE SHOP CENTRAL」 エアポートラウンジ

その他のサービス

その他にも、京急線沿いにあるレジャー施設や映画館で本カードを利用すると、会員限定の優待サービスを受けられる。

京急線の利用者にとっては、普段使いのクレジットカードとして真価を発揮する。MUFGカードゴールドので、中国への旅行・出張に役立つ銀聯カードの発行も可能だ。

入会の際にネット申込を行うと、MUFGカードWEBサービスに自動的に登録されて、利用明細書をネットで確認できるようになるが、別途入会申込書を取り寄せれば、郵送での利用明細書も発行可能だ。

まとめ

京急プレミアポイントゴールドカードは、クレジット決済の基本還元率1%、京急プレミアポイント加盟店で還元率最大6%になる高還元クレジットカードだ。

京急線鉄道の定期券・バス定期券でも0.5%付与される。年会費が税別1,905円(初年度無料)かかるが、京急線沿いのレジャー施設などで優待サービスも受けられる。

京急グループを日常的に利用している方は入会して損はないだろう。最高2,000万円の国内・海外旅行保険、最高100万円のショッピング保険も付帯しており、羽田空港では対象店舗で割引となる。

羽田空港の国内線旅客ターミナルで使用すると還元率2%になるので、買い物がメインの方にもおすすめだ。

申し込みはこちら

クレジットカードスペック

  京急プレミアポイントゴールド  
年会費 本人会員:初年度無料/次年度以降1,905円(税別)
家族会員:1名無料 2人目から400円(税別) 初年度無料  
入会条件 18歳以上で本人または配偶者に安定した収入のある方(学生不可)
ブランド VISA
特典 ・京急プレミアポイント加盟店で還元率2~6%
・京急の鉄道・バス定期券で還元率0.5%
・羽田空港免税店で10%オフ
・年間100万円の利用でタクシー券1万円分など
・PASMOオートチャージサービス
・銀聯カード発行可能(発行手数料1,000円+税)
・ETCカード発行可能(無料)
付帯保険 ・海外旅行保険 最高2,000万円
・国内旅行保険 最高2,000万円
・ショッピング保険 最高100万円
ショッピング利用枠 10~200万円(内リボ払い・分割払い10~100万円)
ショッピング支払方法 ・1回払い
・2回払い
・ボーナス1回払い
・リボ払い(実質年率15%)
・分割払い(実質年率12.20%~14.91%)
キャッシング利用枠 審査の上決定
キャッシング支払方法 ・1回払い 
・ボーナス併用返済
・リボ払い
・実質年率14.95%~17.95%
支払日 毎月10日
申し込みはこちら
  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集