セディナカードJiyu!da!の還元率・ポイント・審査を公式サイトより詳しく

クレジットカード審査基準ガイドTOP > クレジットカード一覧 > Jiyu!da!カードセディナ(Cedyna)はコストパフォーマンスの高いお得カード
クレジットカード一覧

当サイトで人気がある、20〜30代の皆さんにおすすめのクレジットカードを紹介。各カードをじっくり検討しながら、自分のスタイルにあったカードを選ぼう。

セディナカードJiyu!da!

jiyu!da!カード
申し込みはこちら

はじめての1枚としておすすめの機能・サービス

株式会社セディナが発行するセディナカードJiyu!da!は、毎月の支払いを「月々払い」と「よゆう払い」を組み合わせて自由に支払うことができます。

これはキャッシングの繰り上げ返済や随時返済に相当するもので、元金を減らすために効果的。 ネットバンキングなら、24時間好きなタイミングで支払えるので便利。

月々払いによる支払いは、5,000円以上(1,000円刻み)で設定可能。

支払い日は給料日の5日以内にしておくのが理想である。 カードの加入条件は18歳以上(高校生不可)で電話連絡ができること。 自宅に固定回線を引いている方、携帯電話を所有している方なら問題なし。

年会費は本会員、家族会員ともに無料なので、カードを所有する経済的デメリットはない。 ほとんどの方は申込回数1回でカード発行に成功している。

複数のカード会社に立て続けに申し込んでしまうと、申し込みブラックという状態になるので注意しよう。 複数社に申し込むのではなく、複数社から1社に絞って申し込みをしたほうが安全。 ショッピング枠は経済状況、他社カード利用状況などを踏まえて個別に設定される。

対応カードブランドは、Visa、MasterCard、JCB。 カードに関する不明点は、カードセンターに問い合わせれば回答してくれる。 疑問点がある場合は、カードセンターに問い合わせる前に、Cedynaホームページの「よくあるご質問」を見てみよう。

国内旅行傷害保険は最高1,000万円まで補償となり、年会費無料カードとしては高機能である。 ショッピング保険は年間50万円までの補償となり、購入から180日間が対象となる。

破損・盗難の被害をショッピング保険で補償してくれるので、現金よりカード払いにしたほうが安全。 カード紛失・盗難保険は、さらにカードの不正使用に備える保険で、紛失・盗難による損害を60日前まで補償してくれる。

買い物をする以上、紛失・盗難のリスクを100%回避することはできないが、カード払いにすればリスクは非常に小さくなる。 追加カードには家族カード、ETCカードがある。

家族カードは18歳以上(高校生不可)が対象となり、本カードと同様の機能・サービスが付帯されている。 支払いは本会員の口座に一本化されるので楽。 ETCカードは年会費無料、発行手数料1,000円+消費税。

セディナETCカード、セディナETCハローキティカードの2種類が用意されている。 有料・高速道路をノンストップで通過できるので安全性が高く、現金不要なので料金所の通過もスピーディー。 ETCのサービスや割引の対象ともなるので、必要な方は本カードと併せて申し込んでおこう。

セディナ QUICPayは、携帯やスマホ、カードを店舗設置のQUICPay端末にかざすだけで決済できるサービス。 チャージ不要で決済できるので、混雑時の支払いで非常に役立つ。

支払いは1秒で完了し、お支払いは本カードと一本化されるので便利。 さらにポイント制度、紛失・盗難保険が付帯され、保険は60日前まで対象となり、不正使用における利用分を補償してくれる。

QUICPayの年会費・発行手数料は無料。

キャッシング機能に対応

カード付帯のキャッシング機能は、1万円~200万円の範囲で利用できる。

専用カードは不要であり、クレジットカードをカードローンとして使える。 担保・保証人なしのローンであり、実質年率は最高18.0%と低い。

返済方法は1回払い、リボルビング払いの2種類がある。 利息を抑えたい方は1回払い、返済期間を延ばしたい方はリボ払いがおすすめ。

借りすぎを防ぎたい方は、最高でも50万円までの利用に抑えておくのがよい。

お手元にカードが届いたら、提携金融機関やコンビニ、郵便局のATMが使用できる。 カードローンと使い勝手は同じなので、クレジットカードとローンカードを1枚にまとめたい方にもおすすめ。

ほとんどのクレジットカードのキャッシング機能は、カードでお金を借りることはできるが、返済はできない仕組みになっている。

返済は口座引き落としによる分割・リボが主流だが、セディナカードJiyu!da!は「よゆう払い」が可能なので、繰り上げ返済して元金を一気に減らせる。

早く完済して利息を減らしたい方にとって、よゆう払いは重宝するはず。 ショッピングの支払い方法は、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い、リボ払い、分割払いの6種類がある。 お支払い日は27日なので、25日が給料日の方にとって都合がよい。

口座引き落としによる支払いとなるので、ATMや窓口で支払う面倒がない。 手数料をゼロにしたい方には、1回払い、2回払い、ボーナス一括払いがおすすめ。

1回払いは最も理想的な支払い方法であり、カードの利用状況を把握しやすいメリットがある。 当月の利用分を翌月中に支払う習慣があれば、カードを使いすぎることはない。

2回払いは分割の一種だが手数料は無料。 クレジットカードの分割は2回まで手数料無料で、3回以上から発生するのである。 実質、無利息で2回分割にできるのは魅力。

ボーナス一括払いは、高額商品を前倒しして購入したい場合に役立つ。 支払いを先延ばしできる上に、利息は1円もかからない。 ボーナス2回払いは手数料が発生するので、手数料をゼロにしたい方はボーナス一括にしよう。

リボ払いは毎月最低5,000円からのお支払いが可能で、10,000円、15,000円、20,000円などと自由に支払額を設定できる。

利用金額・回数に関係なく同額支払いとなるので、高額商品を無理なく購入したい方におすすめ。 リボ払いの実質年率は15.0%なので、利息を減らしたい方は月の支払額を大きくしよう。

支払額を増やすほど支払い回数は少なくなり、総支払いまでの利息は小さくなる。 分割払いは3回~36回まで設定可能であり、実質年率は12.20%~14.96%となり、リボ払いの金利よりも低い。

支払い回数により年率が変わってくる仕組みで、支払い回数が少ないほど金利は低くなる。 利息を減らしたい方は5回以内の支払い回数にしておくとよい。 支払いに余裕のある方は、2回払いを選んでおくと利息はゼロとなる。

わくわくポイントプログラム

200円(税込)の利用につき、わくわくポイントが1ポイント付与される。 ポイントの有効期限は2年間と長く、うっかり失効のリスクが小さいのがメリット。

貯めたポイントは、各種グッズや商品券との交換、ポイントやマイルへの移行、キャッシュバックなどに利用できる。

ポイント発生状況の確認・交換は、セディナカードのインターネットサービスであるOMC Plusから可能。

ポイントを効率よく貯めるには

トクトク!ステージは、年間のカード利用額に応じて、翌年のポイント還元率が決まるサービス。 50万円のカード利用で1.1倍、100万円で1.15倍、200万円で1.3倍になる。

電気・ガス、固定電話、携帯電話、新聞購読、国民年金保険料など、毎月必ず発生する費用をカード決済すると、効率よくポイントを貯められる。

ショッピングモールのセディナポイントモールを経由して購入すると、ポイントは最大21倍となる。 ポイント倍増キャンペーン中のショップを利用して買い物するのがコツ。

楽天市場、Amazon、Yahoo!などは、通常はポイント2倍だが、キャンペーン中は3倍、5倍等にアップすることもある。 海外ショッピングでは、ポイントが通常の3倍となる。 たとえば、1万円のショッピングをした場合、通常の50ポイントの3倍となる150ポイントが付与される。 Cedyna、OMC、Visa、MasterCard、JCBのマークのある店舗でカードを利用しよう。

申し込みはこちら

セディナカードJiyu!da!情報

年会費(本人会員カード) 無料
年会費(家族カード) 無料
申込み資格(本人) 18歳以上(高校生不可)で電話連絡を受けられる方

申込み資格(家族) 18歳以上(高校生不可)で同居・同姓の方
カード発行期間 2~3週間程度
支払い方法 月々払い、よゆう払い
決済方法 口座引き落とし、インターネット、銀行ATMなど
マイル移行先 JALマイレージバンク(JMB)
1,000ポイント→500マイル
ポイントプログラム わくわくポイント
200円→1ポイント
国内旅行傷害保険 【死亡・後遺障害】最高1,000万円
(利用条件分1,000万円)
【入院保険金日額】3,000円
【通院保険金日額】2,000円

ショッピング保険 【年間最高補償額】50万円
【1事故あたり免責金額】3,000円
【補償期間】商品購入日から180日間
申し込みはこちら
  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集