元ブラックがクレジットカードを取得できるまでの流れを解説

クレジットカード審査基準ガイドTOP > ブラックの方がクレジットカードを持つ方法 > ブラックの人がクレジットカードを作るまで

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

    【目 次】
  1. ブラックが消えるまで何年待てばいい?
  2. 銀行取引で信用を確立してクレジットカードを作る
  3. クレジットヒストリーを作るならカードローンという選択肢もあります。

ブラックの人がクレジットカードを作るためには、まずはブラックの要因を解消する必要がある。過去にクレジットカードの支払いを延滞してブラックになったなら、「地道に支払って完済する」「債務整理をする」などの方法で整理するしかない。

クレジットやローンの類は時間が解決してくれることは絶対にないため、最終的に支払うか、法的に解決するしかない。支払いをせずに逃げ回っている状態で、新たにクレジット契約をしようと思っても絶対にできないので、まずは滞納分を解消する必要がある。

滞納分を解消したら、クレジットカードを作れる状態まで信用を回復させるしかない。
・ブラックが消えるまで待つ
・銀行取引により信用を確立する
などの方法が一般的である。

ここで大切なのは、ブラックが消えてもカード契約できるとは限らないことである。延滞分の支払い後、5年間経過してブラックが消えても、その時点で無職であれば契約はできない。ブラックが消えて、さらにカードの支払いができるだけの経済力を整えていないと無理なのである。

クレジットとは「立替払い」のことだが、支払うまでの期間中はお金を借りていることと同じであり、実質的にローンと変わらない。つまり、ローン契約ができない人は、クレジット契約も難しい。

ブラックが消えるまで何年待てばいい?

クレジットカードの支払いを3ヶ月以上延滞すると、カード会社の事故データに登録される。 これが俗称「ブラックリスト」と呼ばれるもので、「5年を超えない範囲」で登録される。

任意整理、個人再生、自己破産などを行っても、5年経過すればブラックは解消するのである。自力で支払いを続ける場合は、完済するまではずっとブラック登録されており、完済後は「5年を超えない範囲」で登録される。

登録期間については明確な期間ではなく、「5年を超えない範囲」という表記からもわかるように、実際にはもっと早く解消する場合もある。ただし、ブラックが解消しても信用情報機関から通知がくることは絶対にないため、登録状況を調べるためには個人情報期間に情報開示(有料)を求めるしかない。

情報開示を求めない場合は、「延滞解消から5年間は待ってみる」という方法が確実であるが、5年未満でも解消されている可能性はあるため、やはり確実なのは情報開示を求めることである。 ブラックリストに登録されている状態では、クレジットカード契約はできない。

あわせて読みたい

クレカ審査に落ちた人は必見

  • 選ぶべきカードはこの2枚

銀行取引で信用を確立してクレジットカードを作る

クレジットヒストリーを確立するためには、銀行取引をするのが一番よい。

  • 口座開設をする
  • 給料の振込口座にする
  • 貯蓄預金をする

というように、とにかく取引履歴を作る。 取引期間が長くなるほど信用が確立され、銀行のクレジットカードやローンを利用しやすくなる。

ブラックが解消したあとも、すぐにカードを作れるわけではない。クレジットヒストリー(カードの利用実績)をコツコツと積み上げていく必要がある。公共料金をしっかりと支払って信用を確立する方法もあるが、銀行取引で履歴を作っていくほうが確実である。

最も信頼性の高い銀行という金融機関で利用実績を作っておけば、クレジットカード会社の審査に申し込むときも有利になる。クレジットカードの審査を受けるときは、最低限の条件で申し込むのがポイントである。

「クレジットの限度額:10~100万円、キャッシングの限度額:10~100万円」というカードの場合、クレジットとキャッシングの限度額をそれぞれ10万円にしたい。キャッシング機能を「なし」にできるなら、そのほうがさらによい。

クレジットヒストリーを作るためには、とにかく契約しないと始まらない。最低限の条件で契約したら、あとは着実に支払いを続けていくことで信用が生まれてくる。信用確立までには最低でも6ヶ月はかかり、1年経過すればかなりの信用が生まれる。

理想的なのは2年間、延滞せずに支払いを続けることである。延滞の理由は、自己都合はもちろん、うっかり忘れもダメである。延滞する人は、支払い能力を超えてカードを使っていることが非常に多い。確実に返済できる範囲でカードを使い、コツコツと支払って信用を確立していこう。

クレジットヒストリーを作るならカードローンという選択肢もあります。

前述の通り、クレジットヒストリー(クレヒス)を作るには、信用情報機関にクレジット情報(支払い履歴等)が記録されるための何かしらの活動を行う必要がある。

ちなみに、信用情報に記録される内容としては、スマートフォン本体の分割払いによる契約、クレジットカードの 利用、カードローンの利用などが有効だ。

この中で最もやってはいけないことが、いきなり本審査を 受けてしまい審査に落ちてしまうと、申込内容が信用情報に 記録されることになる。

決して、「審査に落ちた。」という情報ではないのだが、審査に通過すると契約情報といってクレジットカードなどのキャッシング枠やショッピング枠等が 記録されることになる。

審査に落ちると、この契約情報が記録されず、申込み情報のみが 半年間記録されることになる。

これによって、各審査担当者は、「ここ半年以内で審査に 落ちたんだな。」ということがわかってしまうことになる。

当然、他社で審査落ちした申込者を 「自社の審査に通過させるほど、担当者も甘くない。」 従って、クレジットヒストリーを作る際は、申込み先の選定が 極めて重要なのである。

お勧めはいきなり本審査ではなく仮審査を実施している クレジットカード会社があればベストなのだが残念ながら、 どの金融機関も基本的には本審査が主流だ。

そこで、仮審査を積極的に行っている金融機関の審査に通過すれば、お目当てのクレジットカードを取得できる可能性が極めて高くなる。

お勧めは、静岡銀行のしずぎんフリーローンのキャンセルOKで完全無料の「かんたん仮審査」を利用してみると良いだろう。

もちろん、仮審査後のキャンセルは自由なので、ここの仮審査に 通過したなら、お目当てのクレジットカードの審査にも通過する 可能性が極めて高くなる。

また、単にクレジットヒストリーを作り、 お目当てのクレジットカードを取得したいだけなら、 しずぎんのフリーローンを利用することで、 クレジットヒストリーの蓄積にも繋がる。

「仮審査」もでき「クレジットヒストリーの蓄積」にもなる。まさに一石二鳥の利用方法だ。ぜひ、検討してみて欲しい。

クレジットヒストリーは、各社が審査基準で設けているクレジットスコアを算出するにあたって、利用者の信用履歴を 測る重要なバロメータでもある。

20代、30代に人気のおすすめクレジットカードはこちら

楽天カード

楽天カード

キャンペーン満載でポイント貯まる、年会費無料の人気カード。

リクルートカード

リクルートカード

圧倒的なポイント高還元率クレジットカードがここに誕生!

三井住友カード

三井住友カード

圧倒的知名度と充実機能で、ぜひ持っておきたいクレジットカード。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

永久不滅ポイントの、クレディセゾン発行カード。

アコムマスターカード

アコムマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこのカードからスタートしては?

ライフカード

ライフカード

誕生月はポイント3倍という爆発的ボーナスポイントで人気。

MUFGカードゴールド

MUFGカード ゴールド

低年会費でゴールドカードを手にするならおススメの一枚!

JCB Extage

JCB Extage

29歳以下限定カード。20代のうちに手にしておきたいならコレ!

シティエリート

シティ エリート

22歳から手にできるゴールドカード。海外にも強い!

VIASOカード

VIASOカード

業界トップクラスの高還元率の注目の一枚。ポイント重視はこれ!

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

楽天カード

クレジットカード顧客満足度2年連続1位の実力。楽天市場や、ガソリン代、通常の買い物でもお得!

第2位
三井住友カード

三井住友カード

圧倒的な知名度にプラスしてセキュリティ面、付帯サービスも充実の全てに安心できる1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカードのリボ払いまとめ

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集