最短!即日!すぐ作れる!最速クレジットカード一覧(今すぐ欲しい人は必見)

クレジットカード審査基準ガイドTOP > クレジットカード一覧 > 今すぐ欲しい!スピード発行対応おすすめクレジットカード
クレジットカード一覧

クレジットカードを選ぶポイントとして、発行スピードの早さを決め手とする人も少なくない。今すぐ欲しいという、スピード発行対応のおすすめクレジットカードを厳選して紹介する。

今すぐ欲しい!スピード発行対応おすすめクレジットカード

-

ACマスターカード

ACマスターカード
ACマスターカード

最短即日

最短即日発行!自営業やフリーター、主婦に大人気!
クレジットカード審査に不安な方は、この1枚からスタート。

シンプルなデザインで人気のこのクレジットカードは、審査にあまり自信がないけれどクレジットカードを作りたい人の実績づくりとしてもおすすめ。

みずほ銀行カード

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カード

年会費永久無料

「コンフォートプラン」「エグゼクティブプラン」2つのプランをご用意。

最短即日のスピード審査。全ての手続きがWEBで完結。 来店不要、郵送不要で超便利。今すぐお金が欲しい人には、 最適な一枚。

セゾンパール・アメリカンエキスプレスカード

セゾンパール・アメリカンエキスプレスカード
セゾンパール・アメリカンエキスプレス

最短即日

最短即日~3営業日発行!パルコなどの窓口来店での受取なら
オンライン入会したその日から。

オンライン申込と来店受け取りなら、なんと申し込んだその日にクレジットカードを手にすることも可能!永久不滅ポイントでお馴染みの人気カード。

エポスカード

セゾンパール・アメリカンエキスプレスカード
エポスカード

最短即日

エポスカードなら、最短即日発行が可能である。 ネットで申し込みをした後、新宿マルイ、戸塚モディ、エポスカードセンターなどで発行してもらえる。

入会金・年会費は永年無料で、エポスポイント、海外旅行傷害保険などの特典がついてくる。 ほかにも、全国の店舗で適用となる割引特典、便利なキャッシング機能もついている。

MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールド
MUFGカードゴールド

最短翌営業日

最短翌営業日発行。
インターネットで簡単に申込完了のゴールドカード。

今すぐクレジットカードが必要な方に。翌日発行可能なゴールドカードなら、この1枚で決まり!

MUFGカードゴールド・アメリカンエキスプレス

MUFGカードゴールド・アメックス
MUFGカードゴールド・
アメリカンエキスプレス

最短3営業日

最短翌営業日発行。
ゴールドカードかつアメックスブランドがスグ欲しいなら。

海外利用の多い人におすすめなアメックスブランドのゴールドカードを、最短翌営業日に発行も可!急な海外出張などで必要な方に。

MUFGカード・イニシャル

MUFGカード・イニシャル
MUFGカード・
イニシャル

最短翌営業日

最短翌営業日発行の18歳~29歳限定カード。
JCBブランドは最短翌2営業日発行。

最短で翌日発行ができる一枚。学生(高校生を除く)や29歳までの社会人でお急ぎの方はどうぞ。

MUFGカード・イニシャル・アメリカンエキスプレス

MUFGカード・イニシャル・アメリカンエキスプレス
MUFGカード イニシャル
アメリカンエキスプレス

最短翌営業日

最短翌営業日発行。
29歳以下でアメックスカードがすぐ欲しい人はコレ!

インターネットで簡単に申し込み完了、発行も最短翌営業日と早い!急ぎで欲しい人、手間をかけるのが嫌な18歳~29歳の人へ。

三井住友VISAカード

もれなく最大10,000円分プレゼント
三井住友VISAカード

初年度年会費無料

楽天カード

今なら、もれなく8,000ポイントプレゼント!!
楽天カード
楽天カード

最短3営業日

最短3営業日発行!平均でも1週間あれば届く。

審査や配達状況等個人差がありカード到着日数は多少前後するが、平均でも申込から1週間で届く。2~3週間かかるカード会社が多い中、大健闘だ!
>> 楽天カードのポイント現金交換(換金)大作戦

JCB CARD EXTAGE

新規ご入会とご利用等で今なら最大11,000円分の特典をプレゼント!
JCB CARD EXTAGE
JCB CARD EXTAGE

年会費無料

大学生や新社会人におすすめ。
20代のうちに持っておきたいお得満載のクレジットカード。

29歳限定の年会費無料のクレジットカード。年齢が限定されているからこそ、今のうちに手にしておきたい一枚。提携企業の多さも人気。

「今すぐにクレジットカードが欲しい」 「最短で発行してくれるカード会社が知りたい」 そう思うからこそ「最短」で発行してくれるクレジットカードを申し込んだのに、カードの受け取りまで2週間もかかった、なんてことはザラにある。

「最短」「クレジットカード」などのキーワードで検索しまくっている人達のために、間違いなく最短で受け取り可能なクレジットカードだけを厳選して紹介していこう。

    【目 次】
  1. すぐ作れるのは即日発行のクレジットカード
  2. 即日発行対応のクレジットカード
  3. 即日発行には仮カードが存在する
  4. クレジットカードを最速で作るメリットは?

すぐ作れるのは即日発行のクレジットカード

「最短」とは申し込みから発行までのこと発行からカードが届くまでには時間がかかる

「最短3営業日で発行」「翌営業日発行可能」などの言葉をよく見かけるが、急いでいるからといってすぐに申し込むのは待ってほしい。

「最短」というのは、あくまで申し込みから発行までの期間が、「何事も問題なくスムーズにいった場合の発行スピード」のことを言っているに過ぎない。

必要事項の記入ミスや、クレジットカードヒストリーがブラックであれば、当然審査に時間がかかる上に、結果はNGとなる。

しかし、そもそも上記の「最短」には「発行されてから我々が受け取るまでの時間」が含まれていない。通常クレジットカード会社がカードを発送手配し、我々が受け取るまでには数日が掛かる。

最短はもちろんのことだが、重要なのは申し込んだその日にカードをスピード発行してくれる「即日発行」のクレジットカードを選ばなければならない点だ。

通常のカードは郵送されてくる

クレジットカードはその種類も豊富だが、よく考えると多くの会社が郵送で送ってくる。

現金と同じくらい、いや、個人情報が絡むからそれ以上に取り扱いが厳重なクレジットカードは、本人限定受取郵便で送られてくることもあるのだ。

大多数の人が日中は仕事などで不在、学生なら講義を受けている最中だ。専業主婦は在宅率が高いとはいえ、忙しすぎてインターホンに気付かないこともあるだろう。

こうしてすぐに受け取れなければ、クレジットカードは最寄りの郵便局に持ち帰られてしまう。郵便局の夜間受取窓口に行ける人はいいが、そうでない人も多い。

郵送は便利だが、最短で受け取れないリスクもあるのだ。 最速でクレジットカードを手に入れるなら、「即日発行」してくれ、尚且つ「即日で受け取り可能」なカードを選ばなければならない。

あわせて読みたい

クレカ審査に落ちた人は必見

  • 選ぶべきカードはこの2枚

数少ない即日発行のクレジットカード、その中でも最短で作れるのは?

最短発行は断トツの店舗数を誇るACマスターカード

即日発行ができるカード会社はそう多くはない。即日発行の場合、最短で入会審査が行われ、即日受取では、店舗などの店頭受け取りサービスが必要になってくる。

ある程度の規模がある会社でないと実現しないサービスだ。

以下に紹介するカードはどれも最短でカード発行してくれる。

その中でも、即日発行してくれるクレジットカードで最速なのはACマスターカードだ。知らない人も結構いるが、これは消費者金融のアコムが発行するクレジットカードだ。

カードローンを作るむじんくんコーナーで、クレジットカードも簡単に作ることができる。そして何より店舗数が圧倒的に多い。

むじんくんはその名の通り無人店舗だが、カード発行機さえあれば、即日受け取りは可能なのだ。 百貨店などの店舗では混雑も予想され、店舗数や所在地が限られてしまうという面もある。

その点、店舗展開が幅広いACマスターカードは申し込みやすいカードだと言える。詳細は省くが、アコムは安定した収入さえあれば、クレヒスに不安があっても契約可能なケースが多い。

クレジットカードには系統がある

最短発行のACマスターカードは消費者金融系に属するカードだ。参考までに、系統別に即日発行・即日受取に対応しているその他のカードを紹介しよう。

ETCカードが発行できたり海外旅行の傷害保険がついていたり未成年でも申し込みできたりと、それぞれに特徴があり、種類は少ないがおすすめのカードがそろっている。

即日発行対応のクレジットカード

信販系カード
セゾンカードインターナショナル
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
消費者金融系カード
ACマスターカード
流通系カード
エポスカード
エムアイカード
パルコカード
ルミネカード
大丸松坂屋カード(JFRカード)
イオンカード
ゴールポイントカードプラス(ヨドバシカメラ)
交通系カード
ビックカメラSuicaカード
アトレビューSuicaカード

(※赤字は仮カード発行)

長くなってしまうため、カードの情報詳細は別ページで紹介している。是非そちらも参考にしてほしい。

信販系カード

信販系はクレジットカードの王道。昔からあり、審査もハードルが高い。

そこを狙うなら、利用限度額を低く設定したりキャッシング機能を付けずに申し込んだりと、一工夫が必要。高望みは厳禁だ!

消費者金融系カード

消費者金融系は、何も怪しいカードではない。

消費者金融というと闇金をイメージする人が未だにいるくらいだが、全くの別物だ。先ほど紹介したアコムは、今やメガバンクの傘下であり、大手銀行のカードローンの保証会社を担っていたりと、法律に則った問題のない会社だ。

他社門前払いでも可決実績あり

ACマスターカード

  • 少なくても良いので収入さえあれば問題無し!
流通系カード

流通系は、自社で買い物させることを狙っており、比較的審査が通りやすいと言われているが、審査方法や基準は非公開だ。過去にブラックだった人は、次は申し込みブラックとならないよう慎重に臨んだ方がいい。

交通系カード

交通系は、Suicaが利用できるもので財布の中がかさ張らないのはいいが、扱う会社が限られており今後に期待したいカードだ。

即日発行には仮カードが存在する

上記カードで注意したいのは「仮カード」(大丸松坂屋カードは「臨時発行カード」)の存在だ。上の一覧で赤字表記になっているのがそれだ。

これらは即日発行可能なカードだが、使用範囲や機能が制限された仮のカードが手渡される。

例えば、即日発行のイオンカードをパルコで利用することはできない。

ゴールドポイントカードプラスをヨドバシカメラドットコムで利用することもできない。キャッシングもできない。これが仮カードだ。

おおかた2週間ほど待てば、普通に使える本カードが郵送されてくるため何も問題はない。

だが、その店ですぐに買い物をしたいという目的以外で、最短でカードを作りたいのなら、この5つはおすすめしない。「即日発行」の言葉に惑わされてはいけない。

クレジットカードを最速で作るメリットは?

割引デーを逃さずポイントもゲットできる

とはいえ、子供の入学準備品をそろえに偶然入ったイオンで「20日30日5%オフ」中だったら? 

仮カードとはいえ、イオンカードを持って買い物した方が絶対に得であることは間違いない。

もちろん、目星をつけた商品を買わずに帰り、楽天市場で最安値を検索する方法もある。

だが、楽天カードは通常申し込みからカード受け取りまで1週間程度かかる。その間に最安値品は売り切れになる可能性が高い。

それならば、イオンカードの仮カードを手に入れて、割引の当日に買い物をすべきだ。 仮カードに限らず、流通系カードはその店舗で買い物をさせる意図があるため、ポイントや割引に重点を置いた特典が満載だ。

流通系カードは(百貨店のものを除き)年会費無料がほとんどで利用しやすいのもおすすめ度を上げている。

急な海外出張・旅行にも最短かつ簡単に作れる

最速でクレジットカードを作るメリットはポイントや割引だけではない。

すぐに作れるから助かることもある。例えば海外旅行だ。

急な出張や交換留学の選考に通ることもあるだろう。

こうしたことは急にやってくるものだ。海外に行くならクレジットカードは絶対に必要だ。

だが申し込みからカード受取まで一週間はかかるのが痛い。こういう需要は一定数あるのだ。

ブラックではないのに審査が通らない人にも可能性がある

仕事で多忙な知人などは、やっと取れた有給休暇で遅いハネムーンを計画したがクレジットカードがなく困っていた。

旅行の日取りが迫っているのに、学生を卒業してから10年以上も経ってのクレカデビューで審査結果がNGとなったからだ。

クレヒスがホワイト過ぎたのだろう。 上記カードの審査が甘いということではないが、狙っていたカードが審査落ちしてしまい困っている人にもおすすめしたいカードだ。

冠婚葬祭など急な出費に対応してくれる

私などは、身内の不幸があった時に助けられた。所持していたクレジットカードは限度額まで余裕があったものの、葬祭費用はこれを軽く超えてきたのだ。

こういう時にはカードローンという方法もある。だが、クレジット払い可能な葬儀屋も増えてきており、すぐに作れるクレジットカードはかなり有難い。

超多忙で時間が取れない

この日しか時間が取れないといった超多忙な人にもおすすめの申し込み方法だ。最短30分で発行してくれるカードもある。

店舗まで行く手間はかかるが、行きやすいところを選べるのがいい。 メリットはたくさんある。最短でつくる必要がない人にも、選択肢として持っておいて損はない。

クレジットカードを簡単に作るには、即日か最短のウェブ申し込みがオススメ!

即日発行のクレジットカードは、店頭申込・店頭受取で簡単に作れる。

だが、その場で入力するとなると、案外間違いがあったり不明点が出てきたりと、時間が掛かるものだ。

その点、ウェブなら自宅で落ち着いて個人情報を入力できるし、前年度の年収などをさっと確認できる。

会社の住所など、名刺を持たない職種の人は調べないとわからないから手間取るが、自宅なら焦らず調べられるのだ。

ただし、上記で紹介したカードの中には店頭でしか申し込めないものもあるので気をつけよう。 聞いたことがないような名前なら、住まう地域には出店していない店舗の可能性が高い。

そういうカードは選択肢から外し、自分が受け取りに行ける場所で発行してくれるクレジットカードを選ぼう。

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

条件付で年会費無料、あらゆる機能が凝縮された使い勝手が良いカード。

第2位
三井住友銀行カード

VIASO(ビアソ)カード

カード発行は最短翌営業日とスピード発行!即入会してポイント還元。

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集