自分の信用情報を開示してみよう。

クレジットカード審査基準ガイドTOP > 特別企画:個人信用情報の確認方法 > 体験談?自分の信用情報を開示してみる?

個人信用情報の確認方法

クレジットカード審査では個人信用情報機関に申込み者のクレジットカード利用履歴を照会する。その照会データがどのように記録されているかを自分の目で確めることができる。ここでは実際に体験した個人信用情報開示の手続きをレポート。

個人信用情報機関の種類

個人信用情報機関は3機関存在し、クレジットカード会社・銀行・消費者金融などの業態によって加盟する機関は違ってくる。 なぜこのように業態によってバラバラに機関が存在するのかというと、金融業界は長い歴史の中でそれぞれの業態がまるで異業界のごとく別々に成長を成し遂げてきたという歴史と経緯があるからだ。

(株)シーアイシー(以下、CIC)は、全てのクレジットカード 会社が加盟し、信用情報機関の中で最も保有するデータ量が 多いのが特長。CICは大手クレジット会社の共同出資で設立された個人信用情報機関だ。

なぜ、全てのクレジットカード会社が加盟しているかと言うと、 過剰与信防止の観点から、割賦販売法による指定信用情報機関で あるCICに記録されている信用情報を照会することが義務 づけられているからだ。

これによって、クレジットカードを申し込むと、カード会社は必ずCICへ照会を行わなければならない。

信用情報機関名称 主な加盟会員企業 事故情報の登録期間 相談窓口
(株)シーアイシー
(CIC)
クレジットカード会社が加入 延滞継続中/延滞解消後は5年/自己破産5年 0120-810-414
株式会社日本信用情報機構(JICC) 信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社など 延滞継続中/延滞解消後は1年/自己破産5年 0120-441-481
全国銀行個人信用情報センター
(通称:KSC)
銀行、信用金庫、信用組合、農協などの金融機関 事故発生日から5年/延滞解消後は5年/自己破産10年 0120-122-878

※延滞継続中とは延滞が解消しない限り事故情報が消えないという意味

情報交流CRINとは

個人信用情報機関のうちCIC、JICC、KSCはそれぞれ相互に事故情報(延滞情報)だけを利用できるようになっており、このシステムをCRIN(クリン)という。

つまりどこか1つでも個人信用情報機関にブラック情報が登録されていると、どのクレジットカード会社に申込みをしても信用情報照会の際に判明するようになっているということだ。

これはどういうことかと言うと、CICのみの加盟会員企業でも 、カードローン等の延滞によるネガティブ情報を照会できる。

これによって、自社の審査基準に役立てることができるわけだ。 従って、過去の延滞による異動情報(事故情報)が気になる人は、 個人信用情報機関へ信用情報開示請求されることをお勧めしたい。

情報開示を希望される際は、来社開示だけでなく、郵送や インターネット開示にも応じている。 CICとJICCは、郵送、インターネット双方に対応している。 KSCについては、窓口での開示は行われず郵送のみの開示手続き となっている。

※平成27年1月より全国銀行個人信用情報センター(通称:KSC) は、CIC、JICCとの延滞情報等の相互交流を取りやめている。 これによって、KSCのみに記録されているう住宅ローン等の 延滞情報は、CICとJICCには共有されないことを意味する。

現在、アメリカンエキスプレスや一部の都銀や地銀が発行する カード会社はKSCを与信の際に照会するが、大多数の クレジットカード会社はCICとJICCのみしか照会しない。 これによって審査上、かなり有利になったと言えるだろう。

個人信用情報を自分で確認してみた

以前、実際にCICへ自分の信用情報を確認した時の体験を手順に沿ってお伝えしよう。
クレジットカード会社の審査担当としていつも見ている個人信用情報もユーザーの立場で見るのではちょっと勝手が違ったので、とても新鮮な気分になった。

1、直接行くか郵送で確認するか
CICは全国の主要都市に相談室を設けており、ここに運転免許証と印鑑を持って直接行くとその場で情報を確認することができる。CICでは郵送で確認することもできるので、私は郵送で確認することにした。
2、申込みに必要なものを揃える
まずは信用情報開示申込書をダウンロードしてプリントアウト。A4サイズの申込書で氏名・性別・住所・電話番号・生年月日・勤務先・連絡先(携帯)を記入。 そして過去にクレジットを利用した際に住んでいた住所を書くようにと書いてあったので前住所を2つ記入。

必要な書類として、身分証明証のコピーと1,000円の定額小為替とあったので、近くのコンビニで運転免許証のコピーを取り、郵便局に行って定額小為替を買って申込書と一緒に郵送。
3、確認の電話がくる
郵送から2日後にCICの女性職員から私の携帯に電話があり、確認とのことでひととおり申込み書の内容を復唱された。まるでクレジットカードの在籍確認電話と同じだ(笑)。
それから3日後、CICから白い封筒で 配達記録郵便として自宅に届いた。
4、中にはこんな書類が入ってた
封筒を開けるとA4サイズの「信用情報開示報告書」と書かれた紙が数枚。1枚目にはCICの業務についての説明や、「この報告書は大切に保管して下さい」などと書かれている。
2枚目以降に自分の情報について書かれているがクレジット情報として以下の情報が記載。
クレジット情報
氏名
生年月日
電話番号
郵便番号
住所
クレジットの契約日
クレジットの種類
ショッピング利用額
キャッシング利用額
残債額
クレジットカード会社名
入金状況

なお、開示報告書のクレジット情報内には、属性、成約情報、 支払状況、割賦販売法の登録内容、貸金業法の登録内容が明記される。

例えば、契約しているクレジットカードのキャッシング等の 極度額、直近の請求額や入金額まで細かく記録されている。

なお、以下は私自身が照会サービスを利用し信用照会を行った際 の、クレジット情報だ。CICのみとなるが住所、電話番号や残債額も含めてかなり細かい 情報が記録されている。この情報がクレジットカード審査時の 私の信用力を意味している。

5、入金状況は$マークで
最も気になる入金状況(つまり支払いの状況)だが、このように$マークで記載されていた。
「0」が最も新らしい入金情報で「1」がその前の月、「2」が2ヶ月前で右へ行くほど古くなる。それぞれの数字の下にある「$」は、その月に正常に入金(実際には銀行引落し)があったことを示す印。

なお、説明書には「A」=入金がなかったもの、「B」=お客様以外の理由で入金のなかったものと言う具合に9種類のマークの説明が書かれていた。入金状況は、1~2ヶ月前の情報が登録されるので、少し前の登録状況を見ることになる。
6、全部の情報が記載されるわけではない?
私の場合、勤務先が記載されていなかったのでCICに電話で確認したところ、クレジットカード会社からの登録申請を元に情報を登録しているため登録する情報は各クレジット会社に任せているとのこと。つまり、すべての情報をあますところなく登録申請するクレジットカード会社もあれば、そうでないクレジットカード会社もあるとのことだった。
7、その他に分かった情報
別のページに以下のような情報が記載されていた。
完済情報 過去に利用して支払いが終わったショッピングクレジットの支払い履歴(契約情報と完済情報は5年間記録が残る。)
申込情報 6ヶ月以内のクレジットカード等の申込履歴。私はこの記事を 書くために、カードローンを申し込んでみた。
以下を見ていただければわかると思うが、カードローンの保証会社が照会しているのがわかるだろう。
この申込情報は秒単位で照会されているのがわかると思う。非常に正確な情報を売りにしているのがわかると思う。
他機関情報 CRINによって交換されるJICCとKSCの事故情報(無しとなっていた)※現在は表示されない。

悩む前にGO!

あなたが過去に数ヶ月の延滞を起こした経験があって不安な思い をしているのなら自分の目で個人信用情報を確認するのが よいだろう。

すべての個人信用情報機関で情報を開示してくれる。 そうすることによって次にどんな手を打つべきか考えることができる。

信用が無いため審査に不安なユーザーも多いはずだし、 「どうしてもカードが欲しい!」というケースがあるはずだ。 そんな時に検討して欲しいのがACマスターカード

年会費無料・最短即日発行というメリットがある。 以下は過去にこのページに訪問した人たちが信用情報に関する 質問について、私が回答した内容である。参考にして欲しい。

信用情報開示に関するQ&A

クレジットカードの申し込みや審査に不安を抱く人は、個人信用情報機関(CIC、JICC、全銀協など)に情報開示請求をすれば、自分の支払い状況や信用情報をチェック可能。ここでは、信用情報開示で多い質問を5つ、解かりやすく紹介していく。

主人が一括返済したはずなのに、1社から督促の通知ハガキが届きました。曖昧なブラック状況を明確にすることはできますか?

まず、債務内容を本人以外が完璧に特定することは難しく、尚且つ、債務名義(強制執行によって実現されることが予定される請求権)の有無を一般人が調べることはできない。

そう考えると「本人の記憶次第」と捉えるしかないのだが、レイクのように信用情報機関加盟業者であっても、「長期に渡る延滞によって債権回収会社にまわった分」については、「債権回収会社が個人情報機関に加入していないケースもある」ため、なかなかその総額を掴むことができない。

現時点で信用情報に「1社しか残っていない・・」というのであれば、今後新たなネガティブ情報が増えることはないと考えられる。

また借金するかもしれない旦那さんを信用できない場合は、個人信用情報機関別に存在している「本人申告情報欄」を利用して、クレカ会社や消費者金融、ローン会社に対して、貸付自粛の申告をしておくのも良策と言えるだろう。

情報開示をすると、12年以上借金を踏み倒しているローン会社にバレますか?また新たにローンを組んだことが他社にバレた場合、督促などは来ますか?

借金の時効は、「請求棄却→2年、時効→5年」とされているため、12年以上前の借金に関しては「既に時効になっているため、ローン会社が情報開示のチェックをしていることはない」と断言できる。

踏み倒しの被害に遭ったローン会社がネガティブな情報の「ばら撒き」をしている可能性は考えられるが、「新たなローンへの申し込みをきっかけに、支払いの督促が再び始まる・・」ということはない。

念のためCICやJICCには異動情報が残っている可能性も考えられるため、クレジットカードなどの申し込みをする前に、情報開示することをお勧めする。

「借金の踏み倒し」は、ローン業界で最も嫌われる行為であるため、個人信用情報に異動情報が残っている場合は、新規の申し込みを自粛し、「喪明け」と呼ばれるネガティブな記載が消える日を待つべきだろう。

信用情報開示を検討していますが・・。開示する機関はCICだけでもOKですか?

アコム、レイクなどの消費者金融、住宅ローン、自動車ローン(銀行(金融機関))

上記のキャッシングや住宅ローン利用者の場合は、「CICだけの開示では、全ての情報が得られない」と断言できる。

CICはクレジットカード会社の加盟が主となるため、クレジットカードのみの履歴であれば、CICだけでも問題ない。

しかし、消費者金融からの借金やカードローンの場合はJICCの情報開示も必要であり、一部の住宅ローンや自動車ローンに関しては銀行で融資を受けている場合、全銀協に請求する必要があるのだ。

基本的には、「クレジットカード→CIC、消費者金融→JICC、銀行、信用金庫、奨学金→全銀協」と覚えておけば良いが、指定信用情報機関の3社は 「CRIN」で情報共有されているため、 「加盟会員における横の繋がりを想定すると、CIC、JICC、全銀協の全てに開示請求をしておけば間違いない・・」と言えるだろう。

個人信用情報の開示請求方法には「インターネット開示」なども登場しているが、3社に対して行えば、手数料だけでなく手間もかかるもの。

しかしこのステップを簡略化したことで、「ブラック情報が影響して、クレカ審査に通らなかった!」といいうアクシデントも発生するため、念には念を入れて信用情報の確認をして欲しい。

ちなみに、CIC・JICC・KSCの全てをインターネットあるいは郵送開示を選択すると3,000円以上ものコストが発生する。痛い出費であることは間違いないと思う。

そこで、コスト0円で現在の信用状況を把握できる手法を紹介する。こちらは、銀行系カードローンの申し込みページとなるのだが、利用せずとも、完全無料のかんたん仮審査を利用すれば良いだろう。

なぜなら、銀行系は、与信の際に3社(CIC・JICC・KSC)を照会するため、仮審査が通過すれば信用情報に関しては何の問題も無いことがわかるからだ。完全無料なので、ぜひ試してみて欲しい。

なお、仮審査を受けたもののダメだった場合は、ご自身で開示した方が良いためCICへの情報開示請求を行う場合、こちらの体験談記事を参考にして欲しい。JICCはこのページに体験談を掲載している。併せて参考にして欲しい。

情報開示したところ、10年前に完済したはずの情報が残っていました。この個人信用情報を削除する方法を教えてください!

削除依頼請求の方法は、下記の2つ。

①取引業者に直接、情報削除要求をする
②個人信用情報機関に対して、「誤情報の削除に関する調査依頼」を届け出る

個人情報機関の場合は「調査」ということで時間もかかるため、急ぐ場合は、クレジットカードやローン会社に直接削除要求をするのが理想的。

削除依頼請求を行う際には、「完済が証明できる資料」を揃えておいた方が手続きもスムーズに進むだろう。

個人信用情報にネガティブ情報が存在すれば、「信用力」が低下し、クレカやローン審査・契約にも影響してくるため、早めに削除依頼をすることが重要だと言える。

正確な借金額を教えてくれない身内に困っているので、信用情報の開示をしようと考えています。方法を教えてください。

個人信用情報機関の3社(CIC、JICC、全銀協)のデータを開示して計算を行えば、実態の殆どは把握できる。

しかしヤミ金などについては個人情報機関に未加入であるため、3社の合計で金額的に少ない場合は、「本人に問い詰める(本人に申告させる)」という方法しかないだろう。

「結婚していた頃に多重債務に陥っていたが、離婚を機に完済した。現在は信用情報の苗字が違うため、新規でクレジットカードやローン審査をしても、過去の問題行動の影響がないのでは?」という質問を受けること多いが。

個人情報機関では「名寄せ」を行っており、「旧姓と同一名義ではないか?」と判明したデータは、各社に本人確認書類の提出を求める仕組みとなっている。

申込書に旧苗字が書かれていれば、情報機関への照会を行ったタイミングで、「同一人物ではないか?」と判明するため、「虚偽申告を避ける・・」という角度で考えれば、苗字を偽ることはお勧めできない。

稀に「苗字が異なるから、情報機関の全データが抽出されないのではないか?」と考える人もいるようだが、個人信用情報機関が定期的に名寄せを行っている限り、「結婚しようが、離婚しようが、その人の情報を追えなくなることはない。」と言える。

このような理由で「信用情報機関の3社を合わせても、借金の総額が合わない。」というのであれば、最悪闇金などの利用を疑った方が良いと言えるだろう。

ACカード

20代、30代に人気のおすすめクレジットカードはこちら

楽天カード

楽天カード

キャンペーン満載でポイント貯まる、年会費無料の人気カード。

リクルートカード

リクルートカード

圧倒的なポイント高還元率クレジットカードがここに誕生!

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

圧倒的知名度と充実機能で、ぜひ持っておきたいクレジットカード。

セゾンパール・アメリカンエキスプレス

セゾンパール・アメリカンエキスプレス

永久不滅ポイントの、クレディセゾン発行カード。

アコムマスターカード

アコムマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこのカードからスタートしては?

ライフカード

ライフカード

誕生月はポイント5倍という爆発的ボーナスポイントで人気。

MUFGカードゴールド

MUFGカード ゴールド

低年会費でゴールドカードを手にするならおススメの一枚!

JCB Extage

JCB Extage

29歳以下限定カード。20代のうちに手にしておきたいならコレ!

シティエリート

シティ エリート

22歳から手にできるゴールドカード。海外にも強い!

VIASOカード

VIASOカード

業界トップクラスの高還元率の注目の一枚。ポイント重視はこれ!

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第4位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

条件付で年会費無料、あらゆる機能が凝縮された使い勝手が良いカード。

第3位
ACカード

VIASO(ビアソ)カード

ポイント還元率は業界トップクラス!

第3位
ACカード

ACカード

無職でなければ取得できる奇跡の1枚

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集