初めてクレジットカードを申し込んだのに審査落ち。原因は?

クレジットカード審査基準ガイドTOP > カードの豆知識&ニュース > 初めてクレジットカードを申し込んだのに審査に全く通らない。原因は?

クレジットカード一覧

    【目 次】
  1. 職業・年収・勤続年数で落とされるケース
  2. 審査に通るはずなのに不可となるケース
  3. ローン・公共料金の延滞に注意

初めてクレジットカードの審査に申し込んだのに、通らないという方は多いものである。
短期間に集中して申し込みをすれば業者から警戒されますが、1ヶ月に1回などと期間を空けても、まったく通らない人もいる。

この理由の一つとしては、クレジットヒストリーがないことがあげられる。
過去の利用履歴がないと、信用を判断する術がないのだ。
クレジットカードの利用経験がない人と、10年以上の利用経験があり、いちども延滞したことがない人では、後者の信用のほうが高くなることは容易に想像できるはずだ。

クレジットヒストリーは、20代前半くらいでは真っ白という人は少なくないものだ。
しかし、30代、40代となると、利用経験のある人が非常に多くなるため、この年代でヒストリーがゼロというのは好ましくない。
クレジットカードは20代のうちに持っておいたほうがいい、と言われるゆえんでもある。

それ以外で審査に通らない原因には、勤続年数が短い、審査項目の記入漏れ・虚偽の記載がある、過去にローン・公共料金を延滞したことがある、などがあげられる。
また、クレジットカード会社との相性の問題も考えられる。
審査がそれほど厳しくない業者で落とされて、審査が厳しい業者で契約できた、なんてケースはよくあるものだ。

職業・年収・勤続年数で落とされるケース

クレジットカードは、信用を元に貸与される。
初めて申し込むときは、申込者の人間性などわかるはずがなく、職業・年収・勤続年数などで信用を判断している。
カードローンの審査をイメージするとわかりやすいはずだ。

職業は倒産・リストラのリスクが少ないほど有利となる。
公務員と会社員は審査で有利になり、それ以外の雇用形態はやや不利になってしまう。

年収は多いほど有利ですが、これに併せて安定性も考慮される。
将来的にずっと安定して稼げる仕事ほど有利なのだ。
年収1,000万円以上の芸能人がカードを作れなかったという話を聞くことがあるが、これは人気がずっと続くとは限らず、将来的に年収が激減する可能性もあると考慮されるからである。

勤続年数は3年以上だと問題ないが、1~2年だと厳しい。
転職を何度も繰り返していると、さらに厳しくなっていく。

クレジットカードの審査では、職業・年収・勤続年数を総合的に判断して可否を決めている。
審査に自信のない方は、ACマスターカードのような仮審査を行えるカードを選ぶのも手である。数項目に入力するだけで診断できるので便利である。

あわせて読みたい

クレカ審査に落ちた人は必見

  • 選ぶべきカードはこの2枚

審査に通るはずなのに不可となるケース

本来であれば審査に通るのに、ちょっとしたミスで通らなくなることは意外と多い。
それは、審査項目の記入漏れ・誤字脱字・虚偽の記載などが原因である。

クレジットカードの審査では、審査項目に空欄を作らないほうがいい。
どのように記入していいのかわからない項目については、カード会社のスタッフに聞いてみることが必要だ。そこは空欄でもかまいません、などと具体的に指示してくれることもある。

誤字脱字では、電話番号の間違いがよくあります。
電話番号の数字が違うだけで、業者側から審査結果を伝える連絡を受けることができなくなる。固定・携帯電話ともに、番号は再確認することは基本中の基本である。

さらには、虚偽の記載は絶対に行ってはならない。
職業・年収・勤続年数などを偽って記入する方がおりますが、会社に在籍確認を取られるとバレてしまう可能性がある。
過去のローンの利用状況については、信用情報機関のデータ開示によって確認される。
うまくいけばウソが通るかもしれない、などとは絶対に考えてはならないのである。

ローン・公共料金の延滞に注意

クレジットカードの申し込みは初めて、安定した職業に就いている、審査項目もしっかりと記入している、などの条件を満たしていても審査で落とされる方が実際にいる。

こうした方は、過去にローン・公共料金の支払いで延滞したことはないだろうか? 延滞・ブラックリストなどの履歴があると、5年程度はクレジット・ローンの利用ができなくなると言われている。信用情報機関に事故履歴として記録されるからだ。

また、短期間に何度も申し込みをするような状態もいけない。
1枚目でダメだから、すぐに2枚、3枚と審査を受けてもムダなのだ。
申し込み情報については、6ヶ月程度は個人情報機関に履歴が残るとされているため、2~3回審査を受けたら6ヶ月程度空けてから別の業者で審査を受ける、といった申し込み方法がベストである。

すぐにカードを持ちたいという方は、仮審査を用意するカードに挑戦してみるのも手だ。
一部のカード会社では仮審査を実施しており、ここでの結果を見ながら本審査に挑戦するかどうか決められる。仮審査は1分もかからず終わるものが多く、数項目の入力で済むものがほとんどだ。

仮審査の結果は決して絶対ではないが、審査に最も影響する数項目で判断するので、正確性はかなり高いと言える。仮審査に対応しているカードには、ACマスターカードなどがある。

20代、30代に人気のおすすめクレジットカードはこちら

楽天カード

楽天カード

キャンペーン満載でポイント貯まる、年会費無料の人気カード。

リクルートカード

リクルートカード

圧倒的なポイント高還元率クレジットカードがここに誕生!

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

圧倒的知名度と充実機能で、ぜひ持っておきたいクレジットカード。

セゾンパール・アメリカンエキスプレス

セゾンパール・アメリカンエキスプレス

永久不滅ポイントの、クレディセゾン発行カード。

アコムマスターカード

アコムマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこのカードからスタートしては?

ライフカード

ライフカード

誕生月はポイント5倍という爆発的ボーナスポイントで人気。

MUFGカードゴールド

MUFGカード ゴールド

低年会費でゴールドカードを手にするならおススメの一枚!

JCB Extage

JCB Extage

29歳以下限定カード。20代のうちに手にしておきたいならコレ!

シティエリート

シティ エリート

22歳から手にできるゴールドカード。海外にも強い!

VIASOカード

VIASOカード

業界トップクラスの高還元率の注目の一枚。ポイント重視はこれ!

  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

条件付で年会費無料、あらゆる機能が凝縮された使い勝手が良いカード。

第2位
三井住友銀行カード

VIASO(ビアソ)カード

カード発行は最短翌営業日とスピード発行!即入会してポイント還元。

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集