審査基準の元「3C」に関して徹底解説

クレジットカード審査基準ガイドTOP > クレジットカード審査基準ガイド > 審査の基礎知識:1、審査基準の元「3C」

クレジットカード審査基準ガイド

審査の基礎知識

1、審査基準の元「3C」

各クレジットカード会社は、入会審査の判断基準として「3C」という3つの軸で申込み者の信用調査をしている。「3C」とは一体どんなものなのかを解説する。

クレジットカードが発行されやすいユーザーとは?

クレジットカード会社にとって良いお客様(つまりクレジットカードが発行されやすく限度額の高いユーザー)とは、どんな人物だろう。

○職業的には
医者や弁護士などの社会的地位の高い職業
公務員などの堅い職業
上場企業に勤務する一流企業の会社員
○条件的には
年収が高い人
勤続年数が長い人
家(不動産)を所有している人

きっと、こういった人物像を想像するのではないだろうか。

では、逆にクレジットカード会社から敬遠されがちなお客様(つまり審査が通りにくくて限度額の低いユーザー)とは、どんな人物だろう。

○職業的には
フリーターやパートなどの非正社員
安定した収入の無い自由業(作家・音楽家)
肉体労働者
水商売

これらは間違いではないが、クレジットカード会社はやみくもに職業差別をしたり個人的な感情でカード発行の可否を決めているわけではない。 どのクレジットカード会社でも独自の審査基準を設けているが、共通した考え方として「3C」といわれる3つの軸から申込み者の信用力を判断する仕組みを採用している。

審査に不安なユーザーも多いはずだし、「どうしてもカードが欲しい!」というケースがあるはずだ。そんな時に検討して欲しいのがアコムACマスターカード。審査は柔軟・年会費無料・最短即日発行というメリットがある。

「3C」って何のこと?

「3C」とは「Capacity(資力)」「Character(性格)」「Capital(資産)」という信用力を判断する3つの軸を英単語で表し、その頭文字を取ったものである。

Capacity
(資力)
資力を表し、継続して返済を続けるために一定の収入が定期的にあるかという返済能力をみるもの。この返済能力が、クレジットカードの審査において最も重要視されている。
Character
(性格)
性格を表し、お金に関しての性格、つまり決められた日にきちんと返済できるかどうか等のまじめさと信頼性をみるもの。
Capital
(資産)
資産を表し、負債の担保として不動産や車・有価証券・貯蓄があるかをみるもの。

3Cの中で一番重視されるものとは?

クレジットカード審査においては、Character(性格) が最も重視される。

審査基準に関しては、カード会社ごとに異なるものの、ことCharacter(性格)に 至っては各社共通と考えておけば問題ないだろう。

理由は、クレジットカードは機能上、代金後払いシステムを 採用しているため、利用者からの返済がないとカード会社は常に 貸倒れのリスクを伴う。

カード会社はこの貸倒れリスクを回避するためには、 「約定日になれば利用限度額に見合った返済を必ず行って もらえる申込者を獲得する必要がある。」

約定日通りに必ず返済できるということは、性格的に几帳面な人。つまりCharacter(性格)が信用力に足りる必要がある。

仮に、Capacity(資力)やCapital(資産)は多いに越したこと がないのは事実だが、身の丈に合った利用さえ行っていれば、 年収(資力)や預貯金(資産)が多くなくとも、約定通りにしっかりと返済(性格)さえしっかりしていれば、貸倒れリスクが無くなる。

では、カード審査において信用に足りる性格(Character)とは どのように判断されているかというと

①個人信用情報機関に異動情報などの延滞歴がないか
②申込書に書かれている内容が信用に足りるか

大きく分けてこの2点さえ注意しておけば、少なくとも与信審査 の際に信用力で落ちることは無いだろう。

それでは①から順番に解説しよう。

カード会社は、審査の際に信用情報機関へ照会をかけて、 延滞歴がないか?等の調査を行うが、この時、延滞等の情報が あると性格上、問題がある(約定日に返済できない。=性格がルーズ)とみなされ審査基準をクリアすることは難しい。

※信用情報に関しては、こちらのページで詳しく解説しているので参照して欲しい。

②については、最近はネット申込みが主流だが、店頭などでは、 いまだに申込書が主流だ。誤字脱字はもちろんのこと、会社員で あれば勤続年数、現在の借入状況等を記載する際は注意して欲しい。

クレジットカード会社は、キャッシングの限度額を50万円以上 希望しなければ、自己申告通りの属性(年収、勤続年数等)で 審査してくれるため多少の色づけ(年収280万円⇒300万、勤続年数1年10ヶ月⇒2年)は問題ない。

しかし、年齢と実態があまりにもかけ離れている (年齢25歳、上場企業、年収1,000万円)と性格(Character)上、 問題あり(審査基準に通らない。)と判断される可能性が高い。

なお、借入状況については、信用情報機関に記録される借入れ は、嘘をついたところで、バレるため正直に申告する必要がある。

なぜ、信用情報でわかるのに、わざわざ自己申告させるかと言うと、 自分の借入状況を把握できていない申込者は、性格(Character)上、問題あり(ルーズな性格)と見なされ審査に落ちる可能性が高くなる。

Character(性格)の次に重要なCとは?

では、Character(性格)の次に重要なCについて解説するとCapacity(資力)だろう。

資力とは返済能力のことを指す。 返済能力を得るためには、定職に就いて何かしらの収入を 得ている必要がある。

決して収入が低いからカード発行されないというわけではないの だが、クレジットカード会社でスコアリングでの 足きり(審査落ち)のラインとして年収200万円と設定している ため注意して欲しい。

※年収200万円に満たない人は、こちらのページを参照して欲しい。

最後は、Capital(資産)となる。 クレジットカード審査においては、Capital(資産)が無いと審査上、不利になるわけではない。

別に審査の際、預貯金等の口座残高を調べられることは無い。 また、口座残高のコピーを提示する必要もないので安心して欲しい。

もし、申込書などに預貯金などの額を記載する欄があれば、 自己申告通りの額を記載しておけば問題ない。資産の中でも持家の場合は、スコアリングでの評点が高くなる。

その際、審査上有利になるが、今は居住形態が審査上影響を 及ぼすことはあまりないので、安心して欲しい。

それでも、審査に不安な人は、居住形態について詳しく解説しているこのページを参照してみて欲しい。 クレジット会社はスコアリングという点数付けによってこの 「3C」をベースに評価・判断している。

20代、30代に人気のおすすめクレジットカードはこちら

楽天カード

楽天カード

キャンペーン満載でポイント貯まる、年会費無料の人気カード。

リクルートカード

リクルートカード

圧倒的なポイント高還元率クレジットカードがここに誕生!

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

圧倒的知名度と充実機能で、ぜひ持っておきたいクレジットカード。

セゾンパール・アメリカンエキスプレス

セゾンパール・アメリカンエキスプレス

永久不滅ポイントの、クレディセゾン発行カード。

アコムマスターカード

アコムマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこのカードからスタートしては?

ライフカード

ライフカード

誕生月はポイント5倍という爆発的ボーナスポイントで人気。

MUFGカードゴールド

MUFGカード ゴールド

低年会費でゴールドカードを手にするならおススメの一枚!

JCB Extage

JCB Extage

29歳以下限定カード。20代のうちに手にしておきたいならコレ!

シティエリート

シティ エリート

22歳から手にできるゴールドカード。海外にも強い!

VIASOカード

VIASOカード

業界トップクラスの高還元率の注目の一枚。ポイント重視はこれ!

  • アコムマスターカード
  • 人気のおすすめカードはこちら
  • クレジットカード審査基準ガイド
週間アクセスランキング
第1位
アコムマスターカード

ACマスターカード

今スグ欲しい人、審査に不安な人はこの一枚からスタートしては?

第2位
三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

条件付で年会費無料、あらゆる機能が凝縮された使い勝手が良いカード。

第2位
三井住友銀行カード

VIASO(ビアソ)カード

カード発行は最短翌営業日とスピード発行!即入会してポイント還元。

クレジットカード一覧

人気カード13選

目的で選ぶクレジットカード カードの豆知識&ニュース

⇒続きはこちら

属性別クレジットカードの取得方法

⇒続きはこちら

ブラックの方がクレジットカードを持つ方法

⇒続きはこちら

個人信用情報の確認方法

⇒続きはこちら

特別企画:クレジットカード審査お悩み相談室

⇒続きはこちら

アコムACマスターカード特集

⇒続きはこちら

特別企画 クレジットカード別の審査難易度

⇒続きはこちら

特別企画ゴールドカード大特集