カードローン徹底比較(金利、限度額、審査時間、融資スピード)

当サイトでは、カードローンの基礎知識や比較するときのポイントについて徹底解説しています。

  • 今すぐお金を借りたい人
  • 自分にはどれがいいの?と迷っている人
  • 初めての人

これらの項目に当てはまる人は必見ですよ!

人気!おすすめ優良カードローン

まず初めに、人気のある優良カードローン業者のポイントについてまとめてみました。

プロミス

金利 限度額 最短
審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 30分
(即日融資)

プロミスのオススメポイント!

  • 30日間無利息期間あり
  • 女性専用ダイヤルあり
  • 主婦、学生、パート、アルバイトOK
  • WEB完結申込あり
  • 審査通過率が高い

アコム

金利 限度額 最短
審査時間
アコム 3.0%~18.0% 800万円 30分
(即日融資)

アコムのオススメポイント!

  • 30日間無利息期間あり
  • 女性専用ダイヤルあり
  • 主婦、学生、パート、アルバイトOK
  • WEB完結申込あり
  • 審査通過率が高い

モビット

金利 限度額 最短
審査時間
モビット 3.0%~18.0% 800万円 30分
(即日融資)※

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

モビットのオススメポイント!

  • 主婦、学生、パート、アルバイトでも安定した収入があればOK
  • WEB完結申込あり

みずほ銀行

金利 限度額 最短
審査時間
みずほ銀行 3.0%~14.0% 1,000万円 即日
(即日融資)

みずほ銀行のオススメポイント!

  • 専業主婦、学生、パート、アルバイトOK
  • エグゼクティブプランなら金利3.0%~7.0%
  • WEB完結申込あり

現在、上記ランキングのような金融機関のカードローンが主流となっています。

お金を借りるなら、これらの大手消費者金融や大手銀行カードローンから選ぶと安心ですよ!

スピード融資を希望するなら審査時間のチェックは必須

即日融資ができる金融機関では、審査時間は最短30分が主流です。

銀行でも最短30分で審査可能なところが増えてきていますが、銀行は営業終了時間が早いため、できれば午前中のうちに申込みを完了させておくことがポイントです。

当日中の融資を希望するカードローン申込前には、下記のことを必ずチェックしておきましょう。

  • 審査にどれぐらいかかるのか
  • 何時までに申し込みが必要なのか

また、銀行カードローンの場合、申込先の銀行口座が必要となることが多いため、即日融資希望であれば事前に銀行口座を取得しておく必要があります。

審査をスムーズに受けるための注意点

審査をスムーズに受けるためには、下記2点のことを徹底して守ってください!

  • 必要書類を漏れなく揃えること
  • 嘘偽りなく申込み欄に入力すること

書類の漏れや入力の不備があると、審査を進めることができず、時間がかかってしまいます。

また、ほとんどのカードローン会社では、勤務先の確認のために電話にて在籍確認を実施しますので、勤務先や勤続年数なども不備があると審査に間違いなく落ちてしまいます。

カードローンに申込むためには、運転免許証などの本人確認書類は必須、業者や希望限度額によっては収入証明書類が必要です。

収入証明書とは?

  • 社会保険証
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書など

事前に公式サイトをよく確認するようにしてくださいね。

とにかく今すぐお金が欲しい人は

最短30分!即日借入OKなカードローンはココ!

必見!カードローン業者を選ぶポイント

カードローン業者には大きく分けて、下記2種類あります。

同じ「カードローン」という商品を扱っていても、両者の特徴は異なるため、違いをしっかりと把握し、選ぶポイントを押さえておきましょう。

消費者金融系キャッシングの特徴

メリット

・無利息期間があるところが多い
・即日融資が可能なところが多い
・審査難易度が低め

デメリット

・最低金利が高め
・貸金業法による総量規制の対象

どんな消費者金融を選ぶべき?

消費者金融でポイントとなるのは、下記2点です!

無利息期間があるか?

消費者金融では無利息期間のあるところが多いので、敢えて無利息期間のないところを選ぶ必要はありません。

まずは無利息期間のある業者を絞った上で、そこから各社を比較することをおすすめします。

よく聞く名前かどうか?

また、消費者金融は、優れた業者も数多くありますが、中にはいわゆる悪徳業者もたくさんあります。

見分ける一番の方法としては、あまり評判の聞かない業者は避けて、テレビCMや街中でよく見かけるような安心感のある大手消費者金融を選ぶと良いでしょう。

おすすめは、プロミスアコムアイフルです。


金利が心配なら無利息期間のあるカードローンを選ぼう

カードローンは利息が制限されているとはいえ、やはり高いと思ってしまう人も多いでしょう。

そんなときには、無利息期間のあるカードローンを選びましょう。

無利息期間のあるカードローンなら、その期間中に借入・返済を終了することで、金利負担は完全ゼロになります。

「給料日までの間だけお金を借りたい!」というように、近日中に返すアテがある方には無利息期間のある商品がとくにおすすめです。

無利息期間のあるおすすめカードローン

プロミス ・初回利用者を対象に、初回利用日翌日から30日間無利息となる
・ネットからのメアド登録とWEB明細登録が条件
アコム ・初回利用者を対象に、契約日翌日から30日間無利息となる
・返済日「35日ごと」での契約が条件
アイフル ・初回利用者を対象に、契約日翌日から30日間無利息となる
・無担保キャッシングローンの利用実績が条件

無利息期間のあるカードローンを選ぶときには、適用期間や条件をよく確認しましょう。

たとえばプロミスであれば「初回利用日翌日から」適用となりますが、アコムでは「契約日翌日から」適用となります。

契約してすぐに借入するのであればどちらでも問題ありませんが、契約から借入までに期間が空く場合は、プロミスを選ぶ方がせっかくの無利息期間を無駄にせずに済みます。

無利息期間のあるカードローンのハシゴってしても良いの?

無利息期間のハシゴについては、とくに制限はないため可能です。

しかし、カードローンを利用した履歴は信用情報に残るため、当然複数の金融機関を短期間のうちに渡り歩いたという情報も信用情報機関にしっかり残ります。

渡り歩いたという履歴は、きちんと返済していたとしても消費者金融の担当者への印象は良くありません。

他社で別のローン申込みをしたり、クレジットカードを新規発行したりする際には、必ず信用情報を確認した上での審査となるため、金融事故まではいきませんが後々のことを考えるならあまり複数業者間を渡り歩かないことが重要!

できれば、大手消費者金融であるプロミスアコムアイフル内のハシゴでとどめておきましょう。

無利息希望ならこれがおすすめ

無利息カードローンを徹底比較しました!

カードローンの申込みをする前に必ず確認しておきたいこと

カードローンは、一口に「お金を借りる」と言っても、選ぶ商品によって大きく内容は異なります。

そのため、カードローンを利用する目的と申込みしたいカードローンの種類が合致しているかどうかを申込み前に再度確認しておきましょう。

下記に、代表的な目的別おすすめ消費者金融業者をまとめてみました。

目的 おすすめの業者
無利息期間を利用したい プロミスアコムアイフル
できるだけ低金利が良い みずほ銀行三井住友銀行
大口融資を希望! みずほ銀行
できるだけ審査基準が緩いところが良い プロミスアコム
即日キャッシングをしたい プロミスアコムモビットアイフル三井住友銀行

上の表から、一番どの目的にも合う消費者金融会社はプロミスとなっています。

当サイトでもプロミスは、「即日対応」、「無利息期間あり」、「安心」と非常に人気な業者となっており、申込者も多いのでぜひ一度チェックしてみてほしいですね。

初心者必見!カードローン選び4つのポイント

では、数ある金融会社から自分に合っている商品を探すためには、何を確認したらいいのでしょうか?

ここでは、カードローンのチェックすべき4つのポイントについて解説していきます。

とくに初めての方はしっかり熟読してくださいね!

①金利

1つ目のポイントは、「金利」です。

各商品の金利をチェックするときには、最低金利よりも上限金利を重視しましょう。

最低金利は大口融資を受ける場合のみとなることがほとんどだからです。

そのため、上限金利の低さで選ぶことがポイントです。

②融資限度額

2つ目のポイントは、「融資限度額」です。

いくらまで借りられるかは業者や個々のケースによって大きく異なります。

申し込む際には今後お金がさらに必要になるときのことも考えて、今借りたい額よりも多めの最高限度額設定をしている業者を選ぶようにしましょう。

③審査時間

3つ目のポイントは、「審査時間」です。

審査時間は申込みをしてから結果通知が来るまでの時間のことをいいます。

融資を急いでいるならできるだけ審査スピードが早いところを選ぶのがポイントです。

④融資スピード

4つ目のポイントは、「融資スピード」です。

融資は、現在優良カードローンと言われる業者はすべて即日対応となっています。

しかし、申込み時間によっては融資が翌営業日以降となる可能性もあるため、気になる業者があれば申込み締め切り時間を事前に確認しておきましょう。

その他商品の特徴やサービス

ここまで紹介した4つのポイントと合わせて、下記のような自分にとって有利な特徴やサービスがあるかどうかを見極めることも大切です。

  • 無利息期間の有無
  • 女性向けローンの有無
  • 主婦やパート、アルバイト対応可否など
  •  自分に合った返済方法が可能かどうか(約定返済額や最小返済額のチェック)

これらのポイントごとに商品を見ていけば、自分にぴったりのカードローンを見つけることができますよ。

カードローンの金利について詳しく把握しておこう

お金を借りるなら支払い時のこともきちんと考えておきましょう。

そのためには金利についてよく知っておくことが必要です。

限度額が高ければ高いほど金利は低くなる

カードローンの借入金利は変動金利制度を採用しているため、限度額が高いと低く、限度額が低いと高くなります。

そのため、少しでも金利を低くしたいなら、希望借入限度額はできるだけ高く申請するのがポイント。

もちろん適用限度額は審査によって決められますが、はじめから自分で低い限度額を希望して高い金利をかけられるよりも、出来るだけ高めに希望金額を出しておいた方が良いです。

ただし、審査に不安がある方は、少な目の限度額で申請をした方が通りやすいとも言われています。

実際に適用される金利はいくらになる?

適用される金利は、利息制限法によって上限が下記の表のように決められているため、すべてのカードローンの設定金利は以下未満となっています。

借入金額 金利上限
10万円未満 年20%まで
100万円未満 年18%まで
100万円以上 年15%まで

たとえば借入額として50万円借りるのであれば、いくら金利が高くなっても年18%までとなります。

もし100万円に近い金額で考えているのなら、100万円を超える限度額で申込みをした方が利息は下がります。

ただし、消費者金融に関しては総量規制という契約者の年収の3分の1までしか借りられないという法律があるため、その借入限度額以上の借り入れはできませんので注意が必要です。

また、例え年収的に問題がないとしても、借入枠は自身の返済能力を考慮した返済計画(返済総額、最小返済額、返済期間など)を立ててから申し込むようにしましょう。

 



目的で探すキャッシング

目的で探すキャッシング